どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

選挙を語る

さて。

このところなんか一気に選挙っぽくなってきましたね。
テレビものりピー事件一色ではなくなってきましたしね。
そうそう、今日、京都に小泉さんが来てましたよ。しかも近所に。

店でみんなに一通りその話振ったんですけど、全然手応えなかったですね~。
「今日夕方小泉さん来るでしょ」言うたら、
全員が全員、第一声で

「小泉さんって誰?」 言うてた。


私「誰って小泉さん言うたら小泉さんですやんか。元総理大臣の小泉純一郎さん。つーか、小泉さんって言うてわかる小泉さんで小泉さんよりメジャーな小泉さんって他にいないでしょ?誰かいます?」
先輩「そやな~。…あっ、小泉今日子!」
私「いや、あれはキョンキョンじゃないですか。小泉今日子は小泉さんじゃないじゃないですか。確かに小泉さんやけどあの人は小泉さんとちゃいますやんか。小泉今日子は小泉さんじゃないでしょ?」
先輩「うん、小泉今日子は小泉さんじゃないわ。じゃあやっぱ小泉さんは小泉さんしかいいひんやん」
私「だからそれをさっきから私が言うてるんですやんか!w」


ひとつだけ言いたいことは

漫才か。

しかも、言うとくけどこの会話、ネタ合わせ一切無しでこれやからね。
逆におそろしい職場ですよ。ボケッとしてたらホンマ行かれますよ。


話戻って、小泉さん来京。

まあこの時期やからみなまで言わんでもわかるでしょうけど
自民党の候補者の応援演説に来てはったわけですが
ちょうど時間帯的に&場所的にチビの保育園のお迎えの帰りに被ったんで
ちょっとナマ純ちゃんを見て帰ろうと思ってたんですが
チャリの後ろに子ども乗せた状態でふらっと行って立ち止まれるような話ではなかったですね。
もうね、えらい人でした。どこから湧いてきてん言うぐらい人が湧いてた。
みんなして行くから混雑になるのは当然の原理なんですけど、ホンマえらい人だかりでした。
おかげでナマ純ちゃんの白髪の後頭部しか見えませんでした。
あの光景だけ見たら自民党の支持率低迷とか嘘ちゃうかと思うぐらいでしたしね。
まあ最もあの集約数がそのまま投票に繋がるのかは謎ですけど。
あれ、完全に小泉純一郎ちょっと見たいだけで行ってる人がほとんどやで。
まあ私もそのつもりでしたけどね。
多分みんな話とかあんま聞いてへんで、写真撮ってるやつとかおったもん。

「政治の話あんまようわからへんしなー」
とか、いつまでもそんなん言うてるのもそろそろ恥ずかしい歳になってきましたけど
まあぶっちゃけ政治家さんらが何やってはんのかようわからんのですよ。
ただ、小泉純一郎さんのことは以前からなんか好きなんですよ。
今日、京都に来はって後頭部を見たからと違いますよ?
そんなミーハー的なものと違って、それこそ首相やった頃からなんか好きやったんですよ。
この人はリーダータイプやなあ、引っ張っていくタイプやなあって、なんかそう思って。
「私に力を貸してください」っていうよりも「俺についてこい」っていう人やろなあって。

こんなん言うたらあれかもわからんけど
私が思うのは、結局どこの誰がやっても一緒なんちゃうかなあって思うんですよ。
それは諦め的な感じじゃなくてね、逆に前向きな話で。

例えば、選挙で自分が誰かを選ぶとするじゃないですか。
でね、自分が選んだ人が見事当選したとしますよ。
そしたらもうこれで安泰って、なんかちょっとそう思ってへんか?って私は思うんですよ。
逆にそこからがスタートじゃないですか。
自分がこの人を信じる・この人に任せると決めてその人に投票したんやったら
それは信じ通さないと、それこそ時には「痛みに耐えて」でも任し通さないと
それこそ国民総出で選挙をする意味がないじゃないですか。
それを、何?
なんかちょっとあかんとこあったら「こいつらダメやわ」ってすぐ気持ちがグラついたりして
逆に言いたいのは、「そんな信念でそいつらに投票したおまえもダメなんやで」って。

だからね、そんな感じで選挙する側が投票するんやったら、
結局誰がやっても一緒やと私は思うんですよ。
だってな、リーダーのこと本気で信じてへん組織で一体何が出来るの?


「じゃありっさんに聞きたいのは、自分の選んだ人が当選しなかった場合はどうしたらいいの?」


そんなもん、答えはひとつですよ。


「負けを認めて、リーダーのやり方に協力すること」


それが出来ないならまたこれ、選挙する意味がないっていう話になりますからね。
りっさんの言いたいこと、なんかわかります?

私にしたら、支持率が日によって変動すること自体が逆にわかりませんからね。
あ、今はいいと思いますよ。選挙前ですから。各々存分に考えたらいいと思うんですよ。
でも、難しい言葉でどう言うんかわからんけど、
「普通に内閣運営中」にね、与党の支持率が日に日に変動する意味がわからないんですよ。
選挙で多数の支持を得て当選した党が政治をやってる中で支持率がどんどん下がるっておかしいやろ。
そこのそいつを信じる任せると決めて投票した大多数もしくは過半数以上の人らは今どこにいるの?と。
少なくとも、そいつを選んだやつは任期終わるまでは信じて協力したれよ。
だって自分らが選んだんやないか。
逆に選んだらそれで終わりか。あとはなんとかしてくれるやろ、ってか。
ほんで、なんかちょっとでも粗相があったらすぐに逆ギレか。
「この辱めをどうしてくれるの!?」とか、なんかそんなん言うのかと。



ヘソ噛んで死ね。



話戻って、小泉さん。

てか、今回の選挙、小泉さん関係ないんですけどね。
それでも京都の候補者の応援演説に引っ張り出されるってこれはもうカリスマ性でしょう。
あ、関係ないこともないか。息子が出馬してるか。

ただ、どっちか言うたら私は俳優のほうの息子をマークしてますね。
堤真一フェチの私の目をいちいち奪うのが、唯一、小泉孝太郎くんですからね。
もう完璧やろ。孝太郎くんはなんかもう完璧やろ。
そらDHCの男性化粧品専属モデルにも抜擢されますよ、それはね。


私が皆さんにお伝えしたいことは、 可能性 なんですよ。


生きてる限り、それは決してゼロではないからね。


例えば。


魚が海から陸に上がって人になったといわれる出来事のように、
私が小泉純一郎氏をいつか「お義父さん」と呼ぶ日が来ることも、
生きてる限り、それは決してゼロではないからね。



ヘソ噛んで死ね。



話戻って、小泉さん。


いやもう逆に戻らなくてもいいんですけど。
小泉さんに何回戻っても、そんな大して引き出しも無いですしね。うん、戻らんとこか。



こないだね、某党の某候補者の選挙カーに朝から出くわしたんですよ。

選挙カー言うてもウグイス嬢もおらへんし全然まだ本意気ではないみたいな、
軽自動車でむさくるしいおっさんが運転してて、本人が助手席でマイク持ってしゃべってるみたいな
逆に言うたら「本戦の予行演習」的なそのカーにね、出くわしたんですよ。

私はチビをチャリの後ろに乗せて保育園に向けて上り坂を走ってる最中で
すれ違う瞬間、確実に目が合ってしまったんですよね、その本人と。
なんかもう速攻でそのことを使われましたよ。

「共働きで、朝早くから自転車で子どもを保育園に送り迎えする、若いお母さんお父さんたち。この国を作るのはそんな若い世代なんです!そんな若い人たちの力に私はなりたい!」


力説してるとこ申し訳ないけど感動も感激も全くしなかったですね。
「飛んで火に入る道具にされた」としか思わなかったですしね。
選挙戦を戦ってはる候補者の人ら、あれだけは気をつけたほうがいいですよ。
「出会い頭で見かけたやつをなんかすぐさまいいように使う」っていうのは。
そちらのテンションとこちらのテンションは、一致してないことが多いですからね。
機嫌悪かったり体調悪かったりしたらマジでカチンとくることもありますからね。
なんか腹立つわ~こいつにだけは絶対入れへん、ともなりかねないですし。
いや、それを見かけた時の気持ちはホンマかもしれんけどね、
逆にそのおたくの気持ちがホンマなんやったらね、
マイク切って直接しゃべれや、今この距離なんやからさ、って話ですから。それは。


全然関係ないけど、
街宣カーといえば昔子どもの頃、あれ、確か小学校低学年ぐらいやったかなー?
車体に日本国の旗をペインティングして独特のBGMを鳴らしながら走る大きな黒い車を
ツレとみんなしてチャリで追いかけて行って、引きとめたことがありますね。
「おっちゃーん!何してんのー!」 って。
あの独特の、バカでかい音量のBGMに負けない声をみんなで張り上げてね。
なんかもう子どもは怖いもの知らずですよ。
カーを運転してた丸刈りの強面のおっちゃんが、車停めて真剣に答えてくれましたね。

「おっちゃんか?おっちゃんはなー……」


「教えてるねん」






てか、全然選挙を語ってないですね。いや、ちょっとは語ったかな?
スポンサーサイト
  1. 2009/08/19(水) 01:59:44|
  2. どんつき(時事とか)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。