どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年度は会計です

PTA本部の話ですけど。

大丈夫でしょうか、どんぶり勘定の私が会計。

さらに、前年度うっかり、
市P連のフェスタで初の入賞、しかも優秀賞とか獲ってしまったばかりに
今思うと、うまく言いくるめられたとしか思えない副教頭先生の話術で、
新聞部の部長も兼任になってしまった。

だってな。

「今までの例年通りでは、会計は○○委員とセットなんですが、○○委員は夜の会合が多いし、りちさん、状況的に無理でしょう?それやったら、(就任決定の)会計と得意分野の書き物とセットにしはったほうがラクやと思うんですよ」

とか言うねんもん。


その時は、ああ、なるほどと思いましたよ。
副教頭先生、私のこと色々考えてくれてはるわ~、この人ええ人や、って。
確かに、子どもらだけ置いて夜の会合とか出れませんから。

だが、今になって冷静に考えたら、
PTA機関紙を発行する部の部長=ほぼ全部の行事把握して押さえとかんとあかん
PTA会計を担う責任者=ほぼ全部の行事把握して押さえとかんとあかん


これ、完全にやられてません?
しかも、

私「もうほんまどこまで出来るかわかりませんけど…」
教頭「大丈夫大丈夫!来年もよろしくお願いしま~す!」
私「いや、なんかものすご軽い感じですけどマジでもうね…」
副教頭「あの壁新聞の入賞は感動しましたよ~!ヒューヒューみたいな!」
私「ああ、ありがとうございます。写真とか会議室とか用意していただいてお世話になりました、っていうか、えっとまあそれは置いといて」
(通りすがりの)K先生←(ツレ)「おっ。りっちゃん。来年度も子ども達のために。…ねえ~、いやいやりっちゃんがね~。PTA本部さん!えらいなー」
私「仰る意味がわかりませんが(学生時代のあんなことやこんなこと今ここで言うたら射殺、のメンチ)」
Kちゃん「(学生時代のあんなことやこんなこと今ここで言うたら射殺はわかってるよ、ニヤニヤ)いえいえ、ご苦労様やな~と思ってね~」


そして、こんな会話を繰り広げていた、
教頭先生も副教頭先生も、ツレのKちゃんも、今春、突然離任してしまった。

なにこの完全にやられた感と、言いようのない寂しさ。
来年も一緒にわいわいやれると思ってたのに。

先生って冷たいよなー。

っていうか、ほんまにそんなにぎりぎりまで本人にも内辞とか知らされないものなんでしょうか。
少なくとも、管理職に携わってる人はちょっと前に聞いてるやろww
なんか、もう策士ですよね、計画的ですよww

だって、PTA本部役員にですら、
こうやって事前に水面下で、来年度の根回しとかあるねんもん。
なぜならば、それは、
ほんまに当選当日に突然行ってもみんなほぼ断るから、事前の内偵と了承は必要なんやけど。
つーか、あっさり断んなよ、もっとよく考えろ。一回ぐらいやってみろ、って。
それも、今しかできない親の仕事であり、経験ですよ。

逆に言うたら、そういう活動に一切参加しないくせに陰で文句ばっか言うとか
いきなり学校に怒鳴り込むとか、そういう親には私はなりたくないんですよね。
「ちゃんと、自分の目で現状把握」は大切なことなので。
それを実際やってみてから、モノ言え、ってな。
やる根性がないなら黙っとかなあかんわ、それは。
なんか、「キレ者」を間違って、古いままの風切ってる親とか寒いもん。









私は結構子どもの頃から書きモノ系は得意だったので
ていうか、
「満点獲れる」「表彰される」な書き方が得意だったので、
読書感想文や作文なんかでも、まあまあ神童の域だった。

「今、求められてるもの」が直感でなんかわかるので、
その要求に対して多少オーバーに表現してやるだけで
なんかもうパーフェクトやったんですよね。
書いてる本人は結構冷めて書いてるんやけど。


去年一年、ガチガチに堅い公的な機関紙を刊行してみて思ったんですよ。
前校長であり恩師の、あの先生は確かに、
私の幼少期の文才?とやらを誉めてくれた人ですけど、
「あなたは書く人になる、なれる」って言うてくれた人やけど、
逆に、私が、
そんなん露とも思ってないことをさらっと綺麗にまとめて書いてしまうこともできる子やって、
本当は見抜いてたんちゃうかなって。


ズブの素人の私が本部に入った春、私を推薦した恩師はもういなかった。
私は、即座に「先生に騙された!」と思った。

そして、私は、
先生がいなくても、私が持てる力を頑張って発揮して、「優等生」な壁新聞を作って、入賞した。


でも、それ、多分、違ったんやと思います。


私がさんざん子どもの頃にやってきた「外れのない優秀な書きモノ」じゃなくて、
先生は、もしかしたら、「なんか、やる」のほうに飛躍してほしかったのかもしれない。



先生の世界の異動は、私にはわからない。

色んな背景があると思う、特に上に行くほど、
「現場にいたい」と思っても、「より良い現場の先生」をやるためには、
教育委員会とかで、違う見地から「教職」を勉強することも必要なのかもしれない。



「会社」で言うたら、人事異動とかしょっちゅうやし、どんな人とも「仕事」をしていかなあきません。

でも、私が恩師と一緒にPTAやってみたかったとか
去年一年、苦楽を共にした先生らともう一回やってみたかったと思うのは
私の中にある「学校」や「先生」がやっぱ、特別な存在やからかな。
「学校」は「会社」とは絶対違うと思うし、永久に違っていてほしいし。

私はもう大人なので、
クラス替えで好きな先生が担任にならなくて、平気で「えー」とか言う子どもではないので、
ていうか、新しい出会いの中で「仕事」はできるので、
私はホンマによほど滅多に「こいつ嫌い」とか思わないですし、楽しいんやけど、
正直、やっぱちょっと、「好きな先生」との別れは、いつになっても寂しい。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/08(火) 03:26:53|
  2. 学校・PTA・役員ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<うねりが来る | ホーム | 9から6。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gobannome.blog80.fc2.com/tb.php/161-41979bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。