どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ももの卒園式

さて。


本来の流れからは、 この続き を書くのが筋なのですが、


今日は書きません。


あのね~~えっと、何から書いたらいいのかほんまアレなとこなんですが、
とりあえず、ももは先週、三年通った保育園を卒園しました。

が、最後の一週間はほんまにドタバタだった。


三行で言うと


ももの保育園の母体組織が来年度から変わることを、我々保護者は卒園式及び春休み(来年度準備休み)の一週間前に突如招集された保護者説明会で、文字通り「初めて」聞いた。

色々戸惑いはあったが、まあ、ぶっちゃけ、園舎を継続していくにあたって(主に金銭的な?)大人の事情もあるやろから、母体が変わろうと実質保育の面では何も変わらないならそれはいいよ、と保護者は全員、まあ、思った。

だが、その説明会の最後の話で「ついでに言うと」みたいな感じで、先生方もほぼ全部入れ変わります、と聞いた。(ちなみに先生方が知ったのも2ヶ月前で、以降今日まで緘口令が敷かれていた)



混乱しないわけがありません。



よって、


先週一週間は、もうほんまにほんまに大変でした。


園に「ちゃんと、まともな説明」を求めてさらなる説明会開催をお願いし、
だが、明日明後日レベルの緊急説明会に保護者の誰もが出席できるわけではなく
っていうか大半の保護者がそんな急に仕事を休むこともできず、
こんなん言うたらあれですけど、まあ、結果的に「強行突破」されました。

母体組織が変わるのは、ほんま、どうでもええっちゃどうでもええんですよ。
ただ、問題は「先生方もほぼ全部入れ変わります」の部分なんですよね。


子どもは、いわば大人を上回るほどの順応性がありますから、
まあ、人見知り真っ最中の赤ん坊やごっつ幼い子どもらはかなりビックリするだろうが、
多分いつしかそれに慣れて、「なるようになる」でやっていくだろう。

ただ、子どもの命を預ける親であるうちらはそうじゃないですからね。

日中、仕事に出てる親が安心して保育園に子どもを預けられるのは
「園(理事側)」でなく、むしろ「先生方(現場)との信頼関係」があるからなんです。
だから、建物だけを理事長が「よそに委託する」という形で守ってくださっても、
その中身(先生方)がほぼ全部いなくなるってことになったら、
子どもを預ける親としては全然「安心」して仕事に行けないし、
しかも来年度(4月)になるまでその新しい先生方との顔合わせも一切ない状態で
4月いっぴから子どもを、もう言うたら、
「うちの子の顔も名前も全く知らん人」に丸一日預けて仕事に行くって、ほんま不安ですよ。


でも、それについてみんなきつい意見を言えないでいた。
何故ならば、どんだけ不安でも、この運び方についてどんだけ納得がいかなくても、
今さらもう他の園に移ることはできないので(来年度からの保育申請がどの園もとっくに締め切られているので)
来年度からもやはりこの園に子どもを預けて仕事に行かないといけないので。



よって。


今年度でももが卒園する&今年度本部役員に在籍している&口が達つってことで、
なんか私に『その』白羽の矢が立ったようで、

「追加説明会に、りちさん、絶対来てくれ」

と、来年度の役員さんらから言われ、少し、いやかなり?吠えさせていただきました。


「はっきり言うてこんなもん、横暴すぎますよ」 と。



「園の存続が困難なら、もっと早い段階で保護者にも相談してほしかった」 と。

「新しく着任される先生方にはなんの罪もないのに、上がこんな持って行き方しはったら、はっきり言うて現場はマイナスからのスタートになりますよ」 と。

「そら、あなたはクリスマス礼拝と卒園式の時ぐらいしか園には来ないからいいかもしれないけど。てか、保育の現場を全く見てないからこんなことが出来たんでしょうけど」 と。







そして、その結びの言葉として、私はこういいました。



「でもね。子ども達は、牧師先生(理事長)のことも園長先生(理事長嫁)のことも、辞めはる先生のことも残らはる先生のことも、みんな大好きなんですよ。さらに新しく来る先生のことも多分好きになると思いますわ。そやけど、こんなやり方しはったら、子どもらのその純粋な思いがずっと濁らないようなうまい説明を、親として、私は子どもにしてやれる自信がありません。子どもらにとってどの大人も悪者にしたくないし仕立てあげたくもないし。それでも、このことについては誰かを悪者にせんと多分説明がつかないと思いますわ。なので、私は私があえて悪者になろうと思っています。娘がこのことについて聞いてきても、私は、ママは知らんわからんって言い続けようと思っています。親が質問に答えてくれないってことで親子関係は多少崩れるかもしれませんけどね。でも、娘がこの三年間、一日の大半を一緒に過ごしてきた先生方への思いが濁ってしまうよりはそのほうが全然マシですから。私ら親は、そういう思いで子どもを園に預けてきた、預けてるってことだけは忘れないでほしいです」



話戻って。



そうして、ドタバタの中で迎えた、卒園式。




卒園式で、先生と子ども達が歌った、歌。



ここで一緒に遊んだともだちを ずっとずっと覚えていよう
たくさんのともだち 大切なともだち

ここでみんなと歌った歌を ずっとずっと覚えていよう
たくさんのお歌 大切なお歌

ここでみんなで笑ったあの時を ずっとずっと覚えていよう
たくさんの思い出 大切な思い出




担任の先生の声が詰まって、歌えなくなってしまわれたのを見て、私は泣いた。





卒園式を迎えるまでは、「ももの成長に感無量」で泣くんだろうなと私は思っていたが、
ではなくて、
「こんなにまで、もも(子ども達)のことを愛してくださった先生の涙」を見て、私は泣いた。
ももがこの三年間、ここでとても大切に幸せに生きてこれたことがありがたくて、私は泣いた。




卒園式の後の謝恩会で、
三年間ももを受け持ってくださった担任の先生を始め、どの先生方からも、
ももの入園当初からずっとずっともう何百回も聞かれてきたあのことを、最後にまた聞かれました。


「ももちゃんは本当に子どもらしい子どもで、いつも笑顔でお友達が大好きで、みんなに優しくて…。お母さんは、ほんまに上手にももちゃんを育ててはるんやろうなと思います。私も子どもがいるので、どうやったらももちゃんみたいなあんな素直な子どもが育つのか、ももちゃんのお母さんに、ほんまに教えてほしいです」


ももの卒園にあたって、もう満を持して、私は言わせていただきました。


「ももをああいう子どもに育ててくれはったんは先生方のお力です。私はほんま、なんもしてませんからww」



先生、ももを愛してくださって本当にありがとうございました。
ずっとずっとお元気で。
そして出来れば、また、保育の仕事に就いていただきたいです。


あなた方のような先生に出会える幸せな子どもたちが、これからも、この世に多くありますように。
主なるイエス様のお名前によって、このお祈りを神様にお捧げ致します。








謝恩会の後、親子でアーチを作って先生方を送り出す時、
潜らせる親も潜られる本人も少し険しい空気が流れた「牧師先生(理事長)」の、その、順番の時、

ももが

「牧師先生だーいすき!捕まえた♪」

と言って、私とアーチの手を繋いだまま、牧師先生にハグしました。


牧師先生は目に涙をためて、しばらく、ももの顔を優しくじっと見つめておられ、
その後、(説明会で吠えたモンペ?ww)の私に会釈して、アーチを潜って行かれました。


「ほらね」

「だから」


誰も悪くないんですよ。

強いて言えば、「順番が悪かった」。



スポンサーサイト
  1. 2010/04/01(木) 02:05:16|
  2. 家族ネタ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。