どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大好きな街並みの中で

さて。

いつもながらチビが驚異の回復力を見せ、今日から園に復帰しました。
よって私は婦人科に行くことができました。
諸々の検査結果が出るまでに2~3週間かかるということですが
エコーで見てもとりあえず筋腫とかは見当たらないらしく
薬で一旦強制的に出血を止めて、周期を立て直すだか言うて薬を出された。
「飲み始めて2~3日で出血は止まると思いますがきっちり10日間飲みきってください。ちょっとつらいかもしれないけど頑張って飲み続けてください。どうしても我慢できなかったら受診してください」
と言われて渡された処方箋を見たら、ちょーおまえこれホルモン剤じゃねーかよ。
夕飯の後早速1錠飲んでみたのですが、乗り物酔いがします。
家で座ってるだけなのに。乗り物どころか時代にすら乗ってないのに。
なんかまあそんな感じですけど元気でっせ!
「親子揃って大丈夫なんかよ?」とメールをくれたツレがいたので、一応ご報告。


さて。

チビがインフルエンザでもなく昨日の昼には熱もすっかり下がったので
先週から約束していたバイトの後輩のYくんが昨夜ご飯食べ&飲みに来ました。
メインの内容だったYくんの話を聞いて、思うことを言い合って
「まあもうそれはいいんですけどねー」ってことになって
そしたらなんか私からも話題を振ろうかなと思って
「実は今彼氏くんと喧嘩中やねん。つーか私が一方的に怒っただけねんけどさー」
と、こないだの喧嘩ネタをさらっとした。

Yくん「あーでも確かにそれはイラッとくるかもなー」
私「やろ?しかも初対面や。こっちがバツイチ子持ちのシングルマザーってのもさんざん聞いてるやろし、なんか生活すさまじいんやろなとか家の中ぐちゃぐちゃちゃうん?とか少なからず思てるやろって」
Yくん「イメージとしてあるかもね」
私「そんなとこに来ておまえほんまに家めちゃくちゃやったら引くって。わー思うって。しかもええ歳して彼氏の友達来るのに化粧もしてへんってなんか大丈夫なん?ほんまにこれでええの?って友達にしたら思うって」
Yくん「あーなんかわかるわー。…ほんでいつから会うてないの?」
私「え~~~。二週間ぐらい?」
Yくん「ええっっマジで?w」
私「うん。ちょいちょい連絡くれるし返事はするけど私の気乗りがしないので…」
Yくん「付き合ってどのくらいやっけ?」
私「今年で三年目?」
Yくん「三年も付き合っててそんな理由で別れたらあかんで!もったいないって!」
私「もったいないってなんやねんw」
Yくん「だって三年やろ?三年。今まで三年も付き合ったことある?」
私「ないよ」
Yくん「やろ?そやのにそんなことで別れるとかアホらしいやん!アホくさー!それはりちさんが折れたげるべきやわ!K兄(彼氏さん)にしたら、そんなに怒ることかなあ…?って思ってるって!僕がK兄の立場やったら絶対そう思うわ~!」

っていうかおまえ最初ちょっとこっち寄りやったのになんで寝返ってんねんw

まあでもそうかもなーとも思った。
このまま会わへんかったらそれはなんとなく終息に向かっていくやろうし
嫌いになって別れるとかでなく、なんかそんなんは確かにアホらしいんかもしれない。
ただねえ、ちょっと心境が変化してきてはいるんですよ。


こないだの日曜、チビの保育園の親子レクレーションの現地下見に行ったんですよ。
現・保護者会役員仲間で下の弟の昔の元カノのミワちゃんと、両家の子どもらも連れてね。

東映太秦映画村 へ。

チャリで行けるぐらいの近所に住んでいながら、私は映画村に行くのは初めてだったんです。
若い頃、映画村の前の居酒屋ではしょっちゅう飲んでたんですけど
映画村自体にはかつて一度も行ったことがなかった。
そもそも遊園地的なとことかあんまり興味ないしね。
でも映画村はいつか行ってもいいなあ、行きたいなあと思っていた。
ジェットコースター乗ったりしてはしゃぐ系のとこは好きではないけど
なんかチンタラ見て回るようなとこはわりと好きなんですよ、水族館とか。
しかも映画村ってそもそも撮影所ですから、平日とかほんまに時代劇撮ったりしてはるし
そういうジャンルが好きな私はセットとかちょっと見たかったんですよね。
それやったら早よ行っとけよwっていう話なんですが
近いねんから、まあ行こうと思ったらいつでも行けるわ~的なものもあって。

入る時にもらったパンフレットを見たら、あるじゃないですか。
「寺田屋」「近江屋」「池田屋」「新選組の屯所」。
ぶっちゃけテンション上がってしまったが今日はレクの下見で来ているので
とりあえず考えてるコース通りざっと順番に見て回った。
芝居小屋で、劇団が忍者ショーとかやってましたね。
なんか殺陣とかアクションが熱い!ばっかりのショーなんかと思ってたら
…これ、まだ上演中なんであんま書いたらネタバレになるけど座長さんが芸達者でね。
途中、綾小路きみまろを彷彿させるトークでおばちゃん客をイジったりしてて大笑いしました。

「実は私、幕末ノイ○ーゼの坂本龍馬キ○ガイやねん」とミワちゃんに言うたら
「じゃあ子どもら連れて南京玉すだれでも見てるから、色々ゆっくり見てきていいよ」と言うので
「えーマジで!ほな行ってくるっ!」と言って私は速攻でまず「寺田屋」と「近江屋」に走った。
「吉原通り」から「長屋」を抜けて「宿場町」を歩き、「め組の家」や「試衛館」を発見し
いちいち細かいとこまで作りこまれてたりして、道端に座り込んで観察しながら
「なあ見て!これ凄いで!」と、振り返って声をかけそうになって我に返った。
私、今誰に声かけようとした?多分それは彼氏さんにだな、と自分でわかった。
彼氏さんは特に江戸時代や幕末時代に関心があるわけでなく
私が幕末ノイ○ーゼ仲間とマニアックに盛り上がりだすと若干居眠りしているぐらいだ。
でも、それを知っていても私はやっぱり、自分がなんか感動したり高揚したりすると
「Kちゃん、見て!聞いて!」と彼にお知らせしたくなるのだ、そうなんだ。
そして彼は、自分がさほど興味のないことでも私が嬉しそうな顔をして報告すると
「凄いねえ~!よかったね!」と一緒になって喜んでくれるのだ。彼はなんか、そういう人なのだ。

その日はめちゃめちゃ暑い日だったので、ミワちゃんと私はどちらからともなく
「ちょっと一杯だけ飲まねえ?」と言って仲見世でアイスを食っている子どもらの横で生ビールを飲んだ。
店の前のテーブルセットで飲んでるおっちゃんらにちょっと笑われたが、逆に
「子ども連れた母親がビールなんか飲んでるんじゃないっ!」とか怒られなくて良かった。
帰ってから彼氏さんに「今度は一緒に映画村に行こうな」とメールしようかと思ったができなかった。
なんか意地張ってるとかではなく、単純にこっ恥ずかしくてできなかったんですよ、それは。
だってなんぼそう思っても喧嘩中にそんなメールとかせえへんやろ?……するのか?

逆に私はホルモン剤でなく恋愛細胞増強剤ぐらい飲むべきなんかもしれない。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/11(金) 00:06:49|
  2. 恋だの愛だの何だの、ネタ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。