どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

りっさん相談室

さて。

もう一ヶ月近く前の話なんですが。



とあるツレ…と言ったら大変失礼な方なんですが、
私より少し年上のあるお姉さん(Aさん)から「夫婦仲」について相談を受けました。

「特に理由もないねんけど、最近旦那のことが嫌いでなんかうっとうしくて仕方ないねん」と。



っていうか、私がひとつだけ言いたいのは



「おまえら、なんで私に人生相談を持ちかける?」


キ○ガイのりっさんに人生相談したところで、いわゆる一般的または社会的な答えは得られませんよ?





「なんだかな~~~?」 (阿藤海)




さて。


今回の相談者は、ツレであり、先輩のAさん(39才・既婚女性)。


「特に理由もないねんけど、最近旦那のことが嫌いでなんかうっとうしくて仕方ないねん」、と。


Aさんと旦那さんはハタチぐらいから付き合ってそのまま結婚しはったんで
もうかれこれ20年近く一緒にいるらしく、現在、中学生と高校生の息子が二人いる。

出会って付き合って結婚しての期間…延べ7年ほど?で元旦那と別れた私には
20年近くずっと一緒にいる恋人→夫婦がどんな状態なんか?が正直ようわからんが、ただ、
そんな長い間ずっと一緒にいたのに今さら「特に理由もなく」相方を嫌いになる…とかあるんかなあ?と思ったんで、

「最近突然にしてしかも特に理由もないのに旦那さんのことが嫌いになったとかうっとうしくなった、ってことはないんじゃないですか?Aさんの中に、なにかしらこう、そうなった遠因、みたいなもんがあるんちゃいます?例えば…まあありがちな例で言うと、旦那さんサイドに不審なカネの動きがあるとか、女がらみでなんか怪しいとか、家のこと子どものことを私に押し付けっぱなしにして自分は好きなことを好きにしてる!とか、なんかあるでしょ?」

と聞いたらAさんは「うん、それなりにある…っていうか過去に全部あったwww」と言ったので

「なにを、「私たち今ちょっと倦怠期なの~~」みたいに言うてはるんですか。てかそれもう言うたら噴火速報じゃないですか?」

と言ったらAさんは「確かにwwwごめん、あんたやっぱなんか凄いわww」とようわからん関心をしつつ手を叩いて大爆笑していた。


そうした私のツッコミによって、
「最近」「いきなり」「突然」ではなく、「実はもうだいぶ前から」旦那さんへの鬱積が溜まっていたことを
晴れてもうこの場で言うても良くなったAさんは、本音トークをし始め…

…だが、中学高校生の子ども二人を抱えている現状で取り立てて今すぐに旦那さんとの離婚を考えるわけではなく
とりあえず、子どもが成人して社会に巣立つまではなんか頑張ろうと思う、と言った。
ただ、それには早くても(下の息子が成人するまで?)まだあと5年以上あるので
その間を耐えて頑張る私の人生とは一体なんなんだろう?とか思うと憂鬱にもなる、と言った。


私「ちなみに、最近旦那さんとトークをしはったんはいつですか?」
Aさん「…いつやろう?覚えてへんわ。おはようおやすみとかいってらっしゃいとかおかえりとかの挨拶も最近してない」
私「挨拶もないんですかー。普段あまり家で旦那さんと顔を合わすことがないんですか?」
Aさん「顔を合わすことはあるけど、朝は息子らを学校に送って私も仕事行く準備でバタバタしてて、旦那は私が用意しといた朝ご飯食べて知らん間に出勤してるし、夜は旦那が仕事帰ってくるんが遅いから私はもう疲れて先に寝てしまうねんかー」
私「はい、言い訳来たよこれwそれは意図的に(旦那さんと)ニアミスになる状況に(Aさんが)持っていってるでしょw」
Aさん「www…だって旦那としゃべりたいと思わへんねんもん。旦那としゃべると最後はどうせまた喧嘩になるしさー」
私「なるほど。…てか、話だいぶ戻しますけど、下の息子さんが成人するまで頑張る私の人生を考えると憂鬱になる~とか、逆に言うたら今までその三倍ぐらいの年月をAさんは頑張ってきはったんじゃないんですか?そのゴールを目前にして、なんで今になって私の人生~とかを考えますのん?目標達成まであともう少しなんやからそのまま走り続けはったらよろしいやん」
Aさん「ちゃうやん!それは今やからこそやん!…そら、私が今もう50才とかやったらもう諦めるかもしれんけど、私、今まだギリ30代やん?これからの私の人生だってまだまだ長いわけやん?」
私「まあねぇ。…え?てか、それは、今ならまだこの先の私の人生を再構築できるんじゃないか…?的な話で?」
Aさん「そんなことも思うねん」
私「てか、Aさんは今旦那さんとの離婚は考えてないんでしょ?旦那さんと今すぐ離婚は考えてないが今なら自分の人生を再構築できるんじゃないか?とか、もう完全に話散らかってますやん」
Aさん「私の残りの人生にも、なにかトキメキが欲しいねん!」



私「なんっじゃそらwww」






ちなみに、この時、Aさんのこの相談を傍らで聞いていたBさん(結婚十数年目にして今だ夫婦ラブラブ)が
「旦那さんと二人で旅行とか行ってみたら?」とアドバイスをしたら、Aさんは首をブルブルと左右に振りながら

「旦那と二人で旅行?ハアッ?やめて!!きもちわるいきもちわるいっ!!」

と全力で抗ったので、私は思いきり鼻からアイスティーを吹いた。



きもちわるいとか二回も言うたるなよw
それはむしろ旦那さんに同情する。



まあ正直ちょっと笑ったけど。



話戻って。



Aさんの色々話を聞いていくにあたってわかったことは、
Aさんが旦那さんをうっとしがって避けていることについて旦那さんが気付いてはるかどうかしらんが、
旦那さんから何か文句が来ているわけでもなく、俺に構え圧力やオーラを出されているわけでもないと。

そして休日など子どもらを間に挟んで家族みんなで晩ご飯などを食べている時は、
旦那さんとの「直接トーク」でないが、お互いが子どもらに話しかけるような形での会話はあるらしい。
例えばそれは、

Aさん「(息子さんに)来月のサッカーの試合、お父さんにも見に来てもらうの?」
旦那さん「(息子さんに)サッカーの試合?そんなんあるって聞いてへんぞ?いつや?」
息子さん「○日。お父さん来れる?」
旦那さん「うん、行けると思うぞ」
Aさん「(息子さんに)朝早いんやったっけ?」
旦那さん「(息子さんに)朝早いんか?」
息子さん「9時から」
旦那さん「わかった」
Aさん「(息子さんに)場所、どこやったっけ?」
息子さん「○○球戯場」
旦那さん「わかった」

みたいな感じだそーで。


私「てか、あの~言うていいっすか?…それ、別れた元旦那が子どもに会いに京都来た時にみんなで晩ご飯食べに行った時のうちら元夫婦の会話の状態もうそのものなんすけど……」
Aさん「wwwってことは、私と旦那は離婚した夫婦にもう等しいってこと?www」
私「いや、わかりませんよ?逆に離婚した私にはわかりませんけどね?20年近く一緒にいてたら離婚せんでも普通にそうなるんかはわかりませんけど、ただひとつだけ思うことはその会話形式は明らかに不自然ですよね、それは自分と元旦那のソレも含めてですけどww」
Aさん「確かにwww」
私「ただ、私と元旦那の場合は別れた夫婦が一緒に飯食いに行ってるっていうそもそも不自然な状況なんで、その会話形式が逆に自然で整然だとも思うんですよね。ただ、Aさんと旦那さんは他人ではないじゃないじゃないですか?現状一致の夫婦じゃないですか?」
Aさん「まあな、まあなww」

Bさん「ね、だからやっぱりここは旦那さんと二人で旅行に…」

Aさん「しつこいっ!!!ないから!!!(怒)」

私「キレんなw…ほんでごめんやけどBさん、ちょっと黙っといてくれる?」






さて、どうしようかなー?って思ってね。



続く
スポンサーサイト
  1. 2010/05/27(木) 01:30:56|
  2. 恋だの愛だの何だの、ネタ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。