どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

留守番欲しい

さて。

「笑ってはいけない節分」 の続きを書く前に。


いや~、チビがね。インフルエンザにかかりまして。

こないだ  学級閉鎖 の記事で「娘も丈夫になった」って書いたとこやのに
人生というのは経てしてそういうものだ。


「笑ってはいけない節分」を書いたのは、実はチビの5才の誕生日の日の夜だった。
だが、その日はドラッグストアのほうの出勤日だったので
朝、保育園にチビ送って行ってからそのまま夕方まで店で、
仕事上がって保育園にチビ迎えに行ってそのまま買い物行ってご飯の用意しながら洗濯して、
ご飯食べて後片付けして、風呂の用意しながら洗濯物干して、子どもら風呂入れて寝かせて、
車屋のほうの仕事して…と、晩まで一日中時間に追われることがわかっていたので
「ケーキ買うて、はぴばすでー(誕生日会的なもの)は今度の日曜にゆっくりしてやる」
って言うてたんですよ。

で、娘とチビが「おやすみー」って布団に入った時
「はい、おやすみ」といつものように交互におでこに手をやったら。


チビが熱い。


いや、普通なんですよ、全然普通に元気。でも熱い。
「ちょ、熱あるんちゃうかー」って計ったら、38度ちょっとあった。

ただ、小さい子どもはよくわからない熱を出すことがあるので
そして翌朝になったら熱下がってけろりとしてる、
「あれは何やったんや?」っていう不思議なことが結構あるので
本人元気やし、ご飯も普通に食べてたし、まあ様子見よかって寝かせた。

車屋のほうの仕事を捌いて、時間あったのでどんつき書いて
寝る前にもう一回チビの熱計ったら、39度だった。

熱出した瞬間にMAXまでいく娘と違い、チビは滅多に9点越えしないので
これは「意味不明熱でなく本物かな」と思っていたら、翌朝には39度5分まで上がっていた。

保育園休んで病院に連れて行ったら、思いきりインフルエンザA型の陽性だった。

医師「タミフル、どうします?」
私「どうします、と仰いますのは?」
医師「まあちょっと色々言われてるので、一応処方する前に保護者の方に確認してるんですよ」
私「ああ、異常行動とかいう話で?」
医師「そうですね。それも、タミフルのせいかとなると一概に言えないんですけどね。かなりの高熱が出ると幻覚症状が起きたりするじゃないですか。特にインフルエンザはそういう症状が出やすいですから。まあ、タミフル飲まないと絶対治らないってわけでもないですし、体に抗体ができるまで治まらないですからね。タミフル飲んでも効かない場合もありますし。ただ、飲めば少しは早く治まる可能性が今のところ一番高い薬です。それらも踏まえてどうされます?」
私「不幸中の幸いで月曜まで外勤の仕事が休みなので、完全に私の保護下に置けるので処方してください。タミフル飲んだのに効かへんやないかとか文句も言いませんし」
医師「わかりました」


てなわけで、タミフルを処方されて、自宅に帰って、午後一でチビに飲ませた。

インフルエンザは自分が感染しても、子どもが感染しても、
約一週間は身柄を拘束されるので、店に電話して事情を話した。

私「おはようございます、お疲れ様です。…あの、下の娘がさっきインフルエンザと診断されて…」
店長「えーっ。あ~~~ついにですか…」
私「申し訳ございません。なので、月曜のシフトは休ませてください。今週中に回復したら、月曜の朝一で病院行って完治診断書書いて貰ってそのまま保育園送って、すぐ出勤しますので」
店長「いや、あの、申し訳ないんですが、いづれにせよ月曜は休んでください」
私「…それは、私も感染してる恐れがあるんじゃないかっていう話ですか」
店長「…っていうことです。…すんません、ほんとにすみません」
私「いえ、こちらこそ申し訳ございません。では、潜伏期間を無事に明けたら次の出勤日の木曜には戻ります」
店長「待ってますから。子どもさんお大事にしてあげてください。りちさんも無理しないで」

欠勤報告してるのに、逆の意味で泣きそうになったのはなんでなんだぜ?



話は戻って。



タミフル飲ませて二時間後ぐらい、なんかチビの両手両腕が震え出したんですよ。
ええっ!なにこれ?って思った。
名前呼んだら薄っすら目開けるし、意識はあるんやけど
なんかもう、ちょっとけいれんみたいにがくがく震えてて
うつろな目で「ママ、怖い…。お手々が震える…」とか言うし。
熱の上がりかけに悪寒がして体が震えることはあるが、もう十分熱は出ている。
ちょ、これからまだ上がるんか?今でもう39度8分ですよ?

病院で貰った薬の説明及び副作用の説明には、こう謳ってありました。

異常行動などの精神・神経症状とは
普段と違う突飛な行動をする・うわごとを言ったり興奮したりする・意識がぼんやりする・意識がなくなる・幻覚が見える・妄想、けいれんなど。
*但し、インフルエンザウイルスによるインフルエンザ脳症などでも同じような症状が現れることがあります。インフルエンザ感染症と診断され治療を開始した後は、タミフルを使用していなくても、これらの異常行動に十分注意してください。

っていうか。


タミフルの副作用か、インフルエンザ脳症の兆候かわかりませんってどういうことやねんと。
その違いや変化をね、私ら素人に判断しろってどういうことやねんって。


医者はほぼみんな言うんですよ。


「母親なら、自分の子どものいつもと違う感じがわかるでしょ」 と。


いや、いつもと違う感じはそらわかるけど、

ただ、ひとつだけ言いたいことは

いつも見てる子どもがいつもと違うことはわかっても、
これはインフルエンザ脳症の兆候だ!とかは正直わからないわけですよ。


チビの両手両腕の震えはずっと止まらず、熱は40度に到達した。
私は、大げさとか言われてもかまへんと思って
再度、朝行った病院をもう一度受診して、その旨を伝えた。

医師「タミフル、止めましょう」
私「それは、なんかこの震えの症状がやばいってことですか?」
医師「タミフルのせいかインフルエンザのせいかわからないので。朝も言ったようにタミフルを飲まないと治らないわけではないですしね。ただ、この震えが、タミフル止めて数時間してもまだ治まらないとか全身痙攣に移行したら、すぐに救急車を呼んでください。こちらにまた来ていただいてもいいですし、21時までなら」
私「21時まで、ですか」
医師「21時過ぎると、小児科医がいなくなるので、こちらでは小児救急の受け入れができません。00時なでなら、市営の夜間休日診療所が開いてますので、そこで相談してください」

と、住所と電話番号書いた紙を渡された。
市営ですら00時までとか…。いや、逆に「市営」やからかもしれんが。。



言われるままにタミフルを止めたら、チビは、
昼に飲んだタミフルが切れてきた頃、なんかごっつ具合が悪くなってきた。
両手両腕から上半身はずっと震えたままで、意識も朦朧としてうなされている。
熱冷ましの座薬も入れたが状態は変わらない。

私は頼みの綱の、夜間休日診療所に電話した。

上の娘が赤ん坊の頃から熱性けいれんを何回もやってるので、
チビの今この震えは「けいれんとはまだちょっと違う」こともわかるけど
なんかもう怖かったんですよ。
子どもって、悪くなる時も良くなる時も一瞬なんで。


医師「事情はわかりました。お母さん、タミフルを再開しましょう」
私「でも、夕方○○病院を再度受診した時、タミフル止めろって言われましたけど」
医師「…まあ色々な考え方があるのですが、僕は医者としてタミフルを投与し続けること薦めます。熱はすぐに下がらないかもしれないし、手の震えもまた一層ひどくなるかもしれないし、本人もお母さんも怖いかもしれませんけど、インフルエンザウイルスと戦う本人の助けになる、即効力のある薬は今のところタミフルかリレンザしかないので」
私「これが薬の副作用だとして、このまま投与し続けて本当に後遺症は残りませんか?一時的な副作用やったらいいんですよ。この震えも今だけって先生がはっきり言うてくれはるなら。でも、止めましょうとか、やっぱり飲めとか言われたら、私ら素人はそら正直不安です」
医師「そうですよね。あのね、タミフルの副作用が後遺症になった報告は今のところ聞いていません。ただ、熱が40度を越え続けたり、意識が無くなったり、全身痙攣を起こしたら、すぐに救急車を呼んでください。それはタミフルの副作用でなくインフルエンザ脳症の危険があります。震えや痙攣がインフルエンザ脳症の症状だった場合は後遺症が残ることもあります。具体的な見分け方として、首の後ろが硬くなって首が左右に動かなくなったら、インフルエンザ脳症の兆候です」
私「わかりました。ご丁寧にありがとうございます。もし万が一その兆候が出て、夜間に救急車を呼ぶことになったとして、今日はどこの病院に運ばれますか?」
医師「今日は○○病院、です」
私「えっ!…それって、○○区の?」
医師「はい……」


京都市では数年前から、夜間小児科救急が日ごと病院ごとの当番制になっています。
この日はまた運悪く、京都市内といえども、うちからだいぶ遠い、
滋賀県に限りなく近い峠坂を越えた区の病院が当番だった。
というか私の中ではどっちか言うたらもう滋賀県だろうと思ってるぐらいの場所だ。

車で、空いてて30分以上はかかるんかなあ。
混んでたら1時間~?まあ深夜なんで混んでることはないでしょうけど
そこに行くには国道二本のどっちかのルートしかないという場所なのだ。
信号無視車線越え上等の救急車がどれくらいで着くかわからんけどまあ遠い。
しかも、行ったはいいが帰りはそこから自力で帰ることになりますからね。
しかも、もっと言うたら、
帰れたらいいけどそのまま入院なんてことになったらどうするねんとか。

まあ色々考えるわけですよ。
それは悲観的にではなく、現実と十分に向き合うために。
問題に取り組むにあたってそれに関連する事柄について全て考えておくことは
自分がいざと言う時にうろたえないための大切な準備なのだ。
それは、何があっても子どもを助けたいという母親の心情とは別の部分で。
一人二役ですから(父親・母親)、頭も常に別々のことを考えとるわけです。
そうなった時その場で相談する相方がおらんわけですからね。

例えば、
チビを救急車で運んだ時、上の娘はどうするのか。

うちは超深夜または朝帰宅の旦那持ち、しかも転勤族の単身赴任家庭だったんで、
離婚する前からずっと、実質母子家庭状態だったんですよ、経済的な面以外は。
なので、娘が園児でチビが乳児の頃はどっちかが熱出したら、
夜中でも前と後ろにおんぶと抱っこして病院に連れて行きましたが
もう、寝てる娘を起こして連れて行くわけにもいかないし(明日、学校や)
しかも、体重24キロの娘をおぶって、14キロのチビを抱っこしたら、
多分、39キロの私自身がそれは歩けないだろう。
いや、火事場のクソ力で土壇場になったらそれもやりきる気はするが
下手に夜中に娘まで担いでいって二次災害(娘も体調崩す)ってなったらね、
これ、また仕事休まなあかんなるわけですよ、看病で。


よし。

娘は家に置いていこう。


ただ、夜中にふと目が覚めた時にオカンとチビがおらんかったら
娘はかなりびっくりするだろう。
びっくりして考え無しに家を飛び出さないぐらいの情報処理能力はもうあると思うが
オカンとチビが何処行ったやわからへん、携帯も繋がらん(病院では電源オフ)では
娘にしたら、
「なんか自分の知らない間にチビに何か大変なことが起きた」
と、恐らくうろたえますからそれは。
ちょっとチビっ子ママですからね、あいつは。
私よりよっぽどチビの躾も上手で、世話も焼いて、なんかチビに崇拝されてますから。

よって。

最悪そうなったら、娘を起こして事情を話してからいこう。
「てなわけで行くけど、もしもママが朝まで帰らなかったらあんたは、朝ご飯食べて、火の元と戸締りを確認して、学校に行きなさい。心配すんな」と。

で、ほんまに朝まで帰れへんなったら、
娘がいつも集団登校で迎えに行ってる近所の6年生の班長さんの家に電話して、
班長さんのお母さんに
「こうこうで、今日は娘一人で家を出て登校しますので宜しくお願いします」
と、子どもが一人で家を出る前のオカン最終チェック(火の元・戸締り)を助けてもらおうと。


あの夜はほんま、「留守番」が欲しいと思いましたね。
なんにもせんでええから、寝てるだけでええから、「家に居てくれる人」が、欲しい。


旦那さんの転勤で上海に行ったツレが、以前ブログで書いてたんですよ。

彼女は、上海に行くまで、
自分と子どもらは日本で、旦那は上海で、という、国境を越えた旦那単身赴任の中で
両家の実家も遠く、丸っきり一人で三人の幼児と児童三人を育ててきた、
なんとも逞しいオカンなんですけど。
そのツレが、上海行ってすぐ、こんなことを書いていた。

「何が助かるって、留守番してくれる人がいるのが一番助かる」

中国では「アイさん」っていう、日本と比べるとかなり安価で家政婦さんを雇えるみたいです。
子どもの世話とかも多少?かなり?してくれるらしい。
だが、そういう便利な家政婦さんが居てくれることで
彼女が一番にありがたいと思ったことは
「アイさんに家のこと任せて遊べる!」ではなく、
「子どもを病院に連れて行く間、他の子どもと留守番しててくれる人がいる」こと。
なんか、その気持ちがようわかるわーって思って。
逆に言うたら、核家族の母親のほとんどがそういう場面に遭遇したことあると思いますよ。
旦那不在とか母子家庭・父子家庭だけに限らず、
「自分の体がふたつあれば」と思うような場面に、かなり多くの人が遭遇してると思う。

「遊びに出かけたいけど子どもがいるから行けない~」とかは、
今のこのテーマでは完全に論外ですが。


話戻って。


一瞬、そうなったらオトンに電話して来てもらおうかとも思ったんですよ。

だが。

日課の晩酌酒気帯びで寝た(であろう)オトン。
深夜に鳴る電話。
それは孫(チビ)を救急で運ぶという、娘からの報告。
上の孫(娘)を置いていくので、今から留守番に来ていただけませんかとのお願い。
真冬の夜中、寒空の中、オトンは多分、チャリ飛ばして速攻で来る。


高血圧のオトン(今年定年)
どう考えても、また一気に血圧が上がる要素しかねーよ。


どうもありがとうございました。直ちにおかえりください。 

チビと入れ替わりにオトンを折り返し救急で運ぶとかなったら、なんかもうシャレならんよ。



話戻って。


私がその時思ったのは、

「良心的なタイプのホームレスのおっさんとか、ちょっと玄関の前で座っててくれへんかな」って。

あの人ら、野宿ってなったらもう何者よりも最強に強いですからね。
めちゃくちゃ根性あるからね。寒いとか暑いとかそんなことではくじけませんから。

いや、家の中まで入ってきてくれなくてもいいんですよ。
外で待機してて、まさかの天災の時とかに声かけしていただけたら十分なんです。
家の中のことは多分、娘はちゃんとなんかやれますから。
まあ、あえて欲を言うなら、娘が朝、学校行く時に
「火の元消した?」「鍵閉めや?」ぐらいのコミュニケーショントークをしていただけたら。



まあ、そんなこんなで。


チビは、日曜には完全に平熱に下がりました。
両手両腕の震えも、タミフルを飲み続けるごとに何故か軽くなっていった。
体が、逆にタミフルに慣れたんかもしれません。

前に、一家でインフルエンザにかかった時もタミフル飲ませたんですけど
その時はそのような症状はなかったんですよね。
人は生身の生き物なんだなあと、改めて思いました。
前に大丈夫やったからって、今度も大丈夫とは限らないんですね。

震えが完全に無くなり、しばらく残った副作用は「興奮状態」だけでした。
ただ、これに関して言うと、
チビは普段からテンションが高く異常なほど明朗快活な奴なので
タミフル飲まなくてもしょうもないことで笑っているし、
タミフル飲まなくても自作の歌を一日中歌っているし、
タミフル飲まなくても「昔、ここに森があって~」とか自作の童話を語っているので
「ああ~いつも通り、5分間休憩すらなくしゃべり続けるぐらい元気になりよった」
と、ほんまにホッとしました。

で、一週間目の今日、病院行って診察受けて、治癒証明を貰いました。
木曜から保育園に復帰です。私もやっと仕事に戻れます。


「で、りっさんと娘ちゃんは大丈夫なんかいや?」

っていう、お母ちゃんの声が聞こえますね。


りっさんは、二日前に熱を出しました。

でも、MAXで38度までしか上がらなかったので、
「多分これはインフルエンザではない」という確信が自分の中にありました。

今日、チビと一緒に検査したら、陰性でした。
風邪か、もしかしたら、鼻炎かもしれんと言われた。
年末、彼氏さんの実家(ど田舎)にご挨拶に行った時に生まれて初めて出た鼻炎。
そのことを先生に言うたら
「アレルギー性の炎症は、初期の頃は些細なことでガッと出るから、しばらく敏感になるかもしれないですね。慢性的になるまで」
と言われた。
風邪薬はそもそも飲めないので鼻炎の薬を貰ったら
なんとそれに抗生物質が入ってたみたいでえらいことになりかけた。

だから風邪薬飲めへん=抗生物質飲めへん言うとるやろが!!!

やはりちょっとした熱でも主治医のところに行くべきだった。
不調に気付いて一回で薬やめたんで大事には至りませんでしたが。

娘はというと、これがもう全く流れに飲まれない感じで、めっさ元気です。
ただ、気になることをちょっと自分で言うてました。

「今週のマラソン大会が終わったら、いちごはガタッとくるかもねえ。今は気合い入ってるけどさ」


ひとつだけ言いたいことは

二週間に渡って仕事休むとか勘弁してください><

採用されてまだ一ヶ月経ってないんですから…。



まあそんなこんなの一週間だったが、昨日、用件があって元旦那に電話したんですよ。
子どもが起きてる間は込んだ話はあんまり出来ないので、晩に。

元旦那「(用件について)わかった、了解。…で、最近はどうなん?元気でやってんの?」
私「まあ、可も無く不可も無く。なんやバタバタしながらやってますよ。そっちは?」
元旦那「昨日パチンコで5万負けたわー」
私「ああそう」
元旦那「(自宅)マンションの前にパチンコ屋が出来てんや。で、つい、こうw」
私「そうやってパチンコバンクに引き出すことの出来ない貯金ばっかりしてたらええんですよ」
元旦那「やっぱ、管理してくれる人がおらんと俺はあかんな」
私「管理職の人間が何言うてんねん。アホとちゃうか」
元旦那「仕事の管理はちゃんとしとるわw私生活の話やんけ」
私「君の私生活の話は私は知らない。私は子ども二人養うだけでもう精一杯ですから」
元旦那「そうですか。大変やなー」



私は多分、この人より確実に、なんか濃い毎日を生きてるよなって、なんかちょっと思った。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/10(火) 23:44:07|
  2. 家族ネタ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。