どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

走れいちご・2

さて、 この 続きです。


それは、いちごの今の走りを見た私の本当に素朴な疑問だったんですが、私のその質問に対して先生は、
もう満を持したかのような勢いでいちごの「走り」について熱く語り始められました。

先生の話を要約すると、

いちごはなんせ足(脚?)のバネが非常に強く、またコンパスも長いので、走る時の歩幅が広い(大きい)のだと。
だからこう、ターン、ターンと飛ぶような走り方(ストライド走法)で長距離を走るらしく、
だが、今の(日本の?)長距離走の指導では、スタスタスタ…と狭い(小さい)歩幅で
ちょこまかと回転を上げて走る走り方(ピッチ走法)…例えば、忍者や侍の走り方みたいな?が
長い距離を走る上で最も足に負担がかかりにくいのではないか、ということからそれが主流なのだそうで
先生もこれまでなんとかいちごの走りをピッチ走法に変えていく指導に尽力してくださったのだが、
でもやはり、いちごはストライド走法で跳ねるように走った時のほうが俄然タイムがいいのだと。

ちなみに、いちごがそうした走り方をすることは去年の個人懇談会でもちらっと聞いたが
外野の私がなんか「ネットで調べたんですが」(←爆)とかそんなんして中途半端に絡むより
走るいちご本人とその指導者である先生で考えてしてもらうのが一番だと私は考え、
いちごが走ることについて、あれから今日まで私は全く一切絡んでいなかった。

話戻って。

では、いちごのようなストライド走法で長距離を走ることは絶対に不可能なのかというとそうではなく
例えば野口みずき選手のようにストライド走法で長距離をまさに跳ねるように走る選手もいるのだと。
よって、(現段階では?)いちごのその走法を無理から変えるというような指導は見送り、
いちごにとって一番走りやすい走り方で筋力とタイムをより伸ばしていく指導に変更されたのだが
「正直、この靴(ライフのワゴンセールで買った運動靴w)では、いちごの踵にはかなりの負担が来ているのではないか?」
と、先生は以前からずっと思っておられた、と。
「(セパレートタイプのクッションゲルが付いておらず、底も薄い)普通の運動靴」では、
いちごのような走法の選手が本気の走りこみ訓練をしていくことは物理的にもうかなり厳しいと。



私「そう言うたら、踵が痛いって近頃よう言うてますね~」
先生「最近私も彼女から少し踵の痛みについて聞きました。だからそれとなく靴のことも話してみたんですが、でも彼女はお母さんが買ってくれたこの靴で自分は頑張って走るんやと言うので、そんな健気ないちごさんに感動して…。それと……やっぱりお金がかかることなんでね……。だからお母さんからのその言葉を私は本当に待ってたんですよ」
私「そうでしたかー。なんか色々ご心配おかけしてすみませんww私は特に陸上競技に精通もしてないんで、小学生の陸上なんか正直、スーパーのワゴンセールの安い運動靴で充分やろ~とか思ってたんですよねー。でもこないだいちごの走りを見てほんまにちょっとびっくりしてしまって。 うわ、この子本気で陸上やってるわwって思ってね」
先生「そうなんです!彼女は本当に真面目に努力する選手なんです。だから、あの靴でも 結果を出してきたんです」
私「本人はここまでそうとう頑張ってきたんでしょうね。絶対に練習をサボらないことには前から感心してましたけどw」
先生「私も彼女の頑張りには関心しています。 あの靴で 競技会のトラックを懸命に走るんですから」
私「そうですか~」
先生「でももう あの靴は いちごさんの走りについて来れてないんですよ」
私「な、なるほど……。」
先生「ああ~嬉しいっ!お母さん、私ちょっと涙が出そうです。…そうか~いよいよいちごさんも あの靴 ではなくシューズで走る時が…。今からとても楽しみです。きっともっとタイム上がりますよ!」
私「は、はあ……。」




ひとつだけ言いたいことは、先生、


「あの靴」の悪口言いすぎwww



「あの靴」で今までずっといちごに走らせてきた私にはもう全く全然謝らなくてもいいのですが逆に


「あの靴」を売っているスーパー、「ライフ」に謝れ。




話戻って。


最新モデルは15000円辺りを下らないと思いますが去年の型落ちなら少しぐらいは安くなっていると思います、
という、先生からの具体的な購入アドバイスに、私は
「ええっ???ちゃんとした陸上の靴ってそんなするんですか???ちょw高かっ!!!」
と、もうだいぶビックリして思わず慌てふためいたのだが、
「えーーーと前言撤回、話白紙で。やはりいちごにはライフの運動靴で、今後とも何卒ご指導のほど宜しくお願いします」
などとはもうよう言えんぐらい、先生がテンション上げ上げになっておられたので、私もいよいよ腹をくくり
先日の日曜、先生がご教授くださった「京都で本格的に陸上シューズを扱っている店」をいちごと一緒に廻った。




だが、「お年頃」のいちごと私は、そこでまたひと悶着ありまして。




21.5センチといういちごの足のサイズは「本気の陸上シューズ界」ではちょうど、
ジュニアの最大とレディースの最小のちょうど穴(盲点)とも言える、そもそもごく品薄なサイズで
四件目でやっと、いちごに合うサイズの陸上シューズを扱っており、在庫がたったのひとつだけあったのだが、
それは色やデザイン的にあまりいちごの好きな感じではなかったらしく、いちごはちょっとスネていた。

いちご「赤が良かったな~…」
私「てか、あんたの足のサイズに合うシューズは作ってる数自体が少ないんや。四件廻ってあんたもわかったやろ?だからこのサイズがあるだけでもかなりめっけもん(ラッキー)で、色やデザインなんぞ選べへんと思ったほうがいい。考え方を変えろ」
いちご「え~~~。…2センチ上のサイズやったら赤もあるのになー…」
私「あんたの足のサイズは今(2センチ上の)23.5センチじゃないんやからそれは諦めろ、現実と向き合え」
いちご「いちごはなんで21.5センチなんやろう~。23.5センチの人はいいなあ~~赤が履けて……」
私「……てかさ、いちごよ。あんたは今、何をしにここに来てるんや?」
いちご「陸上の靴をママに買ってもらいに来てる」
私「ほな、赤が良かった~~23.5センチの人はいいなあ~~とかそんな話よりも走ることだけを真剣に考えろ!オシャレがしたいんか陸上がしたいんか、はっきりせえ!」
いちご「……。」
私「まあ気持ちもわかるけどもさ。でもママはな、あんたが走る時に痛いその踵がな、ちゃんとした靴で走ることでちょっとでもマシになってあんたがもっと思いきり走れるようになったらええなと、ママは今そのことだけを真剣に考えてるんやで?それに対してあんたは一体どう思ってるんや?」
いちご「……。ママごめんなさい。いちごも走ることだけを考える…」
私「ほな、走ることだけを考えた時、その靴はいちごにとってどうなんやさ?」
いちご「(履いてその場で跳ねたり駆けたりしてみる)うん、痛くないよ!」
私「おっけ。ほなもう早よそれ買うて帰ろうや。ママはもう正直歩き疲れたぞ~~~ほんでお腹もすいた」
いちご「うんww」

いちごと私のそのぶつかり稽古みたいなトークをずっと横で不安そうに聞いていた店員の若い兄ちゃんが
とてもとてもホッとした表情で「…えっと、そうしましたらこちらでよろしいでしょうか?」と再確認し
いちごが「はい!」と答えて、私たちは兄ちゃんの案内のもと会計レジの列に並んだ。

並んで待ってる時にいちごがそっと小声で「ママ、陸上の靴買ってくれてありがとう」と言ったので
私は何故か妙に照れてしまって「おう。」とだけ言った。

そしてその背後では、半日この買い物に延々と付き合わされていたももが
「あー、ももちゃんもちょっとこのくつではりくじょう走れないかもしれんなあ~~~」
とか、わざとらしくつぶやきながら、いちごに便乗して自分も陸上の靴を買ってもらおうと画策していたが

いちご「てか、ももちゃんの靴のサイズ、多分ないしw」
彼氏さん(←おったんかいw)「てか、ももは陸上やってねーだろw」
私「ももちゃんもいちごちゃんぐらい一生懸命陸上の練習してママの気持ちを動かすことができたら、その時はももにも陸上の靴買ってあげるよ。ついでにちょっと言うたぐらいで何でも買うてもらえるほど世の中そんな甘くありません」

と三人がかりで一蹴され、ももの便乗作戦はあっさり失敗に終わった。




あれから一週間が過ぎ、いちごはやはり黙々と走り続けています。



「ママ、今日はタイムが何秒上がったよ!」とかそんないちいちの報告はこれからもママにはいりません。
その感動は、共に走る仲間や君の頑張りを日々見ていてくださる先生とで、したらいい。
そしていつかまた、「えええっwwマジでかww」と、そんなふうにママをビックリさせてください。



走れいちご。


いずれもっと遠くなりやがてきっと見えなくなるであろうあんたのその後ろ姿を、ママはずっとここで見てるしな。

スポンサーサイト
  1. 2010/05/23(日) 00:56:19|
  2. 「走るいちご」 シリーズ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。