どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上から目線

さて。

わりとご無沙汰ですが、皆さん正月気分もすっかり抜け、
誰かに会うたび「寒いな~寒いな~」言うてる日々をお過ごしのことと思います。
なんか今年は東北地方がものすごい雪みたいですね。
ごくたま~に空から白いもんがちらちらと舞った程度で
「わ~。雪降ってきた~」とか言うてる京都市内に住んでる私には
その世界がリアルに想像できません。朝起きたら雪で車埋まってるとかね。
もうそれだけで仕事行く気なくしてしまいません?とか思いますよ。
大雪の地域にお住まいの方、事故や怪我のないようになんか頑張ってください。


ん?なに?

なんかりっさんらしからぬ、いたわりの言葉やん、って?

アホぬかせ、私はそもそもわりと心優しいのだ。
ただ、それを口にした時点でなんか嘘っぽくなるのが嫌であんま言わないだけで
実は私はだいぶ優しいやつなのだ。誰も言うてくれへんからもう自分で言うけど。




さて、本題。


こないだ、あるツレに「あんたの上から目線が鼻につく」って言われたんですよ。



もうね、  「ビーーーッックリ」 (千原ジュニア風に) してね。


私が「上から目線」???えええっ???
逆に私ほど地べたを這いずってる低姿勢なやつはなかなかおらんやろ!
おかげさまで中学高校、そして社会人になってからもず~~~っと、
後輩からも平気であだ名で呼ばれて、平気でタメ口きかれる人生を歩んでますよ?

って思ってるのは自分だけで、
なんか私、ツレにすらそんな偉そうな風に見られてんのかなあ?と、
ちょっとまた心の病気になりそうになったのだが、そこで私は考えてみたんですよ。

そもそも、「上から目線」って何なんだろう?と。


ぶっちゃけ、私も人に対して、
「なんやちょっと上から目線で言いやがって」とか、そんなん思う時があります。
ではそれは一体どういう時なんだろう?
「あんたは上から目線」と言われてビックリした今だからこそ、逆に、
私が人に対して「この人、上から目線やわ~」と思う時はどんな時なのか考えてみようと。


例えば、上の人に「上から」なんか言われても、上から目線とは思わないじゃないですか?
だって「上の人」なんですから。

例えば、そうですね~

親や先生や上司とかにね、
「おまえのそういうとこ、ちょっとアカンと思うで」とか、そんなん言われても、
この人、なんか上から目線やわ~、とは思わないじゃないですか?
だって「上の人」なんですから。

そら、「言い方がなんか腹立つ」とか「自分言うてることメチャクチャやんww」とか、
なんかそんなんはあったとしても
なんか上から目線やわ~、とは思わないじゃないですか?

もっとわかりやすく言うと、
自分より経験値を積んでいると思う人=この人は凄いと思っている人、には
何を言われても「上から目線」とは、感じないじゃないですか。
何故ならば、自分はそもそも意識的に常に「その人の下」にいる(ある)ので
「自分が今その人に上から見下ろされている」という感覚には陥らないわけなんですよね。


と、この見解に行きついた時、私は愕然としました。


私は今まで、「この人、上から目線やわ~」と自分が思う、
その相手こそが、なんか人を見下すやつなんだ、と思っていたが、
だがそうではなくて、逆に、
私こそがその相手のことを常にどこか見下していたんだ、と。

私よりも「(意識として)下」のくせに、「下」であるはずのその人が
「上」であるはずの私に対して今、「上」からなにか物を言っている(と感じる)ことについて、
「上から目線やわ~」と、そう思ってしまっていた私こそが、逆に、
その相手のことを「上から目線」で、ずっと見ていたのかもしれない、と。

これはあくまで私個人が行き着いた見解ですが、これが万人に当てはまるものならば、
「上から目線」と言われた私は、「上」ではなく、逆に「下」だということなんですよね。


りっさんの言うてること、なんかわかります?


これについてはさらにもっと深めたい話(見解)があるんですが、
こんな時間に緊急メールが来たのでまたいつか。




スポンサーサイト
  1. 2010/01/20(水) 01:06:00|
  2. 思うこと(「生きる」)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。