どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初恋の人からの手紙

さて。

初恋の人から手紙が届きました。

っていう心理テスト?みたいなんがあるそうです。

 【初恋の人からの手紙】 

mixiのマイミクのツレんとこで見て、結果に笑いました。

「当たってるっぽいw」

私はそいつと恋愛したことがないので
ぶっちゃけ、恋愛してる時そいつが一体どうなんかは知らない。
てか女の子なんですけどね、20代前半の。
でも、「恋人のそいつ」は知らなくても、「ツレのそいつ」はよう知ってるので

「当たってるっぽいw」


私は何回も言うがいわゆる占いサイト?みたいなものは好んでやらない。
なんか問題に答えていくやつならまだあれなんですけど
誕生日とニックネーム入れるだけで答えが出るとか
逆にナメられてるような気がして、なんか腹が立ってくるのだ。
血液型占いとかも私にとってはその類ですね。
「おまえに何がわかるねん」とか、なんか思ってしまうんですよ。
そら、何百何千人のA型の人間を分析してきて統計出したんかもわからへんけど、
私と会うたこともしゃべったこともないおまえに私の何がわかるねん、と。

ただ、心理テスト的なもので言うても
心理テストみたいなものはそう簡単には作れないらしいですね。
これ、前も言うたと思うけど、
心理学を勉強してきた彼氏さんが言うてはったんですよ。
いや、作れなくはないけど、それこそ莫大な数の質問が要る、って。
色々難しいこと言うてはったんでようわからんかったんですが
話を聞いて私が思ったんは、例えば、
「どちらでもないなあ」とか「どれでもないなあ」って、答えに困ることがあるじゃないですか。
むしろその「どちらでもない」の部分が、その人の傾向を見るキーポイントで、
その「どちらでもない」部分を、色んな角度やパターンから
なんか徹底的に掘り下げていかんとあかんのじゃないかと。

だとしたらそもそも「はい」「いいえ」の二択しかないテストなんか無茶なんじゃないかと。
「絶対はい」と「どっちか言うたらはい」では全然話が変わってくるし
その「どちらかと言うたら」の部分にこそ、
その人のキーになる部分がなんか埋もれてしまうんじゃないかと。
話を聞いて、自分なりにそう解釈をした私はそれ以来
「はい」と「いいえ」しかない心理テストは信用しなくなったんですが。

てか、はなからあんまり信用してないんですけどね、
ちょっと答えて結果が出るっていう心理分析(笑)自体を。

だって、どこまでなんぼしゃべったってそいつが何考えてるかとか、
実際のところ、そいつにしかわからないじゃないですか。
いや、逆にそいつ自体もわかってないんかもわからへんしね。

自分が何をどうしたいか、自分でいつもちゃんと完璧にわかって生きてたら、
失敗してヘタうったり、何かを傷つけたり何かに傷ついたりすることもないはずですし
逆に、その、ようわからへんところがあるのが、なんか、
人間のおもしろいところなんじゃないかと、そんなふうに私は思ったりもするわけですよ。


なんか、終わってしもた。

つーか、これ「恋愛ネタ」カテゴリーなのに…。

いやいや、終わらないですよ。



話戻って。


まあそんな私なのですが、【初恋の人からの手紙】には笑いました。
むしろ、そいつのその結果を見て笑いました。
だって、「当たってるっぽいw」、かったんで。
あいつのところであの結果を見なかったら、私は多分これには食いつかなかったと思う。
こんな「当たってるっぽいw」ものが出るならなんかやってみたろかと思った。
そしてやってみました。

名前欄に呼び名を入れたほうがおもしろいってことだったので
リアルに呼び名を入れてみました。
問題がちょっとしかなかったので
先に述べた話から「こんなもんでちゃんと答え出るんかいや」と冷めていたんですが。


初恋の人からの手紙


りちお、ひさしぶり。
もう肉じゃがぐらいは作れるようになりましたか?「肉じゃが作れば女らしいんでしょ」と一人でキレていたりちおがなつかしいです。

りちおがおれに「別れないから大丈夫だよ」なんて言いながら徐々に連絡がとれなくなったあのころから、もう20年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。

思い返してみると、うちらの恋愛ってひどいものだったなぁと今さらながらに思います。わりと若者らしい恋愛をしたがったおれと、すぐドライになっていったりちお。りちおの決めぜりふはいつも「ごちゃごちゃ言ってると別れるよ」でしたね。どんだけ上からだ!と思ったけれど、怖くて文句の一つも言えませんでした(苦笑)。

そういえばりちおにとって初恋の相手がおれだったのかな?最初のころのりちおは、なんだかプライドだけは高いわりに、緊張気味だったような気がします。そろそろ男慣れしたころでしょうか?

付き合い始めのころ、りちおは平気で「いつか結婚してあげてもいいよ」などと言っていましたね。あまりの強気(意地っぱり)に唖然としたけど、その気持ちは嬉しかったものです。今でもその話は有効なのでしょうか。

総括して言えば、おれはりちおと付き合えてよかったと思っています。振り回されたけど、そのおかげで忍耐力もついたし、言いたいことを封じ込める技も身に付きました。

いろいろ書いたけど、おれはりちおが大好きでした。これからもりちおらしさを大切に、あと、そろそろドリンクバーで吐くほど飲むのはやめて(笑)、いつか幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. おれの歯がくさいってみんなに言いふらしていると聞きました。本当ですか?



うーん。

当たってるっぽい。


マイミクのそいつも自分の結果について同じことを述べていたが
なんかこう、ピンポイントで当たってるんですよね。
「ちょ、おまえ(占いの機械)どこで見てたんやw」っていう、なんかもう困る。

っていうかこれ、初恋の人からの手紙じゃないですよ。
だって私の初恋の人は小学生の時に好きやった金山くん(通称・かねやん)で、
かねやんとは中学入学で離れて、偶然にも高校でまた一緒になって
てか、二年の時に隣のクラスになったので廊下で見かけて、
その時初めてかねやんが同じ高校やったんを知って
文化祭の準備か何かで夏休みに登校してる時にたまたま二人でしゃべる機会があって
「私、小学校の時、かねやんのこと好きやったんやでー」と言ったら
シャイなかねやんは「今頃そんなこと言われてもw」と言って
そして私もその時付き合ってる人がいたので笑い話で終わったんですが
そのかねやんがこんな手紙をよこしてくるわけがないのです。
よってこれは、昔付き合っていた人から、いや、「人ら」、からの手紙だ。
そう考えるとこの当たってるっぽさがなんかまた腹立つっていうか
一方的に恨み言を言われっぱなしみたいでシャクなので、
私は正々堂々と、彼らが多対一で売ってきやがったこの喧嘩を受けてやろうと思う。

おまえらが今さら言うことに、なんか全部答えてやる。


りっさんはこれより、見えない敵と戦います。



りちお、ひさしぶり。
もう肉じゃがぐらいは作れるようになりましたか?「肉じゃが作れば女らしいんでしょ」と一人でキレていたりちおがなつかしいです。

まいど!ひさしぶりやんか~。生きてたん?
あの頃の料理が悲惨やったんは認めますね。一品モノでアホほど量が多いっていう、な。
今は、そやね~。いつか彼氏さんと一緒におばんざい屋とかやりたいなあって思いますね。
気心しれた仲間が夜な夜なふらっと飲みに来るようなスペースを、なんか。


りちおがおれに「別れないから大丈夫だよ」なんて言いながら徐々に連絡がとれなくなったあのころから、もう20年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

連絡取れなくなった、は、自分ちょっと言いすぎやろ~。それは君の被害者妄想やわ。
私は携帯の番号を変えたことはないですよ。あ、一回だけあるかな。


あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。

それだけの理由で思いつくままに今さらなんかこんなこと書いてよこされてくるって
私は当時それほどあなたをなんか傷つけていたんでしょうかと逆に聞きたい。


思い返してみると、うちらの恋愛ってひどいものだったなぁと今さらながらに思います。わりと若者らしい恋愛をしたがったおれと、すぐドライになっていったりちお。りちおの決めぜりふはいつも「ごちゃごちゃ言ってると別れるよ」でしたね。どんだけ上からだ!と思ったけれど、怖くて文句の一つも言えませんでした(苦笑)。

それについては朝まで語りたいが、上からとかじゃないんですよ。
私はね、恋愛とは人生のスパイスのひとつやと思ってたんですよ。
だから例えば、ひとつの香辛料がやたら主張してくると全体の味のバランスが悪くなるので
「君、あんまり前に前に出てこんといてね~」的なことは確かに言ったかもしれませんけど
「別れるぞ!」って輩飛ばしたこととかないじゃないですか。自分ほんま、よう言わんわ~。


そういえばりちおにとって初恋の相手がおれだったのかな?最初のころのりちおは、なんだかプライドだけは高いわりに、緊張気味だったような気がします。そろそろ男慣れしたころでしょうか?

初恋の相手があなただったかどうだったかはもうなんかいいじゃないですか。
歌おうよ。そして踊ろうよ。


付き合い始めのころ、りちおは平気で「いつか結婚してあげてもいいよ」などと言っていましたね。あまりの強気(意地っぱり)に唖然としたけど、その気持ちは嬉しかったものです。今でもその話は有効なのでしょうか。

その話を今でも有効にできるかどうかは逆に、今のあなたにしかわからない。
ただ、ひとつだけ言えることは
元カノが言うたその言葉だけが今でも君のなんか唯一の自信?になってるなら、なんか女々しいで、自分。


総括して言えば、おれはりちおと付き合えてよかったと思っています。振り回されたけど、そのおかげで忍耐力もついたし、言いたいことを封じ込める技も身に付きました。

いや、これはマジで言いたいけど、そんなに振り回してないと思うんですけどねー。
てか、言いたいことを封じ込める技とかw
そんなん言うなら言わせてもらうと、私も、君に言いたいこと全部は言わなかったですよ。


いろいろ書いたけど、おれはりちおが大好きでした。これからもりちおらしさを大切に、あと、そろそろドリンクバーで吐くほど飲むのはやめて(笑)、いつか幸せになってください。

ありがとう。
私もあなたが好きでしたよ。好きじゃない人とは付き合いませんから。
ドリンクバーで吐くほどは飲まないが、まあそれは多分「酒」の暗喩ですね。
もうね、歳やから飲んだら眠くなりますよ。なんかお爺ちゃんですよ。


またいつか会いましょう。では。

P.S. おれの歯がくさいってみんなに言いふらしていると聞きました。本当ですか?

ひとつだけ言えることは、
私と付き合ったことが自分の人生のネタだと思えないやつには、私と付き合うのは難しい。

ただ、言いたいのは
私が恋愛ネタにする元恋人は、逆に私が本当に愛していた人だと言っても過言ではない。
それはツレでもそうです。
私は本当に嫌いなやつのことは、笑いのネタにはしない。

よって、例えば、私が
「元カレ(君)の口臭が尋常じゃなかったwww」というネタをどこかで書いたとしても
それはむしろ
「あの頃、あなたと本当に愛し合っていたのよ」という、
私なりの、なんか、愛のメッセージだとそれは思ってください。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/16(月) 00:00:09|
  2. 恋だの愛だの何だの、ネタ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。