どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「お先にお待ちのお客様」

さて。


りっさんは、とても怒っています。


それは何も、

こないだ店(職場)がバンバン忙しくてレジがもう大混雑の大渋滞になっている最中もう100%、
誰がどう見ても100%確実に『レジでのお会計を順番抜かし、即ち、横入りをしてこられたお客様』に対して、
私が「すみません、お先にお待ちのお客様がいらっしゃいますので列の後ろにお並び頂けますか」とお断りしたら
そのお客様が「わしが先に並んでたんや!わしはずっと先に並んでたんや!」と嘘八百の理由で逆ギレをなさり、
なんかボロクソのメタクソに言われている私に同情してくださったのか、お先にお待ちだったお客様(おばちゃん)が
「私はいいから先にこの(頭おかしい)おっちゃんのお会計したげて(苦笑)」と順番を譲って下さったにも関わらず
「当たり前やオバハン!わしが先や!先にしたげてってなんや!」と更に爆ギレして周囲の空気を凍りつかせ、
こういう変人にやたら低姿勢で謝りまくると逆に調子こいて「カネ払え」とかって話になってくる危険があるので、
「大変失礼致しました申し訳ございません」と一応の謝罪をし、さっさとこのヤバってるお客様を帰らせるべく、
大声で小学校低学年レベルの悪態と罵詈雑言を浴びせ続けられながらも黙ってお会計の作業を貫く私に対して、
そのお方が、こともあろうか「おまえはツ○ボか!!!」と仰った、

何もそのことを怒っているわけではないのです。

っていうか「ツ○ボ」とか、おまえどんだけ時代止まってんねん?
そんな言葉、二十年ぶりぐらいに聞いたわ。もう今時、幼い子どもらでもそんなん言わへんぞ?
だから私はそのヤバってるお客様に、ほな逆にいっそもう言うたろか?とすら思った。

「これだけの人が並んでいるのに横入りをしてきたお客様は逆にメ○ラなんですか?」

だが私はそれを踏みとどまった。何故ならその人と同じレベルの人種にはなりたくないので。
てか、店の往来のど真ん中である会計レジでそういう最底な用語を大声で吐くのとかホンマやめてくれ。
あなた様みたいな客が出入りするとうちの店の品位に関わるんですよ。よってあなた様はもう来なくてよし。



話戻って。


さて。


りっさんは、とても怒っています。



ことの始まりは先日、風呂場で誤って右目のコンタクトレンズを失くしたんですよね。



ガーン。



私は裸眼ではあの視力検査表の一番上の『C』が余裕で見えないぐらいの近視だ。
よってもうかれこれ20年近くコンタクトレンズ(ソフト)を着用しているのだが、
一般的には最初は眼鏡を着用していて→新しい私、デビュー→コンタクト、という流れになるらしいが
私は最初からずっとコンタクトで眼鏡というものを長く使ったことがないし今も持っていない。
何故なら、昔「眼鏡もないと不便だ」と眼鏡屋に言われて作ってみたはいいが、
ちょっとかけただけで酔うて頭痛くなってマジで吐きそうになったんで、もう二度といらんと思った。
よってコンタクトレンズは私の生活必需品なのです。にも関わらず常に予備を常備していない横着なわたくし。
とまあその辺の話はまた この記事 でも読んでください。


話戻って。



その日は夕方にちょっとアクシデントがありまして、
「万が一の場合、夜中にももを連れて病院に走らなければならなくなるかもしれない」という恐れがあり
ただそうなると、いちごを夜中に家に一人で置いていくことになってしまうので、私は
「多分無いと思うけどそうなってからでは遅いから、今晩用事無かったらこっちに泊まっててもらえへん?」と
彼氏さんにお願いしていたので、仕事終わってから彼氏さんがうちに来てくれていた。
幸い、ももはなんともなく寝言を言ってケラケラ笑いながら朝まで健やかに寝てたんですが、
逆に、風呂場でコンタクトを失くした私は全く健やかではなかった。

っていうかコンタクトつけたまま風呂入るなよ!wと思われるかもしれないが
コンタクトをつけてないと距離感が全く掴めないので、シャワーの柄で手首を強打したり蛇口で突き指したり、
洗面器を棚の上に置こうとして頭に落ちてきたりと、そんなドリフのコントみたいなことになってしまうんですよ。
それこそ眼鏡の人は眼鏡を外してお風呂に入るんやろし「入浴中はよく見えない感覚」に慣れてるんでしょうけど
朝起きてコンタクトつけてから夜寝る時に外すまで「常によく見える状態」が当たり前の私にしたら
「よく見えない中で、無事に入浴する」という、その高度な技ができないんですよ、だからもうつけたまま入るのだ。


そうしてコンタクトつけたまま風呂に入り、シャンプーしていたら右目がごっつ痛くなったので
「あ、やばい外れそう」と思って私は目をつぶった。そしたらレンズが目の中でクニャっと折れた。
これは目を開けたら絶対落ちるなと思ったので、
かなり痛く、かなり不自由ではあったがずっと右目をつぶったままでトリートメントをして体と顔を洗い、
最後にもう一回湯船につかって体を温めて風呂場から出て、洗面所の鏡を見ながら右目をそっと開けた。


そしたら、目の中で折れて残っているはずのコンタクトレンズが跡形もなく消えていた。





「ハンドパワー」です。




って、誰が「Mr.マリック」やねんボケほんましばくぞ!!!
今そんなしょうもないギャグ言うやつはもうどっか行ってしね!!




ど、どうしよう!コンタクト無くなった!これはもう紛失ですよ、紛失。
もう文字通り「紛れて失う」と書いてこれは「紛失」ですよ!!!
まさかと思って瞼を持ち上げて瞼の裏も見てみたが、レンズはそこにお隠れにはなっていなかった。



ガーン。



私は今さっぱり気分で上がったばかりの風呂場にまさかまたもや戻ることになり、
洗い場にはいつくばってもう必死でコンタクトを探した、全裸で。
でもそれらしいものが一切見当たらないのでさらにまさかでまた湯船にまで舞い戻り、
乳白色の入浴剤を入れた自分を呪いながら手当たり次第レンズを探した、全裸で。
でもそれらしいものが一切手に触れないので逆に私はまた脱衣所兼洗面所に返り咲き、
体を拭くことすらしないで全身ビショビショのまま床にはいつくばってレンズの輝きだけを求めた、全裸で。


ちょっともう泣きそうになった瞬間、天才の私は
今日は彼氏さんが家にいて、彼が今まさに居間で勉強していることを思い出し
普段パンツ一丁で風呂から上がってくることなんか絶対しない奥ゆかしい私だが
もう背に腹は変えられんと思ってとりあえずバスタオルだけを身体に巻いて
「かっちゃんちょっと来て!お風呂でコンタクト落としてしもたー!」と居間の彼氏さんを呼ぶと
彼は「えーーーっ!?」と驚き、勉強を中断してすぐに風呂場にかけつけてくれたのだが
私がバスタオル一枚で立ち尽くしているのを見て「おおっw」と言って私の足元にしゃがみ、
バスタオルの裾をちらっとめくろうとしたので私はそんな彼を真上から見下ろし、ドスの効いた声で言った。



「…もうそんなんはええねん」



「はいすみませんごめんなさいw」と言って彼氏さんは私に動かないよう命じ、現場検証と捜索を始めた。

だがやはりコンタクトレンズは風呂場にも洗面所にも見当たらず、なので私は
「かっちゃんもう今続きでお風呂入ったら?そんで湯船の中にレンズがあったら救出してよ」
と、自分には到底出来なかった無理難題をかなり強引な形で彼氏さんに押し付けた。
いつもポジティブで建設的な彼は「ええっ?w…わかった、やってみる…」と言ってすぐに風呂に入り、
バッシャンバッシャンと音を立てながら浴槽でだいぶ格闘してくれたようだが、やはりレンズはみつからなかった。


彼「代えのレンズ、無いんでしょ?俺の(使い捨て)あげようか?でも度が違うか…」
私「でも片目だけ合わへんレンズするのも怖いしな…カーブも違うかも」
彼「だよね、距離感変わってくるもんね」
私「しあさってまで仕事休みないしほんまどうしよう。この状態で二日間仕事乗り切れる自信がないよ、多分納品の時に脚立から落ちるよ私……って、あっ!そうや、明日は朝からシフト四人いるんや!しかもゆうすけがおる!ってことは私が朝のうち少し抜けさせてもらってもなんとかなるかも!よし、朝、店長に電話して朝一で眼科行ってその場でレンズもらってこよう!うん、そうしよう!」
彼「朝、ももの保育園はどうやって送ってく?片目で自転車乗れないっしょ?俺も明日は朝早いからな…」
私「じゃあかっちゃんの眼鏡貸しといて。その時間ぐらいやったら見づらくても頭痛くなっても我慢できる、てかする」
彼「わかった。気をつけて運転してね」


てなわけで、
私はその夜、昔レンズを作った近所の眼科の診察開始時間を診察券で今一度確かめ、
翌朝その旨を店長に連絡し
「ほんますんません。完全に私の不注意です、本当に申し訳ございません。診察開始の10時前から並んどくんでなんぼなんでも午前中には戻れると思いますので、どうか何卒ご容赦を…」
と約束して、病院が終わり次第出勤、という形で朝からちょっとの間だけ店を抜けさせていただくお許しを得た。


そうして「早く戻りたいから、開く前からもう並ぶ覚悟」で9時50分に眼科についた私は、
そこで信じがたい光景を目の当たりにしたのである。


つづく


スポンサーサイト
  1. 2009/12/14(月) 13:50:40|
  2. どんつき(の、どんつき)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。