どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

重罪≧軽罪@浮気

さて。

一ヶ月以上続いていた出血がものの丸一日でピタッと止まりました。
いや~えらいもんですね、薬って。こうなると逆に恐ろしいですけどね。
それと共に、めまい吐き気等等の副作用も治まりました。
こう見えてりっさんも生物学的には女性ですので、
まあ元々は体内で分泌されるはずのものですから順応も早かったんかもしれませんが
男性から女性になる人はなんかもっとしんどいんだろうなあと思いました。


さて。

先の記事 「しょ~~~もない言い訳」 を読んだツレからこんな電子お手紙(メール)をいただきました。

「(前文割愛)体の浮気と心の浮気はどっちが罪が重いんやろ?恋愛黒帯師範代のりっさんはどう思う?」


う~ん。これは非常~~~に難しい質問ですね。

だが、その質問に答える前に私がひとつだけ言いたいことは

そんな免状を持っていたら、私は離婚なんぞしていないだろう(爆)


よって、「これがズバリ答えです」とはよう言わんのですが
その質問について私は私の考えを述べさせていただきました。


「どっちが罪が重いかは、自分や誰かが決めたり一般的に決められるものじゃなくて、相手が決めることやと思う」


例えば。

以下に挙げる事柄について、それを彼氏彼女旦那嫁がしたとして、
さてどこまでなら、または、どの事柄については許せるか、或いは絶対許せないか。

① 異性を心の中で密かに好きだと思う
② 異性とメール・電話をする
③ 異性と二人で食事に行く
④ 異性と二人で飲みに行く
⑤ 異性と体の関係を持つ
⑥ キャバクラやホストクラブに行く
⑦ ヘルスやソープに行く

細かく挙げるときりがないので、
概ね「浮気」或いは「浮気未遂」とされそうな事柄を絞らせていただきました。
あ、話がかなりややこしくなるので今回は同性愛的なものはちょっと省きますよ。

A子さん「①については微妙やけど、⑤と⑦以外ならまあOKかな」
B子さん「⑥と⑦は、なんかいや」
C男さん「①は勘弁してほしい。それなら⑤のほうがまだ修復できそうな気がする…」
D男さん「①~⑦まで全部許せない!!!」

↑ ↑ ↑

っていう、この相方の意見こそが、今のあなたが裁かれる罪の重さに対する答え、なわけです。
もちろん、相手が代わればそのお裁きの沙汰も代わってくることでしょう。
ですから、何が一番あかんかというのは、
逆にあなたのパートナーにしか決められないことなんです。

ちなみに、「うちの相方は全部OKやけど仲は円満ですよ」っていう人。
それ、相手から絶大なる信頼をされてるんと違いますからあまり調子に乗らないように。
多分、相方さんがあなたに実はそんないうほど興味ないか、
または、それらをマイナスしてもまだトータルではプラスに転がってるからOKとされてるだけで
あなたのプラスとなっているその魅力や要素が欠落した途端、完全に放流されますから、
トータルで見てマイナス評価が下らないように、なんか頑張り続けてください。


話戻って。


「体の浮気と心の浮気、どっちの罪が重いか?」


これはね~。ほんま、その人個人の信条や生理的に無理!みたいなものもあるので、
第三者がその罪について裁くことは、これほんまできないんですよね。
そら、ネタとしては「自分最悪やなwww鬼畜やなwww」とか私もツッコみますけど
その人の相方がそれをOKとしてるなら、それは実際の罪にはならないわけで。
天下の警察でも、浮気の揉め事には「民事不介入」言うてくると思いますよ。

あ、あと、

⑧ バレなかったら何してもいい

という人もわりといるにはいますのでね。
相方がそう言うてはることに対して、
「自分もバレないように努力してやってる」なら、なんかそれでいいと思うし。
ん?何?
「陰で相手がそんなことしてるのを知らずに、騙されてる相方さんがかわいそう?」って?

いや、それは逆に相手がそう望んでるんやから。
「バレなかったら何をしてもいいよ」って、
相方本人さんがそう言うてはるんやからそれはかわいそうとは違う。



私をなんかちょっと「悪党の味方」みたいに思ってるやつもおるかもわからんが
本当の意味での「正義の味方」は、逆に私みたいなやつですよ、自分で言いますけど。
「バレへんかったらいい」で成り立ってる関係で外野がそれをバラすのは間違った正義ですから。
そのことで一番傷つくのは逆に誰かということをよく考えたら、今本当の正義が何なのはわかるはずだ。

逆にそこでなんかバラしてまうようなやつは
「体の浮気と心の浮気はどっちが罪が重いんやろ?」
っていうツレからの質問にも、なんか即座に答えられるんかもしれないですけどね、それは。


また話戻って。


浮気の罪の比重は相手が決めることだと私は思います。
何が許せないか、何が一番の罪になるか?は個人の考えや生理的に~とかもあると思います。
そしてちょっとは「相手が持っている不満や不安の箇所」も関係してくるんじゃないかと私は思う。

例えば、相手が、
「自分とはセックスレスなのにこいつはよそではやってる」と腹も立つやろうし
「自分とはろくに会話もないのにこいつはよそで軽快なトークや心の内まで晒してる」と腹も立つやろうし
「自分には何のプレゼントもくれないのにこいつは金使って風俗店に行ってる」と腹も立つやろうし
「自分は異性間交流をセーブしてるのにこいつは楽しげに異性間交流してる」と腹も立つやろうし
自分が愛されてないと思っていれば「こいつの心に想い人がいること」に腹も立つやろうし
なんかそんな、相手の「自分本位な感情での怒り」的な部分もあると思いますしね。

そんなこんなで。

「浮気の中で何が一番の重罪か?」は他人はおろか本人ですら決められることではないと私は思う。
それは全て、完全に相手が決めることですから、
自分が働きそうな・或いは働いている罪の、さてその重さについて、
自分で自分を裁いてみたところで、それは(相方の)判決とは一致しないと私は思いますし。

逆に言うと、「お呼びでない」のに自分の浮気の罪を自分で勝手に裁いてしまうタイプの人は、
心が浮つきそうなことには逆にもう全面回避していったほうがいいかもしれんと私は思いますね。
何故なら、自分で自分の罪を裁きだすと、それはもう頭が病気になっていくから。




余談ですが。
私が過去に遊んだり付き合ったりしていた妻帯者の人々はこぞってこう言っていた。

「浮気してるっていう罪の意識があるから、嫁にも優しくもできる」

その考え方が全くわからない人は、逆に、どんな「浮気」もしないほうがいいと私は思います。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/12(土) 23:44:30|
  2. 恋だの愛だの何だの、ネタ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。