どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旅立ち

さて。

春はお別れの季節です、と、かつて言ったのは秋元康さん(おニャン子クラブ)ですが、
この度、私のツレが2名、新たな旅路に向けて出立しました。
いや、二人とも、私が「ツレ」と言わせてもらってええんかどうか、っていう人なんですけど。


まずは一人目。


「我らが朱美姐さん」が3月17日にデビューアルバムをリリースしました!


朱美姐さんとの出会いは、以前私が仲間と創作コラボサイトをやっていた時に
偶然知った彼女のHPにアップされていた音源を聴いて、もう「バッコーン」と来てしまい、
恐れ多くも私は彼女に「私らのやってるサイトに音源を提供していただけませんか」といきなりメールし
最初はもうかなり戸惑っておられたが(そらそうやろ)快く承諾していただいたことが始まりで
それから、クリエイティブの枠を超えて個人的な仲に発展して、色んな話をするようになった。

私にとって姐さんは、ツレなんやけど、「ツレ」って呼ばせてもらうのはおこがましいっていうか、
なんかちょっと特別な存在なんですよね。
例えば、めちゃくちゃ憧れてる芸術家さんとなんか仲良くなってちょっとタメ口きけるようになっても
彼ら・彼女らはやっぱずっと、どこかなんか「遠い人」じゃないですか。
わかりやすく言うと、「雲の上の人」みたいなね。



姐さんの歌のどこが好きかを三行で答えるなら、

真っ直ぐでストレートなところ
優しさ=強さ
寒い中走って帰ってきたら部屋に暖房入ってた、みたいな温もり感

です。


私は性格が屈折してるんで、例えば、誰かが何か悩んでいる時、


泣きたい時は泣けばいいよ
涙 枯れたら笑顔が待ってる
一人がつらい時は 私がいる
だから信じて 自分の力を

(アンナ朱美「笑顔が待ってる」より抜粋)


とか、そんなんよう言えない。
内心そう思ってても、そんな「そのまんま」を、よう言えない。

それをさらっと伝える(歌う)、アンナ朱美というミュージシャンの歌に触れると
逆に、私自身も癒されていくというか、自分の心の洗濯が出来るというか、
なんか、ちょっと常に武装してる自分がアホみたいにも思えてくるんですよね。



当時、東京に住んでいた私が、念願の「アンナ朱美さんのライブ」に行った時、
初めてその生歌を聴いて、私は人目をはばからずに号泣した。
「いつか絶対CDを出してください!」と私が言ったら、朱美姐さんは
「ね~。そうなるといいけどね~」と、柔らかく笑っていた。


あれから4年が過ぎて、それがマジで「形」になって。


CDを再生する時、ちょっと手が震えたのはここだけの秘密ですが、
4年前にライブで聴いた時よりさらに、てか、これを言うのはホンマ、

「おまえ何様?」 な話なんですが、

なんか、歌い方がさらに進化してはった。

前よりさらに洗練されてるんやけど前よりさらに丸くなってて、「また一皮剥けはった?」みたいな。



検索ヒント 「アンナ朱美 虹のプラネタリウム」



姐さんの旅立ちを私は応援します。
姐さんがもっともっと遠い人になっていくのはちょっと寂しいけど
姐さんはそもそも私にとって「遠い人」なので、
逆に、もっともっと随分と遠い人になっていってほしいと、
「ツレ」でなく「そもそも、アンナ朱美ファン」としては、そう思う。



さて。


そんなアンナ朱美さんのファーストアルバムを私は3枚購入しました。

1枚は自分用。

あとの2枚は、
「あなたに対して私はこう思ってるけど、残念ながらこんなにストレートに私はよう言えへんから、アンナ朱美さんの歌をあなたの生きる力としてくれ!」
と、思うツレ(というにはまたおこがましい人たちだが)に贈りたくて。


その1人目の「ツレ」とは、職場の社員さん・Yさんなんですが。


Yさんは、若干2年目の社員さん(齢・25才)にも関わらず、
仕事も気遣いも出来るしっかり者で、人に優しく自分に厳しく、
上からも下からも頼られるタチで、しかも笑いにもついて来れる明るい性格で、
さらに、顔も可愛いし、背は低めやけど細身でスタイルもいい、という完璧な人なんですが、
私は、そんな彼女が愚痴や泣き言を店で一切、少しも誰にも言わないことを逆に心配していた。

まあ、社会人としてそれを徹底するのは当たり前っちゃ当たり前なんですが、
昨年末頃、Yさんとバックルームでたまたま二人になった時、
「りちさんは自分がほんまに落ち込んだ時どうやって乗り越えてはるんですか…?」と質問されて、私は

「(好きな)踊る大捜査線のビデオをめっちゃ観て自分を上げていきますねw」

と答えたものの、
逆に今そんなYさんが、たかがパートのオバハンの私にそんなん聞くぐらいまで、
なんか、自分の中で切羽詰まってはるんかな?大丈夫かな?と、私は思ったが、
いかんせん、私はそういう時なんかこう~~~うまく言えないので、
「そや、(3月に発売される)アンナ朱美さんのCDをYさんにプレゼントしよう」と、私は思った。



そして。


この度、朱美姐さんがCDリリースしはったのと同時に、


Yさんが他店に異動になることが、突然決まった。


つづく
スポンサーサイト
  1. 2010/03/20(土) 01:50:58|
  2. ツレネタ

あなたにとっての「ガッキー」とは?・2

さて、 この 続き。

文書作成をなんとか終え、携帯のマナーモードをもう解除していたので、
おっさんからのその午後2時過ぎの「二度目の着信」はタイムリーにキャッチできたものの
私はその時、台所で水仕事をしていたので電話に出ることができなかった。
よって、すぐに折り返し電話をかけ直したら、おっさんが
「昼過ぎにメール送ったんやけど送れてなかったから今もう一回送り直したわ」
と言うので、私がのん気に
「あーそうですか~。っていうかまだパソコンメール開いてないねん~」
と言ったら、おっさんは私以上にのん気に
「今から仕事一件終わらせて直接行くから3時には原稿持って事務所を出らんといけんのや~」
とか、トンでもないことを言い出した。

私「ええっ???3時に原稿持って出るってもう2時過ぎてますやんかっ!ちゅうか、なんでもっと早よ言うて来おへんねんっ!なんで今日言うて今日やねんっ!www」
おっさん「アハハ」
私「アハハとちゃうわーーーっっっ!!!www」
おっさん「wwwやけん、とりあえず見てーや」
私「わかりました、すぐ見ます」

っていうか、そう、なんで「今日」原稿がいるん?入学式の時の就任挨拶の原稿とちゃうん???
就任前から次期PTA会長が子どもらの前で話する機会なんかあったっけ~?
ってか、そもそも土曜日の夕方から学校行事なんかやる?
PTA主催の、なんか地域の子ども向けのイベントやろか…?

と、頭の中がハテナマークでいっぱいになりながら、私は急いでパソコンを開き
おっさんからのメール受信を確認した。
自分が今から何の原稿を推敲するのかもさっぱりわからないまま読みだした私が
まず始めに「?」と思ったのは、おっさんの最初の自己紹介の肩書きが「PTA会長」ではなく、
…ここでは詳しく書けないが、「もっともっとデカイ組織の支部の長」であることだった。


なんじゃこりゃ?


というのが、それを見た私の率直な感想だった。

おっさんが地元でこの仕事を手伝っているというのは前に聞いたことがある。
まさか、こんな「上の人」やとは思わんかったけど…。
てか、こんな肩書きを活字で見ると、ちょっと遠い人みたいに思ってまうしなんか寂しいな~。
って、いや、まあそれはちょっと置いといて、っていうか、
なんで「こんな(肩書きの)人」が子どもらの前で話をすることがあんねん???

…あ、そうか。そういうことか。なるほどな。(言うたら悪いが)田舎はなんかこうなんかもしれん。
こうして地元のおっさんらがまさに一丸となって子どもらを育み見守ってはるんかもしれん。
こういうところは都会の町中でもちょっと見習らわんとあかんとこかもしれんな。
ぶっちゃけ、都会では親や先生や学校に地域のおっさんらが遠慮してよう入れへん、ってとこあるからなー。

とか思いつつ、その内容を読み進めていくと、
マウスで文章をスクロールしていた私の右手が、まさに文字通り「固まって」しまった。


「建設業界はインフラ整備産業からメンテナンス産業への移行期」
「削減される公共工事に変わる次の受け皿がない」
「最下層の人々が安定的な収入を得る道を模索する、提案する」
「日本の新しいビジネスモデルの構築」


えーっと……。


てか、なんの話?


このボキャブラリーの多さからしてこれは確実に小学生の子ども向けの話ではないことはわかる。
何故ならば、ざっと見ただけでも漢字と熟語がとてつもなく多い文章だからだ。
小学生向けの話は噛み砕いた表現になるので、文章化すると必然的に平仮名表記が多くなるのだ。
ということは、これは中学生ないし高校生の子どもたちの前で展開する話だと思われるが
今のガキらって、子どものうちからこんな話がもう理解できるのか???

バブル期にクルクルパーな高校生活を送ってきた私はなんかもう愕然としたが
逆に、「そんなレベルの愕然ではない愕然」が、その段落の締めの一文として私に襲いかかってきた。


「この点について谷垣総裁はどのようにお考えですか?」



谷垣総裁……?

谷垣総裁って、あの「自民党総裁」の谷垣さんのことやんな?

っていうか、「ガッキー(子どもら)の前で話する」って話は何処へ?



ガッキー…。


ガッキー…。


ガッキー…。


谷ガッキー……?



しばいたろかおっさん!!!wwww



座ってるのに腰が抜けそうになった私は、すぐさまおっさんに電話した。


私「ちょwwwガッキーって谷垣さんのことやったん?」
お「ガッキー言うたら(谷)ガッキーやろ~」
私「ガッキー言うたらガキ(子ども)やろwwwwww」



私の勘違いが引き起こした自業自得と言われればそれまでだが、
ただ、ひとつだけ弁明させていただくと、
「来年子どもの学校のPTA会長やる(やらされる?w)ことになったけん、りち、原稿添削してなww」
とかの依頼を半分本気、半分ネタでずっと前から聞いていた私としてはそら、

「ガッキー」って聞いたら、「ガキ(子ども)」 って普通に思うって。



ともあれ、

一旦受けた書き物関係のことには、例え対象が誰であろうと「それはできませんわ」と逃げたくなかったのと
「3時までに原稿を持って出なければいけないツレを自分の今出来る限り全開で助けたかった」のと、
そして何より、ざっと見ただけでも
「ガッキーはおっさんのツレかww」とか、
「ガッキー及び政治家の先生方に対して上からご教授するかww」とか、
そんなおっさん天然、或いは、おっさんの性分丸出しの言い回しがちょいちょいあったので、
私設秘書wwとしては、ここは丁重な表現に書き変えとかんとあかんと思って、

私はそれを受けることにした。


私「もうマジで時間ないので、緊急・重点でどこを添削したらいいですか?」
お「(具体的な意見の)内容部分は書いたからええんやけど、接続詞と、あと、尊敬語謙譲語の部分やな」
私「ええ、確実になんか上から言うてるとこありますからねwwwあと、確認したいねんけどこれは書面としても出すの?それとも、その場で読む用の原稿?」
お「俺が読む用の原稿や」
私「何故なら、出す原稿と読む原稿は書式が違うからさ」
お「読む用やで」
私「わかりました」


そんなドタバタ劇の中、私は、
おっさんがこの「谷垣総裁への意見書」を作る、最初の最初の段階から話を煮詰めて
私は「物書き」として、もっともっと、
「おっさんの想いを相手(谷垣氏)に強烈に響かせるようなモノ(文章)を作りたかった」と、かなり思った。


ただ、おっさんを弁護するわけではないが、
おっさんもちょっと前から「ガッキーを囲む会に出席してくれなww」という話はあったものの
「なんか堅苦しい会やったら俺は行かんでww」と言ったら、
「いや、そんなんちゃうからww」と言われていたのに、
当日の朝になって代議士秘書だか何だかの人に
「ガッキーに向けて発表をしてくれ」とか言われたそうで。




そんなこんなを踏まえて、私がひとつだけ思ったことは

「なまごえ☆プロジェクト」って、例えば、
「所さんのダーツの旅」とか、「田舎で暮らそう」みたいなものとは違って、
やっぱ「次の選挙で挽回するに向けての支援者固め」の一環なんかなー?って思った。



[あなたにとっての「ガッキー」とは?・2]の続きを読む
  1. 2010/03/10(水) 01:26:20|
  2. ツレネタ

あなたにとっての「ガッキー」とは?

さて。

卒業・入学シーズンですね。
それらに該当するお子様をお持ちの皆様、いかがお過ごしでしょうか。
りっさんは下の娘のももがまさにその該当者なのですが、
今月いっぱいの週末の全てを、夕方~夜、会議と集会に埋め尽くされました。
保育園保護者会役員会、保育園保護者会総会、学童保育説明会、学童保育保護者会総会、等等…。

ひとつだけ言いたいことは

「平日昼間に仕事休んで出てこい(小学校PTA)」も、やりくりが多少きつかったが、
「仕事終わりのお迎え直帰で晩ご飯も風呂も未終了のまま、夜まで会議(保育園保護者会)」も、きつい。


でも最近、思うし、感じるんですよね。
これもいつかは、「なんかそんなこともあったな~」って話になるんやろな、って。

離婚が決まって京都の実家に帰って来た時、早生まれのももはまだ一歳半で、オムツをしてました。
それから、受け入れてくれる保育園を探しながら、受け入れてくれる職先を探して、
その中で恩師から「忙しいと思うけどPTA本部をやれ」とか言われて地元の仕事もするようになり、
持病が突然劇症化してやつれ果てたが、ステロイド飲んでなんとか生き伸び、
京都に帰ってきた一年後には実家を離れて母子で暮らすことを決断し、
生活のため二足三足のわらじを捨てて、もう今の仕事でやっていくことを決断し、
昨年は緊急入院したけど周りに助けてもらって、子どもらを施設に入れずに済んで、と、
そうして日々必死で生きてるうちに、
あの小さかったももが、この春なんと保育園を卒園して、新一年生になります。

感無量、というにはまだまだ全然早いし、子育ての先はまだまだずっと長いのだが、
ももの卒園式で、「なんかそんなこともあったな~」って、私は多分泣くんだろうな。



さて、本題。



このネタを書くにあたってまず始めに私が声を大にして言いたいことは、

「ちょ、そんなん聞いてないwww」

ということです。


いや、思い起こしてみれば、確かにそんな話をちょっと聞いたような気もする。
ただ、「それ」はいわば、「あなたの人生に起こっていること」であって、
あなたと私がなんぼツレやからと言うて、
あなたの「それ」に私が関与することはないだろうと思っていた。
早い話、「私はあなたに嵌められた」と言ってもこれは過言ではない、むしろそう言いたい。



ことの始まりは、とある土曜日の朝でした。


私は、迫り来る保護会総会に向けての大詰めの文書を作成していました。
期日が押していることもあり、もう一気に集中してやりたかったので、
携帯電話もマナーモードにして、完全に外界をシャットアウトしてその作業をしていました。
何か集中してる時に携帯の着信やメールが入っても、それは普通に無視するんですが、
「その音が鳴る(聴こえる)のもいやだ」という極限状態だったので、いっそオフっていたわけです。

少し「ゴール」が見えて、気持ちに若干の余裕ができた時、
マナーモードにしていた携帯の着信ランプが点滅しているのが目に入りました。

履歴を見ると、ツレであり兄者でもあるアラフォー(笑)のおっさんからの着信でした。
通常なら、着信履歴を確認したらすぐにコールバックをするべきなんでしょうが
「急用やからすぐ電話くれ」的な留守電も入ってなかったので、
私は、文書作成を続行する傍ら、

「すみません。ちょいとマナーモード中なんで、メールやったらOKですが」

と、おっさんにメールを送りました。

メールでのやりとりなら、私が何かに集中しているタイムラグがあっても出来るし、
もしそれがおっさんにとって本当に緊急の用事なら、
「いや、メールじゃあかんねん!」と、再度電話がかかってくるだろうし、
だが、そうでないならば(おっさんに不便な思いをかけることには多少なるが)やりとりはできるよ、と。

すると、おっさんは

「んじゃいいや。休みやったらガッキーの前で一言しゃべれと言われたんで原稿添削してもらおうかと思った」

と、メールを返してきました。




ガッキーの前で一言しゃべれと言われたんで原稿添削してくれ?



保護者会の総会に向けての文書作成をしていた私は、そこで天才的に「ピーン!」ときました。


そや、おっさん、そう言うたら、来年度子どもの学校のPTA会長に就任するとか言うてたよな…。

はは~~~ん、なるほどね。


「ガッキーの前で一言しゃべれ」=「ガキ(子ども)の前で一言しゃべれ」

PTA会長就任の挨拶も兼ねて、入学式で来賓の挨拶をせなあかんことになったんや?
それはどうも、お疲れ様です(ニヤニヤ)と思いながら、私は半笑いで

「仕事は休みやから昼からなら全然大丈夫ですよ~。てか、ほんまに私でいいんかな?笑」

と、ちょっと謙遜した風なメールを返しつつ、実は自信満々だった。
かねてより多方面において「代書屋」との異名を持つ私にとっては、
PTA会長の来賓挨拶ぐらい片目つぶってでも書ける、いわば「やっつけ仕事」の類ですからね。


例えば、壇上に上がるや否や、最初のツカミで

「元気ですかーーーっ!!!」

って猪木の真似でもかまして、子どもがシラけててもくじけずに

「声が小さい!!!元気ですかーーーっ!!!」

をやって、子どもらが徐々にくすり笑いとか、ちらほら返事をしてきたらツカミはOKで
子どもら向けにちょっとおもしろおかしくしゃべって、
「なんかおもろいおっさんwww」と子どもらのウケを取って会場の空気を味方につけてから、
「さて、保護者の皆様、本日はおめでとうございます…」と、ちゃんとした挨拶を展開する。
とか、なんかそんなんもいいんじゃない?w


「アホ!そんなんしてスベったらどうすんねん!?w」って?

いや、それはしらんよ。


だって現場でスベるのは私じゃないも~んwww


などと、すでにお笑い系の演出も頭の中で始まりつつ、おっさんに、
「原稿をPCメールに送っといてください」と伝えて、
私は逸る気持ちを押さえ、切り換えて、また集中して総会の文書を最後まで仕上げ、
子どもらのお昼ご飯を作るべく、一旦パソコンを閉じた。


「来賓の挨拶なんだから入学式(4月上旬)に間に合うように編集推敲すればいいんでしょ?」
と思っていた、いや、そう勝手に決め付けていた私の寿命を若干縮める、
おっさんからの二度目の着信が鳴ったのは、午後2時のことだった。



つづく

  1. 2010/03/05(金) 01:41:03|
  2. ツレネタ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。