どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宣伝と、そして喝。

たびたびこの「どんつき~」のコメント欄に出没しては、
チ○コだのなんだのと、人のブログにNGワードを置き去りにし、
このブログを、2006年・子供に読ませてはいけない最低ブログ に
なんとかノミネートさせてやろう、という魂胆が見え見えだった、
私の友人・JET君が、この度ブログを再開しました。
はい、こちら↓

駄っ文だ!
駄っ文だ!
駄っ文だ!

(どうや。こんなデッカイ字で宣伝されたら恥ずかしいやろ!ざまあみろ、JET!)

彼は非常に強敵です。あのね~、おもしろいんですよ、あいつ。
もちろん、笑いには好みがありますし、
私がおもしろいと思っても、わからないと思う人もいるかもしれません。

そして何より、本人が、
「万人受けする笑いを狙っている」のか、「的を絞っている」のか、によっても違いますしね。

彼はなんちゅうか…もう「けちょんけちょん・ボロくそ」です。
私も口悪いですしボロくそ言いますけど、
何者に対しても手を抜かず徹底的にこき下ろす彼のアウトローな生き様を見ていると、
なんと自分は中途半端なのだろうかと自戒すらしてしまうほどです。
しかも彼はいわゆる「防御網」を張らないですからね。もう、言いっぱなし。

彼ならいつかきっと、あの、いにしえより伝わる最低な挑発語録、
「おまえの母ちゃん、でーべーそ!」
「アホが見~る~!豚のケ~ツ~!」 等を、上回るぐらいの、
後世にまで語り継がれるような暴言を生み出すような予感すらします。

笑い前提でボロくそ言う、っていうのは結構難しいもんで、
「こいつのオイシイところを拾ってやろう」
っていう絶対的な愛がないと出来ないと、私は思います。

手の冷たい人は心が暖かい、とかよく言いますけど、
ボロくそ言う人は心が暖かい、というのも一説に加えていいと思うで。

とまあ、そんな感じで、私の友人(クソガキ)のブログ再開宣伝でしたw


さて。
私が待ちに待った「診断書」が、やっと上がりました。
もうそろそろええかなと思って電話で確認したら、出来てますよ、言うから取りに行った。

前々から知ってたけど、私が通ってる病院の事務はだいぶボンクラです。
もう、とにかく要領が悪い。

私 「お願いしてた診断書もらいに来ました」
事務「お名前は?」
私 「(りっさん)です。内科です」
事務「お待ちください」

事務の姉ちゃんが引き出し開けて書類探す姿が、窓口のガラス越しに見える。

事務「無いですね」
私 「いや、無いことは無いですね。出来てるかの確認の電話しましたから」
事務「え~?ホンマですか~?…もう一回探してきますね」
私 「はいはい~」
  (心の声・代われボケ!自分で探すわ!)

待たされること数分。別の事務員が私に気付く。

別の事務「…なんでした?」
私 「ああ、診断書頼んでまして」
別の事務「お名前は?」
私 「(りっさん)です。内科。あ、でも今、探してもらってるんで」
  (心の声・あんた動かんでええで。ややこしなるから)


この状況は、診断書上がってるかの電話確認した時にもあった。

回想。電話確認シーン。

私 「お願いしてた診断書、出来てます?」
事務「お名前は?」
私 「(りっさん)です」
事務「お待ちください」

保留音、数分。コールに切り替わる。

別の事務「大変お待たせしました」
私 「いえいえ。(あれ?さっきの声と違うな)」
別の事務「えっと、なんでした?」
私 「お願いしてた診断書が出来てるかの確認で…」
  (心の声・あ~もうこれ完全に、話ちぐはぐなってるわ)
別の事務「お名前は?」
私 「(りっさん)です。あ、でも今探してもらってるんで」
  (心の声・あんたが動いたらややこしなるから。もうええから)


私に、アクシデント的なものを呼び寄せる才能があるのかな?と思ったこともある。
会計伝票に付いてるはずの処方箋カードが発行されてないとかね。
精算に二時間かかって、さすがにキレて窓口行ったら伝票が上がってなかったとかね。
でも、私だけじゃないんですよ。もう、あちこちでそんなことやってる。

「確認します」
「お待ちください」
「申し訳ありません」


私ら、たまに行くだけやし別にええんですよ。
(イラついてないわけではないで)
でも、その時だけやからね。
もう今は血の気も引いてるし、若い頃ほど腹も立たんし。
(いや、全くイラついてないわけではないで)

何より言いたいのはね、
たまに行く私らよりもな、毎日そんな中で仕事してる自分らが嫌にならへんか~?って。
同じ客(患者)に入れ替わり立ち代わり「なんでした?」言うてるわけやからね。
ごっつ効率悪いやろ。

もうあれは、個人レベルの問題じゃないですね。
「あの人はボケやで」って話じゃない。
もう、体制というか、システム自体があかんのやろな。可哀相に。

現場が立ち上がれよ!そして自らを改革しろよ!

京都某総合病院事務局の皆さんへ   
スポンサーサイト
  1. 2006/11/15(水) 01:34:11|
  2. 闘病?ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ふりたい | ホーム | ブログでブロガーと呼ぶのなら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gobannome.blog80.fc2.com/tb.php/22-d57fdcf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。