どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本当にあれで良かったのか。その1

さて。

先日、前からの店(掛け持ち先)でバイトの先輩の ショウさん に、もう取ってつけたように、こう言われました。


「…で? りっさん、いちごちゃんとケイタイ共有してるんやって?w」



忘れてたwwwww

ショウさんも 「どんつきブログ」 知ってはるん、忘れてたwwwww
 



久々に読んだらそんなん書いてたから笑ろた、と言われました。笑っていただけたなら良かったww

ただ、タケちゃん が去年の冬に辞めて地元帰って、私が一日の半分を今の店で勤めだしてから、ショウさんはほんまにおもろないらしいです。
それは笑いの意味だけでなく、言わんでもわかる(気付いて動ける)人間がいないから、と。
気が利く・利かないってたぶんセンスと、さらにそのセンスの相性の問題なんで、教えてどうこうなるもんじゃないし(どうこうなることもあるけど)、
ショウさんには本当に申し訳ないんですが、私がいない時間を挽回すべく、いる時は頑張りますんで、これからもどうぞ宜しくお願い致します。




てな感じで、今日の本題。



今日の本題はその前からの店ではなく、今の店(私がトーハンとして勤めている店)であった出来事です。
タイトルにもあるように「あれで本当に良かったのか。」と私は今でも思っています。

日付まではっきり覚えてませんが、あれは今からだいたい2~3ヶ月前ぐらいの出来事でした。
開店して30分ぐらい経った頃やったか、とある若い女性がお腹を押さえながら、ふらふらした足取りで医薬品カウンターに来られたんですね。
まあもう見るからに「いらっしゃいませ」と迎えている状況ではちょっとないんですが、マニュアルとして、私は先ず「いらっしゃいませ」と言いました。

私「なにかお薬をお探しですか?」
女性「オナカガ、イタイ…。オンナノコ…」

ああ、生理痛で鎮痛薬を買いに来はったんだな? あと、カタコトやからたぶん日本人ではないな?という情報がわかった。

女性「ヤスミタイ…」

あ、違う。薬を買いに来たんじゃない。
お腹が痛くて横になりたいのを誰に言うたらいいんかわからんからここに来はったんや、という情報がわかった。

よって、私は「休める場所をご案内しますね」と言って、
店長以下スリートップ(幹部)と各部の主任社員戦力パート+医薬品カウンター担当(私)が付けている業務連絡用のインカムで店次長を呼んだ。

私「次長、すみません。今ドラッグに腹痛を訴えておられるお客さまがお見えで、休みたいと言っておられるので、休憩室かどこかにご案内していただけますか?」
次長「了解です。えーと、どんな感じ?救急車はいるかな?」
私「いえ、自力で立っておられるので救急車は要らないかと…」


って言うた矢先に、その女性が倒れはったんですよ。

崩れるようにゆるゆるとではなく、もうほんまに直立状態の身体ごと、 バッターン!!! と、真横に。


ちょ、 えええーーーっ?????


私「あっ!今、倒れられました!」
次長「えっ?わかった、すぐ行きます!」


今の今までしゃべってた人が目の前でこんなふうに劇的に倒れるのを見たのは初めてだったので、私はかなり動揺しました。

でも今この人と対峙しているのは私しかいないので、ここは私が落ち着かないと、と思った。
まして私は今、店員である+まだまだ駆け出しと言えど「白衣」を着ている。
心臓バクバクの足ガクガクの正直ちびりそうでしたが、「白衣を着ていること」が、なんとか私を支えてくれた。


倒れた女性は倒れたままの姿勢で微動だにせず、どんどん顔色が消えていき、かろうじて呼吸をしながら朦朧としていた。
「もしかしたらこのまま死んでしまうんじゃないか?」という落ち方をしていく人をただ見守るのは怖かったが、だがそれこそ、
「ほんまにただ見守っているだけでした」では私がここにいる意味がないと考え、私は女性の肩に手を添え、女性の傍らにかがんだ。


私「大丈夫ですか?(←大丈夫なわけないけど)私の声が聞こえますか?」
女性「(目だけでチラ見して、なんとかうなづく)」
私「今までにどこかでこんなふうにして突然倒れたことはありますか!」
女性「(何を聞かれているかわかってない様子)」
私「(しまった!日本語を詰め過ぎた!)倒れる、初めて?」
女性「(なんとかうなづく)」


と、そこで私の中にひとつの疑問が生じた。


今これ、ほんまに生理痛か…?


ぶっちゃけ、私は生理痛がかなり軽いほうなんで、同じ女性であっても生理痛の人のここまで(倒れるまで)の痛みはわかりません。
だからこれは本当に生理痛かもしれないし、でももしかしたら、本人が気づいてる気づいてないに関係なく、何か別の病気が隠れているのかもしれない。
とにかくこの状況はちょっと尋常じゃない。しかも本人もこんなことは初めてやと訴えている。



私は どうしてやったらいいねん!!! 

いや逆に、私は 「どうしたいか?」 を 聞かんとあかんねん!
何故ならここは病院じゃないので、ここで診断をしたらあかんし出来ひんねん!
 




医薬品の勉強をする前は、医療用医薬品を扱う薬局と一般用医薬品(市販薬)を扱う薬局の根本的な違いを、私はわかっていませんでした。
その根本的な違いをざっくり言うと
医療用医薬品を扱う薬局の医療従事者は「この患者はこれを服用すべし」と判断してそれを処方するが、
一般用医薬品を扱う薬局の販売従事者は購入者(客)が「これを服用する」と選択した時に必要な情報提供を提供する人。

よって、今ここ(市販薬店)で倒れたこの女性に私がするべきことは、「診断」ではなく、「判断」なのだ。



冷静になれ!!!



続く
スポンサーサイト
  1. 2012/05/27(日) 01:08:52|
  2. 仕事ネタ(現職)

いちごのケイタイメールデビュー

さて。

今日の記事を読むにあたって、りっさんファミリーとリアルに接触のある人にひとつだけ言いたいことは

今度いちごに会うた時、よけいなこと言うの 禁止。 

さもなくば、私は「どんつきブログ」を引退に追い込まれるかもしれません。長女・いちご(中2)の手によって。


てな感じで、今日の更新。


まあタイトルでおわかりのように、本日の記事の主役は長女のいちごです。
いちごに関しては「走るいちご」カテゴリーの記事などを読んでいただければいいかと思います。

と、そんないちごは「今の」中学生女子ですが、「今どき」ケイタイを持っていません。

本人は小6ぐらいからずっと「ケイタイほしいなー」と言っていたんですが、私が断固応じなかった。
何故なら、そのモノをいちごに今持たせなければいけない「必要性」を感じなかったからです。
いちごは家か学校か友達の家かその辺の近所にいるし、私の職場もその「いちごの行動範囲」から近いところにある。
なんかほんまに困ったことが起きたらいっそもう、ママの職場に来なさいと。自転車や歩いて来れる範囲なんやからと。

そしてもうひとつの大きな理由は、「ケイタイはタダ(無料)ではないんだぞ?」と。
なんぼ学割だの家族割だのサービスはあっても、その月額料金=支出を支払うのは、誰の財布=収入からやねん?と。

例えば高校生にでもなって、「自分でバイトしてそれを支払うから持ちたい」というなら、それは君の自由や。
私も高校生の時、自分のバイト代で月々の使用料を払ってポケベル(←www)を持っていましたから。
そうして自分で義務を果たせるならその主張をしてもいいけど、その義務も果たせないのに主張ばっかり成長すんな!と。

と、そんな私の考えについて、いちごも「ママの言うてることは間違ってない」と判断したのか、
時折文句を言いながらでもずっとケイタイを持たない(持たせてもらえない)まま、いちごはここ、中2まで来ました。

だが、去年中学に入学した辺りから、みんながみんなではないけど周りがわりとケイタイを持ちだしたようで、
部活の集合時間(試合の時の駅での待ち合わせ時間)などをケイタイメールでやりとりするようになったそうで、
だが、ケイタイを持ってないいちごはそのやりとりに参加できず、最終決まった時間を友達がいちご(自宅)に電話してきてくれてたんです。

私「ええ友達に恵まれて良かったな~。それはいちごの人徳やで」
いちご「そうや、私の友達はみんなええ友達や。でも私も友達とメールしたい。友達とメールで連絡取りたい」
私「連絡は取れてるやないかw ていうか、どうするどうする~?とかのグダグダ抜きで結果報告だけしてもらえるって逆に超VIP待遇やないかww」
いちご「ママはなんにもわかってないっ!!!」
私「いやわかってるよwww 女子のそういうのもわかるけど、月額料金は誰が払うねん?っていう話に戻るやん?ママは話ブレへんぞ?」
いちご「ブレてよ、ちょっとは!!」

っていう揉め事をこの1年間してきたんですが、
先日、またこの騒動が勃発した時、私はある天才的なアイデアを思いついたんです。



てか、ママのケイタイのメールアドレスにメールしてもらえばいいんじゃね…? 



いちご「全然 思いつかへんかった…!」
私「もう なんと無駄な論議を重ねてきたのか! 灯台もと暗し!」



私といちごは完全に固定概念に縛られていたんですね。
「ケイタイ(=メール受信ポスト)は、1人につき1台」という、固定概念に。



あるやん!!! メール受信ポスト、今ここに!!! 



と、ここでお年頃の読者諸君は「親とケイタイ共有とか絶対いやwww」とか思うかもしれないが、では逆に今なんでそう思った?
「だって親にメール見られたらいややしwww」とか、そんなん思ったんと違うか?




見るか ボケ!!!
共有するのは 「ポスト」 だけじゃ!

「そこに配達されるお手紙」 まで 誰が 共有するかwwwww
 




てな感じで。


「必要な時はママのケイタイ(のメアド)を借りる」ということで、いちごは先日ケイタイメールデビューしました。


だがきっと、いちご本人はもとより、友達らもいちごのケイタイメールデビューをさぞや待ってたんでしょうね。
頻繁に連絡を取り合うであろう3人にとりあえず「今後こちらにメールしてね、ママのメアドです」を教えたら、
その3人が一斉に「だれそれちゃんとか、あと、みんなにも教えてあげてもいい?♪」みたいなことを返してきたようで。

いちご「ママ、いいやんな?♪」
私「いいやんな?♪ とママが思うと思うか?いいわけないやろ! 誰やねん 『みんな』 って!? 断れ!!」
いちご「え、なんで?」
私「確かにあんたにもこのメアド貸したる言うたけどこれはママの個人情報やぞ?個人情報を『みんな』にバラまかれていいと思うわけないやろ!!」
いちご「……。」
私「いちごがだれそれちゃんと連絡を取りたい時にいちごが直接そのだれそれちゃんにママのメアドを教えるのは全然いいよ。それは踏まえていちごに貸してるから。でもな、自分がどこまでか知らん『みんな』にそれを撒かれるって、気分悪くないか?今、ママが言うてる意味わかるか?」
いちご「…わかった。メールができるようになったのがうれしくて調子に乗りすぎた、ごめん。ママの個人情報はちゃんと守る」
私「そうしてくれ。是非ほんまにそうしてくれ。そして自分がケイタイ持った時も自分の個人情報を自分で極力守る、管理する努力をしてくれ」
いちご「やっぱ、断るわ」
私「やっぱ、断れ。勇気を出して、やっぱ、断れ」


と、まあそんな感じで。


この度、いちごは「のべつまくなし」ではなく、「ひとりひとり」と、ゆっくり、ケイタイメールデビューをしました。

「今それ明らかに部活の連絡ではないやろ!主訴と違うやんけ!ww」と思われるメールも時折しているようです。
何故なら、来たメールを読んで大爆笑したりとかしてるので。
そういうスピンオフまでガチガチに締める気はないし、私も笑いは好きやし自分もやるから、

私「もうそろそろ部屋行きや~」
いちご「うんw ママ、ケイタイありがとうww」

ってケイタイを私に返してリビングから子ども部屋に寝に行くので、まあそれもあってええかなと。



と、そんな共有ポストの管理人である私が今ひとつだけ言いたいことは、



「そこに来たお手紙」は、読んだら消すなりなんなり、自己管理をしてください。  



私宛の業務連絡で来ていたメールをそのポスト内で探している中、

「俺はなんて呼んだらいいかな?」 

などというメールが残っていると、見る気がなくても見えてしまうので、緊張感が一瞬緩んで半笑いになるので困ります。


おまけに続く

[いちごのケイタイメールデビュー]の続きを読む
  1. 2012/05/03(木) 01:26:31|
  2. 家族ネタ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。