どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

彼氏さんの素敵な髪型

最近、チャリンコに乗って何処かに向かっている途中、信号待ちなどで、ふと、
「あれ?今、ズボン履いてたっけ…?」と下半身を確認することがあります。
家にいる時(私しか家にいない時)はTシャツにパンツいっちょで徘徊しているので
出かける時間のギリギリになって飛び出すことが多い私は我にかえって不安になるのです。
でも公衆の面前で自分の下半身を確認するというのは不審行為であり、
しかもチャリンコに乗っている体勢では、
それはどうしても「股間」を確認するという作業になってしまいます。
なおさら怪しい。なんか色々「りっさん、末期」な感じですね。

街中でパンツ丸出しでチャリで暴走してるやつがいたらそれは私かもしれません。
あ、今のところ確認後の「ヒット」は一回もないので、
そんなに注意深く「パンいち(パンツ一枚)女」を捜さなくても大丈夫です。


さて、今日の記事は最初、ミクシィのほうに書こうかと思ったんですが
折しも彼氏さんネタを楽しみにしている?という方のご来訪があったので
こっちに書くことにしました。
てか、「彼氏さんネタ」でもないのかもしれんが、大きく分けると、っていう。



昨日の朝、ものっそい変な夢を見た。

と、その前に、
前日(土曜日)の昼に彼氏さんから「髪を切った」というメールがあり、
その日、私は、朝8時からPTAの用事(学区の行事)で出ていて、
午後からは、思いつきで
「ずいき(京都の夏野菜)が食べたい!!」
と、思ったけど炊き方がさっぱりわからないので、
「京料理の鉄人・あーちゃんママ」のお店(自然食品のお店)に駆け込み、
突然の顔見せに昨今の体調やイメージコントロールの失敗なども心配されながら、
ヘラヘラとずいきの炊き方を教わり、と、なんか一日うろうろしていたので、
色々落ち着いて一段落した夜、
「今度(切った髪見るの)楽しみにしてる」という旨の返信をし、
チビを寝かしながらちょっと仮眠のつもりががっつり寝てしまい、
夜中、不意に目が覚めたが、そこからまた寝た。

明け方にみる夢は正夢になることが多いと聞いたことがあるが、
昨朝の夢はちょっとセンセーショナルな内容だった。

<以下、夢の話>

私と彼氏さんはなんか大勢でバンガローみたいなとこに泊まりに行っていたようで
夜半、みんながリビング的な広間で食べて飲んで騒いでいる中、
私はその隣の、木の二段ベッドが並んでいる寝室?で寝ていた。

ベッドにはすでに何人かが寝ていて、私は床に布団を敷いて寝ていたのだが
すると、足元のほうから彼氏さんがもぐりこんで来て、
「りっさん、りっさん」と私を起こした。

彼氏さんは普段、よほどの用がない限り、寝ている私を起こさないので
なんだろう?と思って目を開けた。
次第に暗がりに目が慣れてくると、
私の体に覆い被さるようにして「どう?この髪型」と言って
微笑む彼氏さんの顔が、月明かりの中にクローズアップされた。

彼氏さんはホトちゃん(雨上がり決死隊、蛍原さん)みたいなおかっぱ頭をしていた。


それは無いって。

ホトちゃんの嫁はんだか彼女だかには悪いけど、

それは無いだろ。

彼氏さんは黒髪の直毛短髪で、
昔で言うたら、柳葉敏郎みたいな髪型をしています。
ツンツン、ピンピン、みたいな。
私が男の人の髪型の中で一番好きな、
一般的に「爽やかヘアー」とされる代表的なスタイルです。

そしてそれは私の希望でそうしてもらったわけではなく、最初に会った時からそうで、
今まで何度か「髪切ったんだ」メールを貰ったけど、
いつも大体その髪型なので、楽しみにしてるとか返信しつつも、心のどこかでは
「ああ、またステージ1(スタイルは同じで最も短髪状態)に戻ったんだな」と思っていた。

そんな私のだれた心の内を読んだかのような、
「ホトちゃんヘアーの新生彼氏さん」

しかも、本人はわりと自信あるっぽい(夢の中で)。


どんつきを読んでいる女性読者の皆さんも現実的にこの問題について考えてみてください。

自分の彼氏、及び旦那が、
ある日突然サラサラヘアー・キューティクル自慢のおかっぱ頭になってしまう。

…いやじゃね?

いえ、中身は同じ彼なんですよ、でも頭がおかっぱ。

…なんか、こう、いやじゃね?


私は彼氏さんの外見だけで好きになったわけではない。
もちろん、人柄の良さなど内面で好きになったわけである。
だから夢の中で、
彼氏さんのおかっぱ頭にこれほどまでに衝撃を受ける自分にも衝撃を受けていた。

外見だけで好きになったわけじゃないとか言いながら、
彼氏さんが変なホトちゃん頭(ホトちゃん、並びにホトちゃん関係者すまぬ)にした途端、
ちょっと、いや、だいぶ引いてるではないかと。

でも、もうこればっかりは。なんか、いやなもんはイヤ!なのだ。

彼氏さんは自分のおかっぱ頭をだいぶ気に入ってるようなので
「なんかいや」という理由で、「短くして」とか言いづらい。
もうこれは別れるしかないなと夢の中の私は一気に飛躍的な決意をし、
さて、どううまく言うて、お付き合いをやめる方向に持っていこうか、必死で考えていた。

そんな私の心の葛藤など知らんふりで、
彼氏さんは自慢のサラサラヘアーを指先で弄びながら、ただただご満悦である。

あーもう完全に気に入ってるよ、これ。
でもなんかイヤ!なんかイヤ!なんかイヤだ!!!



と、悩み苦しんで、もがいているところで目が覚めた。

すると、仰向けに寝た私の胸の上におかっぱ頭のやつが乗っかっていたので
一瞬、夢と現実の区別がつかなくなり「うわっ」と声を上げたら
それは「リアル・おかっぱ頭」のチビ(下の娘)だった。

なんや、おまえか。ああ良かった、びっくりした…。


私はよく夢をみるほうだと思います。
そしていつも何処かちょっとリアリティのある設定だったりするので
夢から覚めて起きた時も、まだその続きの世界にいるような感覚に陥る。

そして今回のこの夢は、
彼氏さんの髪型に関してだれかけている私の心に警告を与えているのかもしれない。
「いつも通り」であることはとても平穏で幸せなことなのだ。


明け方にみる夢は正夢になることが多いと聞いたことがある。

今度からはもう、彼氏さんから「髪切った」メールがきても、
「またいつもの(髪型)…」とか、だれないようにするので
どうか、おかっぱ頭にするのだけはやめてください、お願いします。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/10(月) 14:26:52|
  2. 恋だの愛だの何だの、ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「もうやめる」 | ホーム | イメージコントロール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gobannome.blog80.fc2.com/tb.php/119-5075b3cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。