どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あいつらは私たちを、なんか試している

さて。

京都でついに新型インフルの感染が確認されました。
つーか、数字で上がってこなかっただけの話で普通にいたと思いますけど。

「京都のやつは腹黒いから、隠蔽どすえ~~~やろ?www」


とか、大阪兵庫にはそんなふうに思われていたかもしれない。

てか、隠蔽っていうか、
基本的にほんまのん気、かつ、ビビリな人々なんですよ。京都の人って。

かつてのお公家さんの名残が京都にはまだまだあると思う。

自分らの身にそれが実際降りかかるわけがないとタカをくくりつつ、
実際降りかかってきたらどうしようって、ビビるし隠す。
なんか村八分になるかもしれんと思って、なんかビビって言わない、みたいな。


京都で感染が確認されなかったのは、
誰も「その機関」に報告を上げなかったんちゃう?と、私は思います。
報告が来ないと調べようもないわけですから、それは永久に「無しのまま」ですしね。


まあそんな感じで京都でついに感染が確認されました。

逆にそのことは、私は怖くないんですよ。
てか、大阪神戸滋賀と来て、京都が一生ゼロって絶対ないし。


アタック25で言うと、
もうとっくにパネルの色が変わってるはずなので。



むしろ逆に怖いと思ったのは「ママさんネットワーク」ですね。

テレビのニュースで
「京都で初の新型インフルの陽性が出ました」
と速報が流れたその数分後に、感染者特定?の情報が私の携帯にメールで届いた。

「感染したのって、○区の○○小学校の10才の男の子なんやって!」

そして続いて別の人から

「○区の子どもが感染したから、近隣の○区と○区の小学校もアウトかもね」

そしてまた続いて別の人から

「○区と○区の小学校と京都市内の中学高校は明日から休校なんやって」


君ら、なんか怖いわ。

なんかもう、さぶいぼ(鳥肌)が立ってね。


そら、地域の情報交換は必要やけどね、正直怖かったです。


どんだけ調べ物が好きやねん? と。


私は自分の目で見たことしか信じないタチですから、
それらのメール全部無視、か、「へー」とか「知らんなー」とか言うて適当こいてたんですが、
その一時間後、いちごの学校から「明日から27日まで休校とします」との、確実な連絡が来た。


志村、22時過ぎです。


先生もなんか大変やなーって思って。


てか、逆にそうしてなんか
「ママさんネットワーク」」の水面下で情報が先行で行きかって「学校」が「監視」されてるって、
そら、22時過ぎても「明日休校」っていう連絡を学校からせざるも得ないわけで。

なんか、順番が狂ってるなと思いました。

学校って誰のものなんだぜ?


休校の決断が(親から見て)半日一日早いか遅いかより、
何故、今いきなり学校が休校になるかの話し合いを
先生と子どもでちゃんとすることが、なんか一番大事ですやんか。

だって、感染する機会があったならそれは残念ながらもうとっくにしてるんで
そんなことはもう言わば逆に後の祭りなので。

よって、正しくは、
明日いつも通り登校したら、なんか突然の全校集会とかがあって、
神妙な面持ちの先生から子どもらに

「いよいよ京都も新型インフルエンザが確認されました。今よりもっと感染を広げないために、学校はしばらくお休みしますが、学校が休みだからといって、遊びに出ないように。うがい手洗いもちゃんとしましょう。そして、またお休み明けには、みんな揃って元気な顔で、学校で会いたいです」

みたいなお話が先生から子どもたちにまずあって、
子どもがそれを聞いて自分らなりに何かを感じて気を引き締めた上で、
ほんまにいよいよマジで学校が休校になる。
そういうのが、なんか正しい現場の流れなんちゃうかなと私は思うんですよ。

だが、そうではなくて子どもが寝た後に「明日からしばらく学校休み」と決まった。
しかもそれは子どもの知らないうちに、親と先生だけの話で。
何故、先生(ないしは役所)が夜中にその決断をしたかというと
やたら情報が飛び交って、上からの命令が来てしまって
子ども無視してもなんか早期に決断を出さざるを得なくなってしまったから。


学校って、誰が主体の場所ですか?

そのことを翌朝、親からなんか聞かされた子どもにしたら
これは「まさかのラッキーホリデー」ですよ。子どもははしゃぐよ、そら。

大阪の高校生が休校中にカラオケ行って問題になってましたが
先生が子どもに「これは重大なこと」って真剣に説く間もなく、なんか学校休みになったら
子どもは「うはwラッキーホリデーwww」って、それは思いますよ。
だって子どもやもん。


私が思うのは、新型インフルはなんか私らをいちいち試してるんじゃないかと。


「かかってしまったかもしれないと申告する、本当の意味」とか、

「マスクをする、本当の意味」とか

「休校・休業になる、する、本当の意味」とか。


私らの人間愛が果たして本当のものなのかどうかを、
あいつら(新型インフル)は、なんか試してるような気がします。


ひとつだけ言いたいことは、

あいつらは「寄生」しないと生きていけないやつらなので
あいつらを「寄生」させなければ、やがてあいつらは負けて死んでまうと私は思います。

では、あいつらに「寄生」される、「なんか負ける」とは、何か?

それは。


私らがなんか「人間以下の」生き物に成り下がることだと思います。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/22(金) 02:46:58|
  2. 思うこと(「生きる」)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。