どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイムトラベル

さて、私が先日、

地下鉄(メトロ)に乗って
 ↑さすがに三回もおんなじもん貼りません。
  今日はG○aO特別映像、映画予告編。
  これ見ただけで思い出して泣ける…。

を、見に行ったことは先の記事に書きましたが。
映画のテーマにもなっていたこの問いかけが、上映終了後、私の中で熱く響きだした。

「あなたは、父になる前の父親を知っていますか?」
「あなたが生まれる前の母親に会いたいですか?」


実は、私はオカンの生前、「オトンとのなれそめ」を聞いたことがある。
女の子はわりと聞きたがりますよね。
恋する年頃になったり、また、結婚とか意識し始めたりしたら、特に。
うちの親は、何処でどうやって知り合ったんかな~って、ふと気になる。

オカン「ある日会社から帰ったら、お父さんが家に居はったから」
私  「うん…?だいぶ話かいつまんでない?」
オカン「ああ、えっと…お父さんは、お母さんの会社の得意先の営業さんやったんや」
私  「ふ~ん。それで仲良うなったんや」
オカン「仲良う…っていうか、私はお父さんからずっと逃げてたんやけどな」
私  「逃げてた男がなんで家に居るねんな」
オカン「なんか、家調べて、来はったみたい」
私  「それって…ストーカーちゃうん?」
オカン「けったいな言い方せんといて!それに、あの頃はそんな言葉あらへんかったし」
私  「そんな言葉なかっても、やってることストーカーやんw」
オカン「…あ、そやそや。私と彼氏とのデートについて来てはったこともあったわ」
私  「もうそんなんおもくそタチ悪いストーカーやんかwww」


オカンから聞いた話を整理すると。

オトンとオカンは、仕事の得意先と職先(工場)の窓口担当者同士だった。
日々、業務を通じて顔を合わせる中、オトンがオカンにさりげなくアタックしてきた。
オカンには当時付き合ってる人がいたので、やんわりとブロックした。
それでもオトンは全く挫けず、オカンを誘い続けた。
オカンはだんだん怖くなって、オトンが会社に来たら奥に引っ込んで逃げていた。

するとオトンは、オカンと一番仲のいい女の先輩を味方につける作戦に出た。
先輩は、嫌がるオカンと必死なオトンの狭間で揺れながらも、オトンの熱意にうたれ、
オカンの自宅や、オカンと彼氏のデートの予定等の情報をオトンに漏らしてしまった。

デート現場に突然現れたオトン。驚くオカン。繊細で消極的(だったらしい)彼氏がたじろぐ。
無言で交互に二人を見ていたオトンが一喝。

「こんな風呂の中で屁こいたような男、やめとけ!おまえには向いてない!!!」

下品極まりないダメ出しをされた彼氏とオカンは非常に気まずくなり、会う回数も減った。

そんな折、会社から帰宅したら、家でオトンと爺ちゃんが酒盛りをしていた。

爺ちゃんは上機嫌でオカンにオトンとの交際を勧めた。
「おもろい男やな~!一升瓶下げてきて”お父さん、僕の援護射撃して下さい!”やて!」
台所で酒の肴を用意する婆ちゃんに助けを求めるも、
「ええ人そうやないの。何が気にいらんの。お付き合いしてみたら?」

こうしてオトンとオカンの交際がスタートした。


なんやそのなれそめ!!!

オトンも凄いけど、オカンもある意味凄いと思った。
なんやしら「交際スタート」してんなよwww

でも、これはオカンの主観ですから、オトンサイドの話も聞いてみないといけません。

敬愛する堤真一さんの、あの悲しく切なくも暖かい映画を見て、
「私が生まれる前の父と母の物語」に想いを馳せた私は、
この度思い切ってそのパンドラの箱を開いてみた。

私  「昔な、オカンから(上記のような)なれそめ話を聞いたんやけど…」
オトン「あ~そやな~。お母さんはまだ19才やったな。可愛かった~」

う~ん?とりあえずこれはまだ 審議。

私  「で、その話はホンマなん?」
オトン「…要するに。風呂屁男はあかん、根性見せろ!っちゅうこっちゃ」

否定せえへんのかい!!!


確定ランプ。


ストーカーという言葉がまだ全然無い頃に、
ストーカーまがいの行為を犯してまで惚れた女をモノにしたオトン。

そして、オトンの「それ」があって、今がある。私が、弟達が、その子供達が、今ここにいる…。

人生って素晴らしい。


注)決してストーカー行為を推奨しているわけではありません。
  この実例を参考にして、やって、警察呼ばれても私は知らんからな!!



「あなたは、父になる前の父親を知っていますか?」
「あなたが生まれる前の母親に会いたいですか?」


「大体のことは聞いたけど…この目で見たいですね、その喜劇を」



風呂屁男 ~オトン辞書より~
[ 風呂の中で屁をこいた時のような、ボワンとしたはっきりしない感じの男、の意。]
スポンサーサイト
  1. 2006/11/06(月) 00:00:00|
  2. オトンネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<職探し | ホーム | 岡本綾になった日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gobannome.blog80.fc2.com/tb.php/15-414ea019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。