どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツレの結婚

さて。

のっけからアレなんですが、まず最初に謝罪。


「スーパーフライさんと、曽根、すまん!ごめん!」


今朝、どんつき~を読んでくれてるツレがメールをくれたんですよ。
「クレーマーちゃうで?(笑)いやほんまクレーマーとちゃうねんけど、どうしても気になったから」という前置き付きで、
私が書いた先の記事(高校のツレの曽根がスーパーフライだかいうバンドのライブの時にギター弾いてるって話)について
「りっさん、あのな。スーパーフライはバンドじゃなくて、ボーカル誰それの一人ユニットなのだよ」と教えてくれた。

あーそうなんや~。ちゅうことはあれかな?
「TMレボリューションこと、西川貴教」みたいなもんか? 紛らわしいw



てか、やっべー。



曽根がギター弾いてる「スーパーフライ」を全く追い(検索)もせんと記事書いたん、もう「ちょんバレ」じゃないかよ。
曽根ごめん、なんかごめんwww見るから!ちゃんと見るから、そして聴くから!すまん!ごめん!

おわびと言ってはなんだがググってブログを見つけたんでざーっと読みましたよ。コメントはあえてしなかったけど。
何故ならば、ファン向けの記事を書いてるとこに、昔若かりし頃に一緒にふざけたツレからコメントがくるという、
そのこっ恥ずかしさや照れくささみたいなものは、もうほんまとてもとてもよくわかるので。
書き口調は「ギタリストの曽根巧」で書いてるなと思ったけど、中身はやっぱ「曽根」のまんまやね。
「(わざわざ時間作って書いてる)ブログで、しんどい疲れたとか、そんなこと書きたくないし…」とか。
あの一文はもうかなり胸に響いたよ。
そうして自分に厳しくを貫いた結果が今、「ギタリスト・曽根巧」なんやなって思って。

まあでもひとつだけ言いたいことはあんたのギターの一番最初のファンはきっと私とユッコです。
八瀬遊園内のライブとかウーピーズのライブとか、鴨川沿いジャック・ギグして警察に怒られたりとか、色々懐かしいよ。



さて、そんな感じで今日の本題。


今年、独身時代に勤めていた元会社の同期が二人結婚します。
いや、正確には「初夏にもうしました」と、「この秋にします」。
もうしたほうは男の同期で、これからするほうは女の同期で、
特にその女の同期のほうは今もめっさ仲ええツレで、笑いも涙もいっぱい分かち合った親友の一人なんで
もう何年も付き合ってる彼氏がいるのは聞いてたが「結婚はせんと思う」ってずっと言うてたから
「なんかとんとん拍子に話が進んでやっぱ結婚することになったわ~」と聞いた時、ほんま嬉しかった。

っていうか、よくよく深く考えたら、
「なんでツレの結婚報告で嬉しい気持ち」になるのかわからんのですけどね。
ツレが結婚するって聞いて、何故私が嬉しい気持ちになるのか。

息子の嫁や、娘のウエディングドレス姿、しいては孫の顔が見たい親御さんやったらまだしも、
ぶっちゃけツレの私からしたら、「ツレが結婚する=もう今まで通りにいかなくなる」。
具体的に言うと、ツレが結婚して家庭を持ったらそのツレとはもうなかなか会いづらくなってしまう。
例えば独身やったら、自分の仕事の段取りさえつけば「今から行くわ!」「週末遊ぼ!」とかも簡単にできるが、
家庭を持つとそうはいかない。

女なら、家事育児先任者もしくはそれらのチーフがそう簡単に家を空ける(離れる)ことはできないし、
「出かけてもいい?」っていうお伺いをいちいち旦那にしなくてはいけなくなる。
男なら、「女友達(生物学的女のりっさん)と飲みに行く」とか言うた日には嫁に眉をひそめられ、
最悪の場合、帰ったらテーブルの上に署名捺印した離婚届を置いて、嫁が実家に帰っている。

とかね。
よって、ツレが結婚するということは即ち、ツレがなんか遠いとこに行ってしまうということでもある。
「寂しい」と思うのがむしろ正直な感想であるはずなのに「嬉しい」と思うこの矛盾。



そしてさらに、私個人の話で言うと、私は離婚をしてるわけじゃないですか。
原因や理由はどうあれ「結婚生活に見切りをつけて、自分自身はもう離婚してる」わけじゃないですか。
自分はそうして「結婚ね~(笑)」って感覚で生きているのに、ツレや知人が結婚すると聞くと「嬉しい」と思い、
自分は結婚生活で嫌な目とかに合って離婚したにも関わらず、ツレには「結婚おめでとうー」って言うという。


「逆に、私ってもうほんま冷たい人間なんかな…?」



いざそのフタを開けたらどんなことが起こるかわからんぞってことを充分知ってて体験もしてるくせに
ツレから「結婚するねん」って聞いたら「おお!ええやん!」と、祝福する。
逆に言うたら私はそうしてアホ丸出しで喜んでる場合じゃなくて、むしろ私こそが
「今は盛り上がってるかもしれんけどほんまにええのか?ほんまにほんまにその人で大丈夫なんか?」
とか、そんなんをもうしつこくしつこくうっとしいほど問い正したったほうがいいんじゃないのか?
逆に言えば、説得力をもってそれが出来るのは私なんじゃないのか?なのに何故私はそれをしないのか。

もしかして、私はもうほんまに心の底から「人のことなんかどうでもいい」と思ってる人間なんやろうか?
だとしたら、もうこれはものすごく恐ろしいことですよ?私はなんて恐ろしい人間なんだ。
例えば「人を恨むこと」。悪の行為やけど、でもその行為にはまだ「その人への関心」がある。
でも「人に対して無関心」こそは、ほんまもう「救いようのない最悪」じゃないですか。
いにしえより、「好き」の反対は「嫌い」ではなく「無関心」である、とも言われてるぐらいですから。
てか、なんでこんな救いようのない最悪な私に対して、みんなはツレになってくれるんだろう?


「りち、ノイローゼがもうリーチだよ~」
「さて寝ますか、そろそろ。夜に色々考えるとネガっちゃうよw」



と、救急救命ボートを出してくれる彼氏さんが今、京都にいないので(先生の勉強と研修で関東に帰ってる)
私は自力で、今にも沈みそうな船の帆を立て直し、今一度オールを手にして船を漕ぎだした。



まず始めに。
この近年離婚率が著しく上昇しているとは言え、やっぱ離婚する夫婦はまだまだマイナーケースであり、
ツレが私のようにいつか離婚するとは思っていないので、今、私のその「大丈夫?確認」は全くもって必要ではない。
次に。
多種多様な生き方を認められてもきたこの現代社会の中で恋愛の終着点が必ずしも結婚ではなくなってはきたが
だからって「好きな人と生涯を共に生きていくという生き方」の株が下がったわけでは決してない。
さらに。
っていうかもう単純に、「結婚すんねん」って嬉しそうに言うコイツの話を聞いてるのが、私はなんか嬉しい。
嬉しいことを嬉しいと言うツレを見て嬉しい気持ちが伝染しないやつがいたら、むしろそいつこそが「人に無関心」なのである。
結論。


「結婚するんかー!おめでとう!!!」


なんか、ぐずぐずと悩んだ時間がアホみたい。それなんて無駄な時間。難しく考えんでいいんよな。
よって、私はこれからも、もう心のままに嬉しがり続けます。もうアホ丸出しの大喜びでいく。
だってやっぱ「嬉しい」と思ってしまうねんもん、「ツレの結婚」。





離婚してからそろそろ五年?になりますが、
「りっさんの再婚はどうなんよ?」と、かなりあちこちから頻繁に聞かれるようになってきました。
美しく聡明な私が再婚もしないでいることに、周囲の我慢が持たなくなってきたのでしょう。
ええ、わかります。わかりますよ、その苛立ち。


っていうか、いうよね~?


私が彼氏さんと付き合っていることはそこそこ周知の事実なのだが、
それでもこうして一緒に住むこともなく再婚する気配もないってことについて
「何か深く考えていることがあるのかな?」って、なんで思わないのか。
なんで思ったまんま見えたまんまをダイレクトに質問するのか。
子どもいる状態で再婚とか、そら慎重になるに決まってるやろ?って。


私には目の前に俄然やるべきこと(いちごとももを一人前の一人ぼっちに育て上げる)があり、
彼氏さんにもきっとやりたいこと(特学分野が遅れてる京都の特学を変える先生になる?)があるようなので、
そのお互いのプランに向けて双方がまだ駆け出しの状態のまま慌てて一緒になっても、
プラスとプラスの相乗効果を築けないと私は思うんですね。
それをごり押しして一緒になってしまうと、むしろマイナスの方向に作用すると思う。

そうなった時に一番被害を被って傷つくのは、確実に子どもらなんですよ。
感情を上手く言えない幼いももはともかく、いちごは多分もうはっきり言うと思う。

「ママもK兄もイライラしてるから、なんか窮屈やわ~この家」って。
「四人で暮らせたら楽しいかな?と思ってたけど、そうでもなかったね~」って。



私がひとつだけ思うことは

私が再婚することがあるなら彼氏さんしかいない。でも今はまだその時期じゃない。
だけど、そう思える人と出会えただけでも私にはもうとても大きな出来事なので、
子どもたちのことはもちろん、彼氏さんのこと(彼の人生)も大切にしたいんです。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/19(木) 03:48:05|
  2. 思うこと(「生きる」)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。