どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

巡り会えたあなた。

さて。

私は先の記事で「私は人に怒らないよ」的なことを書きました。
いや、怒らないわけじゃないんですけどね、基本的にイラチですし。
ていうか、このどんつきの70%ぐらいは

「アホ」 「ボケ」 「カス」 

で、出来ているので、そんなどんつきを書いているりっさんが

「怒っちゃだめ」

とか、なんか欽ちゃん(萩本欽一師匠)風なことを言うつもりもないんですが。
っていうより、兄貴からの質問にも答えたように
「人に怒らない・人に心底怒れない」っていうのは、
言うたら私の抱えるコンプレックス的な要素でもありますしね。
「実は、全く人に興味がないんだろうと自分でも思う」。
人に対して心底怒れる人は、同じように、人が言うことに心底感動もできる人やと思います。


まあそんなりっさんを本気で怒り狂わせることが出来る人がこの世の中に一人だけいます。

彼氏さん。 です。

本人にとっては残念なお知らせでしかないと思うのですが。


私と彼氏さんは滅多に喧嘩をしません。
なんかこう、喧嘩にならないようにお互いがうまいこと切り盛りしてるとかではなくて
何らかの諍いや小競り合いの火種になることがそもそもないんですよね。
いや、彼氏さん側はどうか知らないですけど。
なんかあっても耐えてはるんかもしれないですけど、少なくとも私には滅多にないんですよ。

彼氏さんと喧嘩をするのはだいたい半年か一年に一回ぐらいです。
こないだ、その「喧嘩デー」がなんかきました。


今月の某日にチビの保育園の夏祭りがあるんですよ。
で、保護者会役員の私もそれに向けて
金曜の夜はもう毎週毎晩役員会ぐらいの感じで準備を進めてきたわけですが
そんな中、6月末をもって園長先生が突然の辞任をされたわけですよ。
その発表があった時、うちはちょうどチビが水ぼうそうで休んでたんですが
子どもは休んでてお便りを持ち帰れなくても私の元にはそれが役員連絡網で廻ってきて、
「保護者会としてもなんか送別会的なことをせなあかんのちゃうか」
ってことになったようで
急遽、翌週、「園長先生を送る会」をやることになって
その企画準備やら卒園生への連絡やらなんやを夏祭り準備と並行してやることになり

「っていうか園長も辞めるなら辞めるで空気読め感じろ」

的な苛立ちもあったんですが、
実は昨年度末での退職願いを出してはったんやけど
後任の人が決まらないのでなんとか今まで頑張ってくれてはったらしく。

そんな感じでとある金曜夜、

仕事終わって一旦家に帰り、いちごを連れて6時に園に駆けつける
(昼間なら留守番させとくんですが夜でしかも何時に全部終わるかわからんので)

園でチビと合流&8時まで園長先生を送る会

8時から夏祭りの役員会、終了未定

というスケジュールを晩飯も食わず食わせずやらなあかんことになり
遠距離時代からと同様に毎週末金曜の夜には彼氏さんが来るのですが
その日はもうどう考えても余裕がなく、
家帰ってからもバタバタになることが目に見えていたので

「今週金曜は会うのやめたい」

と私は希望したんですね。

彼「じゃあ手が空いたら連絡して。待ってるから」
私「いや、待たせてると思うと焦るから、会うの自体をやめたい」
彼「それでも会いたい」
私「……わかった。手が空いたらまた連絡する」

男前な私はなんとか頑張って必死のパッチで課題の全てを処理して彼氏さんを迎えた。
にもかかわらず彼は来るなり

「某掲示板サイトの大喜利がやりたい」

とのたまい、終始携帯に夢中だったので私は内心ごっつキレた。


「じゃあ来んな!家で一人でやってろや!!!」


なんか、こう、

「彼が私のことを見てくれないし、私にかまってもくれないの><」

的な怒りじゃなくてね。
それはもう人間同士の付き合いとしての根本的な話で、というか、私にしたら、
「今日は会わんとこうって私は言うたにも関わらず君が会いたいっていうから私は時間割いたのにも関わらず何その来た君の今のその態度は?」
と思ってね、もうホンマ、全く理解できなかったんですよ。

逆に、これがもし、
私が、会うのを躊躇する人のもとに自分から「それでも会いたい」と強引に訪れて
で、行ったらその人がずっと自分の好きなことして遊んでるとかやったら別にいいんですよ。
相手の都合考えずに、好きで勝手に強引に来たのは自分のほうなので、
それはそうであっても全くいいんですよ。


だが、 志村逆。 


でも私は怒らなかった。


次の日は近所の商店街の夏祭りだったので
いちごとチビといちごの友達のサナとその妹のリナを連れてお祭りに行きました。
地元商店街のお祭りなんで価格も良心的で新鮮な食べ物屋台の品揃えも豊富で
子ども向けのゲームもなんか調子乗った感じではなく庶民の感覚にマッチしていて
それはそれは楽しいお祭りだった。
私は鮮魚屋の出店で1本200円の鮎の塩焼きを見て今ごっつ食べたかったけど
自分だけ食べるのもあれかと思って彼氏さんの分も買って帰った。

そうして帰った時、彼は何をしていたかというと「体がだるい」とか言うて
昼間となんら変わらない体勢でずっと寝ていた。


「体がだるい?んなもん知るか!!!」


だが私はそれでも怒らなかった。

朝から何も飲まず食わずでずっと寝ていた彼がのっそりと起きてきて
私のお土産の鮎の塩焼きを美味そうに食うのを黙って横目で見ていた。



ここでひとつだけ言いたいのは、

「彼が旦那さんなら、それもまま有り」

なんです。私はね。


「我が家」という共有スペースで、相方が「個人的に」どう過ごすことがあってもそれはかまわないし
そもそも、社会=オフィシャルスペース、家=プライベートスペース、なんですから
家で自分の趣味にひたすら没頭しようが、なんかだらだらしてようがそれは別に全然かまへんのですよ。
もちろん、オフィシャルスペースで頑張ってないやつにはそれは許しませんけど。


話戻って。


私は、楽しかったお祭りの余韻が覚めやらぬ子どもらを寝かせた後、
(鮎の塩焼きを食ってから)また眠ったらしい彼氏さんの姿に直面して、私はついにキレた。



私「あのさー。ちょっと離れたい。てか顔が見えへんとこに行ってくれへん?子ども部屋行って寝るか、自分もう帰る?てか帰れば?」



今寝てる、てかずっと寝てた相手に対して、
自分が昨日から積もり積もってる怒りマックスをいきなり全部ぶつけるのもアレなので
私は私の伝えたいことだけを冷静に手短にわかりやすく伝えたつもりなのだが
多分なんか私はなんかそうとう恐ろしい顔をしてたんだと思います。
「目は口ほどに物を言う」の真骨頂を魅せたんだと思います。

突然叩き起こされた彼氏さんは私の声とそれを発した顔を確認するなり、
それはもう光の速さで帰り仕度をして帰って行った。

若干、てか完全に彼氏さんを追い出した私はというと、

「ここで怒っていいのか?怒っていいんよな?」

と思って、誰かに今すぐそれを確認したくなり、
「善と悪」「強さと弱さ」「真面目といいかげん」「愛、そして、性」などを、
なんかとてもいいバランスで兼ね備えている大分のツレに


「よーよーおっさん。今、電話できる?」


と半ば脅迫的なメールをして、
「なんやねんもうー」とツレがかけてきた(推測)、その電話で小一時間しゃべった。


おっさん…いや、そのツレは

「彼氏くんはりちにも会いたかったし、ネットもしたかったんやろな」とか
「好きでもなんかようわからんとこがあるからこそ、付き合ってておもろいんやないか?」とか
「まあ俺は自分の楽しみを邪魔されたくないからそういう時は女には会いに行かんけどwww」とか
「てか、なあ俺仕事中なんやけど、ってこれ30分前にも言うたよな?w」とか
なんかそんな色んなことを言いながら
「でもまあ仲直りすると思うわ、おまえらは」とか言って電話を切ったが、
私にはこの喧嘩解決の糸口が全く見えなかった。

何故ならば、もし彼氏さんが

「会いたいって言うて無理から行ったけどネットで遊びたくなったから遊んでた。それのどこがあかんの?」

っていう、今時の…というと御幣があるが
「二人で飯食ってんのにお互い向かい合わせで携帯いじってても普通」みたいな
いわゆる、目の前にいる相手を上回る娯楽(携帯・ネット)に親しみまくりな
今時のなんかそういう若者的考え方を持ってるなら
そういう世界観の違いっていうのはもう埋めようがないことだと私は思ったので
「なんでりちがそんなに怒ってるのかわからない」と彼が思うなら、なんかもう彼とは
恋愛に関係なく、そもそも人間的な付き合いとしてなんかこの人とは無理になるだろうと思った。


後日、彼氏さんから

「ごめん。ほんとに失礼なことをしたと思う。あれはなかったと思う。同じことを俺がされたら俺も怒ると思う。ほんっとにごめん!!!」

と、北の将軍様にも逆に見習ってほしいほどの全面的な降伏と謝罪があったので、
私は、
「ああ、彼が私と根本的な部分で同じ考え方の人でよかった」
と思い、さらに、
「会って、ちゃんと謝りたい」
という彼氏さんと会って話して、
「何を言っても言い訳になっちゃうんだけど、きっと何かに没頭したかったんだよね…」
と、言って打ち明けてきた悩み不安や自分の思う将来への考えなどの話を聞いて
それについて私は私の思う意見を述べ、なんか私たちは仲直りをしたのでした。


てか、よくよく考えてみると大よそ半年か一年に一回喧嘩?する時は
毎度こういうパターンです。

私が人間付き合い的なことでなんかキレる。→彼氏さん、人間的に真摯に謝る。

果たしてこれを、「恋人同士の喧嘩」というのだろうか?
もっとなんかこう、

「メールが少ない><」 「もっと電話して><」

とか言うて怒ったほうがいいのか?

でもそんなことでは私は怒らないし、そんなん言い出したら私の立場のほうが逆に危うくなります。


私はイラチですけど滅多なことでは怒りません。
ただ、彼氏さんはどうも別みたいです。
なんか真剣に怒ってまうんですよ、彼氏さんだけには。
彼の考えてることがわからないとイライラするし、私の考えが伝わらないとイライラするんです。
彼氏さんにとっては非常に悲しいお知らせだと思いますが、私にとっては巡りあえた人です。
彼氏さんの心中を、なんかお察し致します。


ご静聴ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/17(金) 01:50:35|
  2. 恋だの愛だの何だの、ネタ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。