どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

りっさん、転職を考える

さて。

昨夜、ある古い仲間から電話がかかってきて仕事の泣き言を聞かされました。
仲間っていうか、まあ元先輩なんですけどね。

元先輩が元後輩に仕事の泣き言を言うとか、
それは、その築かれた上下関係の下には永遠に無いと思うんですが、
先輩が私にそれをぶっちゃけてきたのは、
彼にとって私はもう「後輩」ではなく、いっぱしの「友人」に格上げされたのかな?とも思いました。

それと。

ぶっちゃけちょっと付き合ってたことがあるので(またそんなんかw)
なんかこうどこか私に気を許してるというか
「おまえやったらわかってくれるやろ?」的な部分も少しあったのかもしれません。




いつまでも 居ると思うな 元彼女。



あ、ちなみに私がよく言う元先輩(兄貴。笑いの師匠)ではないですから。
念のためそれだけは言うておきます。

どんつきマニアの読者さんたちが
「りっさんと今なお友人関係で付き合っている元先輩の方っていうと、例の笑いの師匠さんのこと?」
ってならはったら、
逆に、私が笑いの師匠である兄貴にそれはしばかれますので。

「いつ俺がおまえに仕事の泣き言を言うた?」

「っていうか、いつ俺がおまえとちょっと付き合ったことあった?」

と。



話戻って。


いや~。先輩、正直だいぶへこんではりましたね。

なんか、思うように結果が出せなくて他部署に異動させられるとかで。
「自分が干されたことが自分の中で整理できない。悔しい」と言うてはりました。
だから私は言うたんですよ。

私「だったら結果を出してこいよという某部長の声が逆に聞こえてくるんですけど(笑)てか、干されたって思うのは精神衛生上よくないので、頑張っても結果出せないようなところにずっと据え置かれているこのしんどさからやっと解放されると考えたらどうです?大体、干されたっていう言い方はその部署で仕事してる人に対して失礼じゃないですか。そんな気持ちでいるやつにこれから上に立たれる人らのほうが気の毒ですよ」
先輩「いや、決まったからにはそこで頑張ってやっていくよ。ただ、なんか自分の中で納得できひんねんな。取締役連中からはそこの部署のトップがおまえを欲しいと言うてるからって言われたけど、そんなん絶対嘘や。この部署で俺が必要やったらおまえら俺をここから手放さへんやろ?って」
私「それはしょうがないじゃないですか。だって先輩は上が求める結果を出せなかったわけでしょ?」
先輩「そうやで、その通りやで。俺は仕事も取れずに無駄な経費だけを使いました!すんませんでした!」
私「なんか開き直ってるしw」
先輩「そら開き直りたくもなるわ。あ~~~。俺もう今のこの会社に未練ないわー。この会社も仕事好きやったけどさ~~~。もうな、俺は資格取って全然別の仕事に転職したるねん」
私「何を20代半ばみたいなこと言うてるんですかw仕事しながら転職に有利な資格取るだけでも大変やのに、しかもそれ持ってるからってそんなおっさんをどこが一から雇ってくれますのん?」
先輩「そらおまえ、今までの職務経験を買われて、とか?」
私「えっ?結果出せへんかって異動させられる人が?」
先輩「やなこと言うな~おまえは…」
私「てか、私思うんですけど、今って新しい人材を育て上げる馬力のある会社って正直あんまりないと思うんですよ。だから、バイトでも出来るような仕事を新入社員にとりあえずはさせておいて、第一線の場所は前からいる人間をあっちやったりこっちやったりして、全体的に何とかしのいでる、みたいな」
先輩「あっちやったりこっちやったりなー。それはあるなー。…っていうか、なんかおまえ今日優しいな。こんなしょうもない話に付き合ってくれるって」
私「女はね、よそん家の旦那には優しいんですよ…」
先輩「おまえ(自分家の)旦那おらんやないけw」
私「そこできれいに落とすなよw」



ひとつだけちょっと思ったことは


私が元旦那の泣き言にこういうふうに付き合っていれば
うちの夫婦および家庭は、なんか崩壊しなかったのだろうか?



でも彼は私にはそういう仕事の泣き言的なことは一切言わなかったのでね。
そういうことは全部よそのお姉ちゃんに言うてはったんで…。
てか、私が嫁ではなく彼女やった頃にはちょっと言うてくる時もあったけど
嫁になってからは全然仕事の話(特に愚痴)をしなくなりましたね。

あ、そうか。だからか。
だから先輩も嫁ではなく私にそれを言うてきたのか、なるほど。
りっさんなんかごっつ納得。


あ、なんかこの部分だけ拾ってきて、の

「うちの旦那も嫁の私に仕事の泣き言を言わないんですが、よそのお姉ちゃんには言うてるんでしょうか?私たち夫婦もこのままいったらりっさん夫婦のように離婚することになるのでしょうか?」

みたいな質問相談は一切受け付けません。

要はあれなんですね、多分。
自分の嫁はんには言いたくない・聞かせたくない話もあるってことと、
自分の旦那じゃないからなんかさら~っと聞ける話もあるってこと。



話戻って。



先輩がいざ資格試験に挑んで転職をされるのかどうかはわかりません。
家族も持っておられることですし、それが具体的な話になると

嫁「それは…あなたのしたいようにしたらいいけど…」
息子「うん、父さんの好きにすればいいんじゃね?父さんの人生なんだしさ」
娘「私、さ来年大学受験なんだけど…。大学、受けていい?…んだよね?」
嫁「あなたの受験は…。…(夫に確認)大丈夫…よね?」
息子「大丈夫だよ、母さん。…ね?父さん。それに俺も某社に来年春の内定取れてるし、少しぐらいは、ね」
嫁「ありがとう。でもお兄ちゃんはそんなこと考えなくていいのよ。(夫に確認)…よね?」

みたいなことになったり、

嫁「ハア?資格取って転職?何言うてんの?あんたいくつ(何歳)よ?このご時世に他に仕事があると思ってんの?家のローンはどうすんの!」
息子「……。(携帯見てる)」
娘「あ、お兄ちゃん、なんかエッチなメール見てるぅ~」
息子「あほか、ちゃうわw見んな!」
娘「あー、お母さん、私夏休みハルカと沖縄行きたいねんか~てかもう行くねんか~。お金ちょうだいー」
嫁「ねえっ!ちょっと聞いてんのっ?う・ち・の・ローン・はっ!?」

みたいなことになるかもしれないし。

なんとなくですけど、
先輩は今の会社での仕事を定年まで続けはるんじゃないかなと私は思います。



ひとつだけ言いたいことは

先輩は決してうだつの上がらないダメダメタイプの人ではないんです。

逆にかなり仕事が出来るほうの人でしたし、今でもそうだと思いますし、
てか、彼がそんなダメダメタイプの人だったら、そもそも私はちょっとも付き合わないし
まして、今もなおの「友人付き合い」を、それはしてないと思うので。
そんな「かなり出来るほう」のその先輩でも、「やっぱきつい」ってなるって
それはもうそうとうのきつさなんだろうなと私は思いました。



話戻って。


転職なー。


「スイーツ(笑)」感覚で、昨今簡単に扱われている「転職(笑)」。
でも、職を変えるって本来は人生の一大事なことやと私は思うんですけどね。
その道を歩く、という言葉の「道」という漢字に「首」という部首が付けられているのは
文字通り、「首をかけてそこを歩いていく」ということが語源らしいですから。
「道」という漢字の成り立ちを説明するとまた話が長くなるので詳しくは言いませんが
機会があれば、いつかまた。
ヒントは、戦の時代、自分が確かに討ちのめした相手のその生首を斬って
それを手に持って(かけて)歩いたという由来・成り立ちから出来た恐ろしい漢字なんですね。
ヒントっていうか、だいたい全部言うてしもたけど。


話戻って。


転職なー。


今の私の場合は、
自分の体と相談しながらも、徹底して「生活のため」に仕事をしているので
「やりたい」か「やりたくないか」よりも、「稼げるか」「稼げないか」なので
世の中のいろんな事情によってそこで生活に必要な資金が稼げなくなったら、
それはシビアに、必要なだけ稼げるほうに行きますし、行ってます。
至極わかりやすい仕事の仕方をしています。

なので今の私が、なんかちょっとメンタル的な部分で
「もうここでこの仕事をやりたくない」
「もっと他の目新しい仕事がしたい」
という理由で転職を考えることは全くないのですが、
逆に、なんかいい機会なので、りっさんも自分の転職について考えてみることにしました。

ただ、りっさんは今、別の仕事に転職する気はさらさらないので、
バーチャル的にそれを考えてみる場所を探しました。

そしたら、こんなものが見つかった。


【職業バトン】(mixi発)

もしも、自分が○○だったら??ということを想定してやってみてください。


☆医者  気はきついが実は情に厚いタイプの婦長になんかいつも捕まって怒られる

☆看護師  深夜にナースコールが鳴ると「またおまえか」とか正直思ってしまう

☆栄養士  「まあ実際そんな神経質なこと言うてたら毎日ご飯作れないですけどね」とか言うてしまう

☆警察官  湾岸署の青島さんみたいなことして常に上司に迷惑をかける 

☆消防士  放水ホースの重さに耐えきれずに乱射していつまでたっても火が消えない

☆保育士  「すぐにう○こ・ち○こ系の笑いに走るな」とガチ説教して子どもに嫌われる

☆客室乗務員   客が全席酔っ払いのおっさんな場合に限り、うまいこと仕事ができる

☆パイロット  機械の言うことを真剣に信用せずに操縦して乱気流に巻き込まれ、機長に怒られる

☆新聞記者  「彼女の記事は長文すぎてなんかイライラする」と読者からのクレームが来る

☆教師  右翼思想を全開に出すので、クビになるか、良くても上司や同僚から完全に無視をされる

☆霊能力者   「子ども産むまではマジで見えたんです」と言い訳するも、詐欺罪でなんか告訴される

☆ウエディングプランナー  これから結婚する客に対して、離婚してる私が何を言うても説得力がない

☆役者  本番に弱いので台詞を噛みまくって共演者から怒られて嫌われる

☆歌手  「カラオケで歌がうまいって言われきたから勘違いをしたんだね」と、作曲家が残念な顔をする

☆スポーツ選手  昨夜自己練しないで酒飲んで寝たことが何故か監督にバレて怒られる

☆ツアーコンダクター  そもそもそんな旅行好きでもないのでおもしろそうなプランが全く組めない

☆弁護士  弁護する側のやつが悪かったら、裁判中に「ただ、自分も正直悪いわ」とか言ってしまう
 
☆通訳士  通訳に行き詰まると「おまえも少しは日本語で会話する努力もしろ」と逆に客側にキレてしまう

☆大工  類稀なる高所恐怖症のため、ずっと二階のベランダ作りの作業が終わらず親方に怒られる

☆デザイナー  「それ、前にどこかで見た気がする」と言われる程度のデザインしか生み出せない
    
☆芸術家  「いつかきっと誰かがわかってくれるよ」と誰もが言うけど、誰の目にも留まらないまま終わる

☆バーガーショップ店員  携帯いじりながら注文する客に毎日毎時間ストレスを感じて多分病気になる



なんか、 

 「ほらね~?だから言ったじゃないのw」 

みたいな結果がたくさん出ました。

ちょっとバーチャルで考えただけでもこれだけのことが出ました。

ありがとうございました。



りっさんは明日も朝からまた声張って熱く仕事をやっていく。
だから、先輩も、そしてどんつき読者の中でちょっと仕事嫌になってるおまえらも、
明日の朝は、なんかしまりのない憂鬱そうな顔で出勤したり、だるそうに挨拶とかすんな。


これは約束ではなく決定事項、やからね。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/08(水) 01:59:26|
  2. どんつき(もの)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。