どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メールの凶器

メールくれてるツレら、返信できてません、てか、できません。
ほんますまん。

でも全部ちゃんと読んでます。

そして、
あいつにはこう返そう、こいつにはこれを言うときたい、というのも組み立てているが
もうなんか色々間に合わないんですよ。

だからそのうち片っ端から「電話」します。


ちなみに、うちの社長はメールが出来ない人だ。
そして、発送担当の要となるチーフもメールが出来ない人だ。
しかも二人とも、着信履歴を見てかけ直すとかも、ほぼ、しない。

いや、発送のチーフはわりとマメに着歴をチェックしてコールバックしてくれるが、
社長に至っては、事務所に携帯を置いたままにして工場に出たり外に出たりするので、
もはや、ほとんどの場合において、携帯を携帯していない。
それは、私が初めて会社に出社した時に私の中で認識した。

「社長、そら携帯繋がらんはずやわ…。今、私の隣のデスクで鳴ってますやん…」


よって、うちの会社は、
携帯電話の使い方でいうと「平成ひと桁代」の使用方法をとっている。


「直接、携帯にかけて、相手が出たら話す。出なかったら、またかけ直す」


携帯メールも、携帯留守電も「無きもの」なわけです。


最初はめんどくさかった。
ちょっとした連絡なら携帯メールで流しときたい、と思った。

だが、それは「伝えた」側から「伝えられた」側へ、威圧抑圧が生じることもある。

「送受信メール」という証拠が残るので
「自分は伝えた」側が、一方的に有利になるという凶器にもなるわけです。

メールは本来
「自分の都合のいい時に送ったり読んだりできる便利なコミュニケーションツール」
なはずなのに、
なんか、その便利が便利に生かされておらず、
メールにあやつられている人間もいっぱいいると思う。


例えば、直接話したらそこまで言わんくせに、
メールやったら、やたらきつい口調で言うてくるやつとかいませんか?

もう、典型的なネット・メール弁慶なわけです。

そして、それは、
「相手の顔を見ない・見えていない状態でのコミュニケーションツール」
になっとるわけですよ。


今の仕事に就いてから、私は
「webで正しく美しい言葉を使おう推進委員会委員長」に勝手に就任しました。

国語は得意でした。
国語表現も得意です。
敬語と謙譲語の違いも把握してます。


ちなみに、ミクシィでも書いたけど
「了解しました」が正しい敬語やと思ってるやつはもう完全にアウトですよ。
いや、ツレには使うけどね、私も。

社会的に正しくは「承知致しました」または、「承りました」ですね。


まあ、私文でメールを交わすのに、仕事の客相手みたいに
「敬語」とか「謙譲語」とか「美しい日本語」とかは意識しませんけど、
「メールやからこそ、今、明らかに作為的に凶器な表現を使ってるな、この人」
というのは逆に、
お互いを直接知っている相手からの文面ほど、そう感じます。


そして、同時に「ああ、この人も機械に操られる人なんや」とがっかりします。
「想定外の事件へのうろたえが怒りになって、対象の私を全開で攻撃してるな」とか。

「直接話せば、ここまでテンパる人じゃないのになー。浅いなー。メールって怖いよな」
と、がっかりしながら、もうその先は、
その人の「怒り・動揺」にどう穏便に対処・対応していくか、っていう、
残念ながら、なんかもう「仕事」感覚になってしまう。
「言葉・文章」で仕事をしてきただけに、なおさら「仕事」になる。


でも、元をただせば「携帯電話」も
「自分の都合のいい時にかけたり受けたりできる便利なコミュニケーションツール」
やったわけですからね。

掘り下げれば、電話でも同じことが言えるのかもしれませんね。
「相手の顔が見えない分、自分本位になろうと思えばなれる(自分を欠ける)」っていう。

でも相手の声のトーンや間で空気が読める分、
普通の感覚をもった人間なら、相手を必要以上に傷つけたくないと躊躇するでしょうけど。



私はある意味、
「必要な時にだけ便利道具を使う」という初志貫徹を貫いている社長やチーフを尊敬する。
あの人ら、なんか凄いわ。

「携帯、出ません、出れません。メール、読みません、読めません。」
言うても、万丈に仕事してはるからね。

そして、社内でタイムリーに連絡報告を取り合えないからといって納品が遅いわけでもない。
業界屈指の迅速な対応力・応用力を以ってして、お客様からも定評をいただいているわけです。



私も正直、メールがうっとしい時があります。
一日が24時間でない生活が続いている時、などに。

私が思う「メールの使い方」と、
相手が捉える「メールへの入れ込み方」の違いにまいる時がある。


メールを打つのは「人間」です。
メールに操られて、自分の指針や人間性を落とさないようにしたいものです。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/07(金) 01:56:02|
  2. 思うこと(「生きる」)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日だけは、「やったね♪」 | ホーム | よいお年を>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gobannome.blog80.fc2.com/tb.php/142-3ee140bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。