どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

拝啓 「クレーマー予備軍」。

さて。

先日、職場で上司からこんな伝達事項がありました。

「休憩中の名札をつけた店員が、近くにいる自分に気づいてくれず接客をしてくれなかった、というクレームが1件ありました」




つまり これは 「店員は、休憩中も 働け」 ということである。 




凄い!!!

接客サービス業は ついに ここまでの「接遇」 ならびに
「CS」 を 求められるようになったかwwwww
 





高校3年間の数々のアルバイトや、離婚して京都に帰ってきてすぐの頃に勤めていた珈琲専門店のバイト、今の職場(薬局・薬店)など、
私はこれまでさまざまな接客サービス業勤めを経験してきたが、こんなクレームがあったことを聞いたのは初めてでした。
よって、そのクレームをつけた人はもうかなり「特異な方」だったんだろうな、と思います。
その伝達事項を出した管理職も「報告を受けたから一応伝達はするが、対処に困っている」ようでしたし、それは文書から伝わってきた。
何故なら、「今後そのようなことがないように」という指導(注意書き)が記載されていなかったから。
てか、逆にそれを上司に記載される(指示される)と、我々部下はほんまに休憩時間も仕事をしなくてはいけないことになるからな。



とまあ、そんな話を踏まえて。
さて、今日の本題。


私が市販薬を売る仕事(トーハン)をするようになってから、客ならまだしも客でもないのに 
「市販薬のことで私になんだかんだ聞いてくる・言うてくる人」が、ちょいちょい現れるようになった。

それは、ネットでもリアルでも。

その概ねが、
「具合が悪いから今どんな薬を飲んだらいいか?」という質問や相談と、あと、
「わたしが飲んだ市販薬は効かなかった」ないしは「わたし(または、わたしの家族)は市販薬は信じてない」という しつこい 報告。


前者に関しては、私は(特にネットでは)答えないようにしている。
何故なら、その人(の症状・体質・既往歴・現在服用中の薬)にあわせて答えたものの一部を、それを見た別の人が抜粋して
「自分も似たような症状だからあてはまる。薬売りが言うてるんやから間違いない」とか思ってしまわれると困るからと、あと、
いくらこの私の薬売りの免許(トーハン)が私の個人のものとはいえ、
私が薬の専門家として情報提供をすることに対してカネ(給料)を出して雇ってくれている人(会社)がいるのに、
私が無料でそれをやるのは、給料を払ってくれている人に対してフェアじゃないんじゃないか?と思うところもあるから。

余談だが、
その免許で給料貰ってるくせに(会社勤めのくせに)ネットで無料で薬の情報提供をしとる人がたまにいますけど、
逆にそれを無料でやってしまうと「薬の専門家の価値」は下がりますから、そのうち食い扶持がなくなりますよ。
その免許を使っての仕事以外の仕事を心機一転また出来る逞しさがあるならいいけど、それが出来ないのなら「よく考えろ」。



話戻って。


てなわけで、私は前者には
「うちの店に来てくれ。そしたらなんぼでも相談に乗るから」 または(うちの店に来れる距離に居住してない人には)
「近所の薬局に行ってくれ。そしたら(同業者が)きっと相談に乗ってくれるから」と言っている。


ただ、問題は後者なんです。 


「わたしが飲んだ市販薬は効かなかった」ないしは「わたし(または、わたしの家族)は市販薬は信じてない」という しつこい 報告。



ぶっちゃけ、何がしたいのかわからない。

私に 「それはすみませんでした」 とでも言わせたいのか。
 





私がその相談を受けて私がその薬を売った「私の客」でもない人にまで、私は
「私はトーハンである」というだけで、私は「全市販薬の責任」を持たないといけないのか?
しかも 今、私は 「仕事中」 でもないのにwww




そしてさらにその中でも
「私(または、わたしの家族)は市販薬は信じてない」のしつこい報告に関しては、もうほんまに

「あっそう」

としか、言いようがない。



何故なら、
市販薬は、もう何度も言うてますが「購入者(需要者)が自ら選択して買うもの」なので、
そもそもそれを買うことを望んでない人、またはそれを必要としなくてもなんかやっていけてる人に、

「そんなこと言わないで買ってくださいよ~~~」 

とか媚びへつらって売ったりするような商品ではないので。てか逆にそれはしたらあかんので。




話戻って。



「そこまで考えずにちょっと聞いてみた前者」はまあともかく、
「そうしたしつこい後者」には クレーマー臭 を感じます。



暇なんかとwwwww 



「悪意まではいかないけど、なんかちょっと(薬売りの私に)ぎゃふんと思わせたがってるなこいつ」、みたいなんは、伝わるんですよ。
それこそ実際、毎日、「この薬ってほんまに効くの?」っていう素直な疑問・不安をお持ちのお客さまを相手にしてるんで、逆に、
「(ではなくて)ただ薬・および薬売りに皮肉を言うていじめてみたいw」は、もう聞いててわかる。あえて言いませんけど。 

余談だが、
そうして「効かない市販薬」としてあげている薬がスイッチOTCだったりすると、もうほんまに笑いそうになってしまう。


志村www それ病院で処方される薬と中身おんなじやwww 


真面目な話、プラセボ効果は、良く(期待される効果以上)も、悪く(期待される効果以下)も、どちらもあるんで、
なにか薬を飲むなら、「科学的に効果があることを証明されているその作用」を、「先入観で激減させてしまう」のは、もったいないっすよ。



また、話戻って。



と、ここまでの話で、

「いや、でもりっさん。薬の販売は商品が商品(生命関連)だけに、それ(いろいろ言われる)は、仕方ないんじゃない?」

ってなった読者には、今一度、最初の話を思い出してほしい。


違うやろ。

これは医療従事者とか関係ない話やろ。

例えば 「パン屋さん」 でも、 「この人は何がしたいの?」 ってなる話やろ。



だってそうじゃないですか。

パン屋さん(いわゆる個人ベーカリーに勤めている人間)が休日に散歩してて、自分がパン屋勤めであるとわかられるや否や
「パン屋のパンは高いから、わたしは買いませんから!」ってしつこく言われるようなもんですからね、客でもない人に。  



よって結論。



自分の視野でものを見る癖がついた人は、 今一度 外に出てくれ。
もう今それがどんなに寒い 「わたしにかまって」 を発揮しているかが、わかるから。

でないと もうほんまに「クレーマー」になるぞ、「モンスターレベル」の。
 








スポンサーサイト
  1. 2012/07/02(月) 02:53:16|
  2. 思うこと(「生きる」)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。