どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シバいたったらええねん!

さて。

今日は休みなので普段の朝みたいに慌しくなく、わりとのんびりチビの登園を済ませた。
帰り、ふと母校である中学のグランドを眺めてみたくなって遠回りして寄ったら
おったおった、りっさんの後輩どもである、母校の現役の中学生たちが。
なんかみんな体操服着て、先頭のやつがでかい旗持って行進の練習をしてました。
「そっかー。体育祭の練習かー。なつかしいなあ」と思いつつ、私はかなり驚きました。
なんかごっつちゃんとしてるんです。ち~ゃんと整列してきびきびと行進してるんです。

そして一番びっくりしたんは先生の怒鳴り声が全くしないんです。
まあ、子どもらみんなちゃ~んとしてるんで怒ることも全くないんやろけど
なんか、変われば変わるもんやなあと感心しました。

うちらの頃はなんかもうほんまにひどかったんですよ。
何もうちの中学に限ったことちゃうけどどこの学校もけっこう荒れてた。
ビーバップ・ハイスクール全盛期でしたからね。
あと、こないだツレがブログに書いてて思い出したけど「ホットロード」(漫画)とかね。
いわゆるもうヤンチャ、ヤンキーがかっちょいい(カッコイイ)とされる時代でしたから。

普段の授業でも一旦騒ぎ出したら止まらへんのに
グランドで全学年集まって体育祭の練習するとかもう収拾つかない。
子どもって「いつもと違う感」とかが嬉しくてはしゃぎますからね。
整列はせえへんわベラベラくっちゃべってるわよそのクラスに紛れこんで遊んでるわ脱走するわ。

体育の、「中ババ」って呼んでた気性の荒いオバハン先生がいてね。
体育祭の練習の時はもういっつも中ババが拡声器のマイクで怒鳴り散らしてた。

「並べっちゅうてんのが聞こえへんのかー!!!ほらそこっ!しゃべるなっ!!!コラーッ!あんたらどこ行くんや!!!まだ授業中です!列に戻りなさいっ!!コラーーーッ!!!列に戻れーっ!!!」

男の先生らも走り回って、言うこと聞かん生徒ひっ捕まえて引きずって怒りまくってたしね。
あ、そうそう体育祭の練習シーズンになると近所からよう陳情が来たらしいです。
「子どもを叱る先生のマイクの音をもう少し下げてほしい。テレビの音が聞こえない」とwww

いや、笑いごとちゃうけどほんまそんなんやったんですよ。
今のその子らの練習風景にはほんまびっくりした。
「良うなった」とはツレや近所の人から聞いてたけど、ほんまびっくりした。

逆に、「将軍様の軍隊」か? って思ったもん。


さて。

それらも踏まえて この 続き。


結婚退職を機に教職を退いたがやはり自分自身も何か勉強をすることが好きでまた勉強を教えることも好きで私にはやはりこの道しかないかなと思ったツレが一念発起して現場に復帰したはいいが勉強教えたろ言うてんのに勉強教えてもらおうと思ってないアホ丸出しの中学生生徒達にもう脱力してしまった。

という、なんかその「お悩み」について。


正直、あると思います。


そういう溝?的なものはあると思います。


「小学生から中学生になったんやから、高校受験に向けてもっと勉強を深めていかないと」と、
勉強を教える側の先生や、勉強してほしい親はなんかもうイッライラするかもしれないが
ところがどっこい、生徒(子どもら)にしてみたら
「中学生になったんやから、もう半分大人やwww自由やwww」
って、なんかそんなん思ってるんですよ。

小学校から中学校に進学した生徒のもう概ね大半は、

「小学校卒業すると同時になんか自動的に中学校に入学してた」

ぐらいの意識しかないと思います。私もそうでしたから。

「更にもっと学びを深める決意を持って入学しました(キリッ)」

とか特に全く持ってなくても、小学校を卒業したら、
概ねの子どもは中学生に「自動的に」なって学校に通うことになりますからね。

これは何も、公立中学の生徒が何か劣っているわけではないと思うんです。
あくまでも「公立」の生徒ですから、いわば「普通の子ら」なんです。
っていうか、この国の義務教育システムがそうなってるので、
中学生になったことで更に学びを深めることへの意欲とかを持ってなくても、
小学校を卒業したら、なんか中学校に入学する。
中学校は小学校より校舎もでかいし生徒もいっぱいいるから色んな人と関わるし
先輩らはやたらかっこええし、部活は小学校の時よりずっと本格的になってくるし
その中で、興味の対象が勉強から反れてしまうことも多いにあると思います。
そんなこんな+溢れんばかりの若さのエネルギーを発散することがまだ未熟なので
大人からしたらほんましょうもないと思うことで、騒いだり脱線したりしがちなんですね。


中学二年生の時のクラスはほんま荒れてましたねー。
学年で一番荒れてたクラスでした。
担任の先生が学年一嫌われていた先生だったんですよ。

でもねー、今思い出してもあの先生がなんであそこまで嫌われてたんかわからない。
なんか生徒に対して威圧的な態度を取るわけじゃなし、っていうかどっちか言うたら、
こっちがちゃんと話せばちゃんと聞いてくれるタイプの優しい先生やったし、
ビジュアルがおかしいわけでもなかったしね。ちょっとチョビヒゲ生やしてはったけど。
なんかそう、ペンギン村(Dr.スランプ アラレちゃん)の住人にいそうな感じの見た目でした。
美術の先生をしてはって教員としては二年目。
でも確か大学卒業してすぐに先生にならはったわけじゃなくて、
もしかして最初は芸術の世界で食っていこうとしてはったんかなあ?
その辺はようわかりませんけど、二年目やけど歳はなんか30前ぐらいでした。

てかぶっちゃけ、
「その先生をそれほどまで嫌いやから」っていうのは、後付けの言い訳で
なんか騒ぐのが楽しかっただけやと思うんですよ、単純に。
黙って授業聞いてるより、紙ヒコーキどこまで飛ぶか競うほうがおもろかったんですよ。
だからもう授業も、最初は座ってても授業終わる頃にはほぼめちゃくちゃやったし
勝手に途中で出ていくやつもおるし、先生がそれを追いかけて行っていなくなったら
残ってるやつが「ヤッター!自習やwww」言うてまた騒ぎ出して
隣のクラスで授業してる先生は怒鳴り込みに来るわ、
言うこと聞かへん生徒に切れた女の先生が泣きながらうちの担任を呼んできて、
でもそんなん担任が来たところで担任自体に反抗してんにゃからそんなもん逆効果で
口悪い男の子らが「寄ってくんなやゴミ岡!出ていけ!!」とか言うてね。
そうそう、その担任の先生を「ゴミ岡」って呼んでたんですよ、みんな。名前をもじってね。
ものを教わる先生に対して「ゴミ」って言うとか何ごとやと。
当時の自分も含めてもうほんま最低なクソガキどもですよ。

シバいたったらええんですよ。いや、マジで。

実際、半年に一回ぐらい、なんか調子に乗って騒ぎすぎて、
とうとう先生に本気でシバかれて鼻血出してるやつとか誰なっといましたし
そういうことがあると、一時的にちょっとピリッともする。
まあ、ほとぼりが冷めたらまたすぐに崩壊してしまうんですけどね。

あと、騒ぎに気付いた たけじま が木刀振り回しながら

「なにさらしとんじゃオラーーーッ!!!」  

言うて怒鳴り込んできて、木刀で黒板をおもくそバッコーンどついた時。
来た。おいでなすった。恐怖のヤ○ザ番長・たけじま用務員様。


でもその担任の先生はね、絶対に生徒をシバかなかったんですよ。
逆に「先生になんかあかんとこがあるんやったら言うてくれ」って言うてましたから。

なんや、いい先生やんかって思います?

いや、違うんですよ。

生徒らはほんまはちゃんとわかってるんです。誰が悪いのかってことは。
こんなん(騒いだり)するのはあかんことや、悪いのは自分らや、ってわかってるんです。
そやのにそこで、実際はなんも悪くない先生から
「先生のあかんとこあったら言うてくれ!先生、直すから!」
みたいなことを言われると、子どもらはしらけてしまうんですよ。

「何言うてんのこの人?アホちゃうか」って。

もっと言うたら、
「なんでよう怒らへんの?
(こっちが悪いねんから)怒りぃや」

ぐらい、なんか思うんですよ。


いや~もうホンマ自分で書いてて腹立つけど、どうしようもないクソガキどもです。
ただ、私は授業を派手に妨害するという行為はホンマしなかったんですよ。
席近い同士のツレらと、自分らの中でネタとかやって勝手に盛り上がってるだけで。
でも、大騒ぎしてるやつを止めなかったので私も授業妨害の共犯です。
っていうか。真面目な子もいたけどあのクラスにいた生徒が全員共犯やったと思う。
誰も騒ぎを止めようとしなかったから、あれはもう全員が悪かったんやと思う。

「一生懸命治めようとしていた担任の先生以外」の、全員が悪い。



まあそんなアホ丸出しの日々を送っていたわけですが
ある日、その担任の先生とうちら生徒の不仲が決定的となる、
ある事件が起きたんですよね。


つづく

スポンサーサイト
  1. 2009/09/17(木) 15:08:43|
  2. 思い出のネタ(学生編)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。