どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

勘弁してください

年の瀬ですね。
生きてますよ。

さて、ここ一週間のわたくし。

22日 引越し前日。
    翌23日に(実家での)インターネット光回線を一旦解除されるので、
    荷造りしながら、夜中「22日ギリギリ」まで仕事。

23日 引越し日。
    朝から有志により荷物が運びだされる中、不動産に鍵貰いに行き、
    電気屋やリサイクルセンターをハシゴして、電化製品と家財の調達。
    NTTの解約立会いで実家と新居をやたら往復。
    荷卸ろしが済み、有志が帰った後、残ってくれた彼氏さんと延々、荷解き。
    無駄口厳禁、「口より手を動かせ」とばかりに30箱の段ボールを怒涛の勢いで一気に開封。

    「やっぱ、りちってスゲーって思った…」 (彼氏さん談)

    仕事の要である(新居の)ネットのADSLモデム接続に錯乱。
    (実家の)光解約工事にきたNTTの下請けのおっさんにタダで貰った、
    「5mのLANの線」がなんか怪しいと突き止めたところまでで体力的にもうダウン。

24日 いんたーねっつとの戦い、再開。
    「5mのLANの線」は「ジャックとモデムを繋ぐ線」だったことが発覚。
    LANの線をホームセンターで購入して接続完了。
    しかも、それまでに度々、粗相を犯していたNTTのボンクラ担当(注*)のせいで
    
    *ボンクラの指示ミスで、発送元から指定日通りにADSLモデムキットが届かなかった。
    *セキュリティツールの更新契約をボンクラが見落とし、完全に忘却していやがった。

    数日遅れになるセキュリティツール導入のまでの間、
    別のセキュリティツールでも入れておいてください、とかしゃあしゃあと言われたので
    ○カフィーのトライアル版の(無料)ツールをダウンロードしてインストールしようとしたら、
    何故か、ハード内で生きていたNTTのツールが、
    一旦NTTとの契約切ったにも関わらず、従来通り起動しているということが発覚。
    お役御免のそいつが今だに普通にうちのパソコンをパトロールしているため、
    新参マカ○ィーが、
 
    「なんか、なんか、前の住人が出て行ってくれません><」

    みたいな、消費者センターの相談窓口みたいなことになって、
    とりあえず、なぜか居座っている古参NTTセキュリティツールをそのまま使用。
    細々な買出しを彼氏さんと分担しながら、丸一日半止まっていた仕事をザッと処理する。
    彼氏さんはその間、ガスの元栓を止める器具を買いに大阪ガスの販売センターに走って
    ガスコンロの取り付け作業を担ってくれていた。

25日 年末の運送遅滞に巻き込まれていた、我が家のカーテンがようやく届く。
    ついでに、娘とチビにもサンタさんからのプレゼントが届く。
    そういえば、彼氏さんに何もクリスマスプレゼントをあげなかったことを思い出しながら
    溜まっていた仕事の残務処理と、通常の取引開始。
    夜、彼氏さん、仕事のため一旦帰る。
    帰り際に、「帰らんといてー」とすがりついて甘える娘とチビが何回もしつこくちゅうするので
    最初はにこやかに見ていたものの、嬉しそうな彼氏さんの様子にだんだん軽くじぇらってくる。
    見送りに降りるエレベーターの中で娘とチビに聞こえないように輩を飛ばす。

    私「子どもらとばっかりいっぱいちゅうした」
    彼「ちょwww娘でしょ、うちの子らwwww」

26日 給水設備の交換のため、昼から3時間断水になることを聞いていたので
    引越しなどで溜まっていた洗濯物を片付けようと朝から思いきり洗濯。
    前日、ふざけていて床で頭を打ったチビが朦朧としてぐったり寝ているので
    心配になって呼びかけて起こすも、生返事ばかりで周りにも関心がないので
    慌てて、急患受け入れのできる脳神経外科のある総合病院を探し、
    回っている洗濯機と仕事を放ったままタクシーで午前の受付ギリギリに飛び込む。
    待ち時間込みで受診に5時間かかり、ついて来た娘も含めて3人でやつれて果てる。
    結果、異常なし。
    頭をぶつけたショックが精神的に響いているのかもしれないので様子を見て、とのこと。
    しかも、外科の急変の飛び込みなのに
    「かかりつけ医の紹介状が無いから」という理由で特別療養費とかいうものを請求され、
    「その制度は絶対におかしい」と噛み付くが、やんわりと却下されて結局払わされる。

    「心配してついて行ったけど、ただ疲れた。家でテレビ見てたら良かった」 (娘・談)

    昼間何もできなかったので、仕事と家事は夜中に持ち越し。

27日 あーちゃん登場。
    子どもらにクリスマスプレゼントを買ってやる、と二人まとめて連れ出してくれた。
    ようやく落ち着いて仕事と引越しの片付けができる、と思うや否や、
    「娘が車酔いして吐いた」と、20分で帰宅。
    マンション4階から車を停めている道路脇まで、吐物処理・清掃のため何回も往復。
    逆に全く仕事ができない事態に。

    「さすがにゲロ処理はできんな」 (あーちゃん・談)

    案の定、仕事と雑務は夜中に持ち越し。
    会社の棚卸しに伴う膨大な数の商品の出品整理・取り消し・金額訂正再出品作業が
    約一ヶ月に渡る時を経て、ようやく全部終わって、ホッと一息。

28日 昼間、仕事の合間に、ようやく届いた「NTTセキュリティツール」を再インストール。
    何故かしつこく頑張っていた前のツールとおさらば。
    夕方遅く、ニッ○ンで注文していた組み立て式のタワーチェストと扉付きラックが届くも、
    取り扱い・及び組み立て説明書が不足していたので、お客様センターに電話する。
    
    「年末年始休みに仕上げたいから、わざわざ追加料金払って配達指定にしたんですけど」
    「申し訳ございません。今すぐ取説をFAXします」

    取説で中身の確認をしたら、どちらも本体が無く、引き出しの部品しか入っていなかった。
    しかも、お届け明細が(商品)二点のうち一点分しか添付されていない。
    非常に嫌な予感がして黒猫ヤマトに電話するも出ない。
    再度、○ッセンに電話。

    「これ、どっちも引き出しの棚しかないけど、どないして服やら片付けますのん。丸見えですやんか」
    「すみません!お調べしましたところ、4個口の内、2個しか届いてないかもしれません」
    「あーやっぱり。ヤマト電話したけど出ませんねん。てか私、この件ばかりに付き合ってられへんのですよ。
    もうよろしいわ。追加の指定料金だけ返してください」
    「申し訳ありません!!ヤマトのほうには私共から手配致します!今日中にお届けします!」

    さっき来たヤマトのおっさんが配達漏れの荷物をいつ届けに来るかわからないので
    お風呂にも入れず、チャイム待ちで延々待機。
    商品が揃って組み立て始めるも、常時三方支えが必要なので、
    引き出しが一個完成した時点で飽きてしまった子どもらは、手伝いを放棄。
    やたら重いパーツの板でスネを強打し、組み立ては30日夜の「彼氏さん復帰」を待つことに。
    雨で洗濯できなかったので、洗濯用に残しておいた前日の風呂水がそのままだったが
    もう、栓を抜く動きすらダルくて、排水を放置して寝る。

29日 本日。仕事〆日。相手先も休業体勢に入ったか、ようやく日々の取引の数も落ち着いてきた。
    寝坊した朝8時半頃、「ママー。洗面所の水が出ない」という娘の声に起こされる。
    家中の水が出ないことが発覚。
    オーナーの連絡先に電話するか、水道局に言うか悩んだが
    天才の私は数日前の給水設備入れ替え工事のことを思い出し、工事の施工会社に電話。
    慌てて飛んできた施工会社のおっさん。

    「多分これ、このマンション全体が水止まってると思うんですが、(りっさん)とこしか連絡頂けなくて…」
    「それは、誰かが言うまで待ってるという遠巻きな静観とか、誰かが言うたら自分も言うという便乗輩、
    と、いった京都人独特のいやらしいところですね」

    苦笑いのおっさん、なんかマンションの下とか上とか行ったり来たりして復旧作業に勤しむ。
    その間、私は、前日のぐうたらが功を成して溜まったままの風呂水を
    子どもらがトイレに行くたびにせっせと運ぶ作業に勤しむ。
    約2時間後、水道復旧。
    うちの水道代にも関わらず
    「しばらく、目一杯水道を開いておいてください」とか平気で言うて試験したおっさん、にこやかに帰る。
   
    ↑ 今、ここ。


転居早々いろいろありますねー。
つーか、もう勘弁してください。

明日からは仕事休み&彼氏さん帰ってくるので、ちょっとほんまにゆっくりしたい。。。


年が明けて心身ともに復活したら、方々、「飲み」の日程でも相談しよか。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/29(土) 11:43:40|
  2. どんつき(の、どんつき)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日だけは、「やったね♪」

引越し前だというのにも関わらず、
社長からオークション出品商品データ120点、しかも早急に、という指令を賜りました。

本当は今週頭に出社してデータを受け取る予定だったのが
チビが風邪でめずらしく熱を出して、
今週ずっと保育園を休んでいたので会社に行けなかった。

で、チビも回復してきたので「来週頭ぐらいに受け取りに行きます」と社長に言ったら

「それでは遅い」

ということだったらしく、
社長は奥様をパシリに使って、昨日、データを確実に私の手元に渡されました。

引越しが決まったのは実はごく最近で、
こんなことになると思ってなかったので、
私は先月出社した時に社長とこういう約束を交わした。

社長「こないだバラした車のパーツが200点ぐらいあるんやけど」
私「マジっすか?」
社長「りっちゃん、(出品)いける?」
私「ガンガンいけますよ。年内に全部上げます」

そしてその日は80点のデータを預かって帰って、二日で全部上げた。


この間に引越し話、急浮上。チビが熱出すオプション付き。


社長は約束通り、残りの120点のデータを渡された。


「年内に上げるって、おまえ、言うたよな」

という社長の声が今確実に聞こえる。
愛されてるよなー、私って。爆


まあ、私は超天才なので、昨日午後から早速80点以上出品しましたが。
しかも、NTTとプロバイダに世帯の一部転居の連絡をして、
次の新居での新規契約と接続等に関するやりとりをしながらも。

まあ社長はこの報告をしても
「あっそう~(ただし、声は弾んでいる)」
としか言ってくれないのはわかっているので、奥様にメールしたら誉めてくれた。

やったー。



さて、今日は以前ちらっと話したPTAフェスティバルの日でした。

あの壁新聞、なんと、優秀賞をいただいておりました。

展示ブースを端から見ていったら、
なんかめっちゃ派手な装飾してる学校とかもわりとあったので
「あー、うちは地味やったかもなー」
とか思いながら、改めて、自分とこの新聞を見た。

「うん、やっぱ地味やな」と思いながら、
ふと見たら、「優秀賞」とか書いてるバラのリボンついてる!!!

いやー、ちょっとテンション上がりましたね。

そして、その後、同じ新聞部で一緒に壁新聞を作った仲間のDさんに会場で会った。

離れた場所からダッシュで駆け寄る私達。


Dさん「り、りちさん~~~!!!新聞見た???」
私「見た見た見た!!!なんかリボンついてたあqwせdrftgy」
Dさん「そうそう!優秀賞がqwせdfryふじこlp;」

マジで、電車男みたいになりましたね。


開催当初より苦節10年、初入賞らしいです。


他の学校の知らん人らが携帯やデジカメでうちの新聞を撮ってるのを
後ろのほうから見ながら、なんか照れた。

自分らの作品が、自分らの手を離れて遠いとこに行ったような気がした。
シナリオ書いてた時の感じを思い出しました。



もう年内は更新できんやろと思ってたけど、これだけ書きたかった。

一緒にやってきた仲間はもちろん、色々助けてくれた副会長のMさん、
取材に協力してくれた皆様、各活動の膨大な写真をプリントしてくれた先生方、
そして、私のツレだという因縁で借り出されて手伝ってくれたmina、
一緒にボツ作品を作り重ねては意気消沈した彼氏さん、
そして、応援してくれてたみんな、ありがとう。

いや、「ありがとう」っていうか、「(みんなで)やったね♪」



だが、こんな浮かれ気分も束の間、明日、元旦那が来ます。
恐らく、私に「実家を出るな」とか説教しに来るのだろう。

なんか色々「相対的に見て」とかの説教なら聞き応えもあるが、
彼の場合は頭から、そして全面的に私を見下すところから入ってくるので、
今いち素直に話が聞けない。


でも、誰が何と言おうと、もう決定だ。 OVER
  1. 2007/12/08(土) 23:24:26|
  2. 学校・PTA・役員ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メールの凶器

メールくれてるツレら、返信できてません、てか、できません。
ほんますまん。

でも全部ちゃんと読んでます。

そして、
あいつにはこう返そう、こいつにはこれを言うときたい、というのも組み立てているが
もうなんか色々間に合わないんですよ。

だからそのうち片っ端から「電話」します。


ちなみに、うちの社長はメールが出来ない人だ。
そして、発送担当の要となるチーフもメールが出来ない人だ。
しかも二人とも、着信履歴を見てかけ直すとかも、ほぼ、しない。

いや、発送のチーフはわりとマメに着歴をチェックしてコールバックしてくれるが、
社長に至っては、事務所に携帯を置いたままにして工場に出たり外に出たりするので、
もはや、ほとんどの場合において、携帯を携帯していない。
それは、私が初めて会社に出社した時に私の中で認識した。

「社長、そら携帯繋がらんはずやわ…。今、私の隣のデスクで鳴ってますやん…」


よって、うちの会社は、
携帯電話の使い方でいうと「平成ひと桁代」の使用方法をとっている。


「直接、携帯にかけて、相手が出たら話す。出なかったら、またかけ直す」


携帯メールも、携帯留守電も「無きもの」なわけです。


最初はめんどくさかった。
ちょっとした連絡なら携帯メールで流しときたい、と思った。

だが、それは「伝えた」側から「伝えられた」側へ、威圧抑圧が生じることもある。

「送受信メール」という証拠が残るので
「自分は伝えた」側が、一方的に有利になるという凶器にもなるわけです。

メールは本来
「自分の都合のいい時に送ったり読んだりできる便利なコミュニケーションツール」
なはずなのに、
なんか、その便利が便利に生かされておらず、
メールにあやつられている人間もいっぱいいると思う。


例えば、直接話したらそこまで言わんくせに、
メールやったら、やたらきつい口調で言うてくるやつとかいませんか?

もう、典型的なネット・メール弁慶なわけです。

そして、それは、
「相手の顔を見ない・見えていない状態でのコミュニケーションツール」
になっとるわけですよ。


今の仕事に就いてから、私は
「webで正しく美しい言葉を使おう推進委員会委員長」に勝手に就任しました。

国語は得意でした。
国語表現も得意です。
敬語と謙譲語の違いも把握してます。


ちなみに、ミクシィでも書いたけど
「了解しました」が正しい敬語やと思ってるやつはもう完全にアウトですよ。
いや、ツレには使うけどね、私も。

社会的に正しくは「承知致しました」または、「承りました」ですね。


まあ、私文でメールを交わすのに、仕事の客相手みたいに
「敬語」とか「謙譲語」とか「美しい日本語」とかは意識しませんけど、
「メールやからこそ、今、明らかに作為的に凶器な表現を使ってるな、この人」
というのは逆に、
お互いを直接知っている相手からの文面ほど、そう感じます。


そして、同時に「ああ、この人も機械に操られる人なんや」とがっかりします。
「想定外の事件へのうろたえが怒りになって、対象の私を全開で攻撃してるな」とか。

「直接話せば、ここまでテンパる人じゃないのになー。浅いなー。メールって怖いよな」
と、がっかりしながら、もうその先は、
その人の「怒り・動揺」にどう穏便に対処・対応していくか、っていう、
残念ながら、なんかもう「仕事」感覚になってしまう。
「言葉・文章」で仕事をしてきただけに、なおさら「仕事」になる。


でも、元をただせば「携帯電話」も
「自分の都合のいい時にかけたり受けたりできる便利なコミュニケーションツール」
やったわけですからね。

掘り下げれば、電話でも同じことが言えるのかもしれませんね。
「相手の顔が見えない分、自分本位になろうと思えばなれる(自分を欠ける)」っていう。

でも相手の声のトーンや間で空気が読める分、
普通の感覚をもった人間なら、相手を必要以上に傷つけたくないと躊躇するでしょうけど。



私はある意味、
「必要な時にだけ便利道具を使う」という初志貫徹を貫いている社長やチーフを尊敬する。
あの人ら、なんか凄いわ。

「携帯、出ません、出れません。メール、読みません、読めません。」
言うても、万丈に仕事してはるからね。

そして、社内でタイムリーに連絡報告を取り合えないからといって納品が遅いわけでもない。
業界屈指の迅速な対応力・応用力を以ってして、お客様からも定評をいただいているわけです。



私も正直、メールがうっとしい時があります。
一日が24時間でない生活が続いている時、などに。

私が思う「メールの使い方」と、
相手が捉える「メールへの入れ込み方」の違いにまいる時がある。


メールを打つのは「人間」です。
メールに操られて、自分の指針や人間性を落とさないようにしたいものです。
  1. 2007/12/07(金) 01:56:02|
  2. 思うこと(「生きる」)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よいお年を

だいぶ先走り感でいっぱいですけど、
実は年内に母子で実家を出ることにしたんですよ。

だから、ちょっともう年内は書けへんかもしれなくて
(わからんけど。新居でネット接続完了したら試しに書くかも)
今のうちに言うとこうと。

あ、近くですけどね。京都のあっちからこっちに行くだけです。

オトンと離れて暮らすことになるので、日々のネタ集めが出来ず
どんつきの大人気(???)オトンネタが減ると思いますが
その分、来年からは
しばらくずっと書いてなかった思い出のネタなんかも書いていこうかと。
あと、本家サイトの「風まかせ」もなんか頑張ろうと。


おもろいこといっぱいあったんですけどねー先月末あたり連日ずっと。

鹿児島のツレが箱一杯に芋持って泊まりにきたり、
長野のツレが箱一杯にりんご持って泊まりにきたり。

ありがとう、ありがとう。
でもひとつだけ言えることは「おまえら加減せえよ!爆」
まだあるっちゅうねん!
みんなもっと貰いに来いって!
そして鹿児島と長野を感じろ。

まあそんな感じで引越し準備を進めております。
私からの来年の年賀状は諦めてください。多分ね、無理w

それでは皆様、ちょっと早いですがよいお年を。
おそらく色々風向きが変わりそうな来年からもよろしゅう。
  1. 2007/12/06(木) 22:19:45|
  2. オトンネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。