どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

だいぶご無沙汰ですな

先週末は、
最近家族内ブームのケーキ屋さんで、彼氏さんがケーキを買ってくれて、四人で家で食べました。

そのお店は、二週間前、チビの誕生日の時に、
子どもらと私が彼氏さんに連れてもらって、ケーキをイートインしたお店で、そしたら
なんとそこが、チビの保育園の友達のお父さんのお店やったというびっくりハプニングもあって。

さらにさらにもっとその前に、実は、
クリスマスに彼氏さんが私に買ってきてくれた、あの、写真をアップした
甘すぎないハートのイチゴムースのケーキもそのお店のケーキやったらしく。

あまりにも家から近すぎるので逆に写真とか地図とか載せませんけど
行ってみたかったら個人的に私に聞いて、それは教えますから。


彼氏さんは「俺が発掘した店」って堂々と、私らを連れてくれました。
彼は、アウェイの京都で、着々と自分のホームを広げてるんだと思いました。
それはきっと、私らをほっこり笑顔にさせてやろうっていう想いなんやろな。
なんか力強いし、逞しいし、優しい人。



あの、若いイケメンオーナーパティシエと、彼氏さんがいつか、
同年代同士でめっちゃツレになったらおもしろいなと思った。


彼氏さんにとっては、私経由での出会いでは、「若造な印象」がどうしてもつきまとうから
敬語で付き合わなくていい、気の合う同年代友達もいっぱい作ってほしいな。


いかんせん私らは年の差があるので、
彼氏さんは私の周囲からはずっと生涯若造扱いをされ続けるやろうけど
実際はとても男らしい、私にとって初めて甘えられる、頼れる人なので
きっと基本は、地元や友達や同年代の中では「お兄ちゃんキャラ」な人やと思うから、
若造先入観のない友達が、京都でもいっぱいできたらいいなと思いました。
きっと実際彼が京都に住んだら、それは絶対できると思うけど。

彼氏さんは元々、「著しく大人で、お兄ちゃん」の器なんだと思う。
でなかったら、今、こんな私と付き合って、子どもらとも蜜に関わって、色んなことを全て汲み取って
それでもポジティブに笑って私らを引っ張って支えていけてないと思う。

普通はきっとノイローゼになると思う。

彼氏さんはほんまに強い男の人やと思う。
私はヘタレでヨワムシやから、強い彼氏さんにどんどん弱いとこを見せていこうと思う。

でも、いつか、もしも彼氏さんが本気で弱った時は、
私がびくともしない女になって、ちゃんと彼を支えられるようになりたい。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/26(火) 02:05:52|
  2. 恋だの愛だの何だの、ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。