どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

内出血との戦い

さて。

闘病?ネタが二回連続で続きますが、
先日の記事「知覚過敏との戦い」を書きながら、実は私は知覚過敏とは別の痛みとも戦っていたのだ。
二つの痛みと同時に戦いながらどんつきを書くなんて…!

りっさん…。あなたはなんて強靭な魂の持ち主なんだ…!

って誰もそんなん言うてくれへんやろから、逆にもう自分で言うたった。

つーか、もっと言うたら実はうちの下の娘(ももちゃん)も、あの日戦っていたんですけどね。

今週明けてすぐ、ももが熱出したんですよ。
運動会(練習及び本番)の疲れと、最近の寒暖差で体調崩して風邪をひいたみたいで。
38度7分とかの結構な高熱が出たんで当然学校は欠席、それに伴い、私もシフト代わってもらって休ませてもらって
熱も下がって回復したんで登校再開したら、二日後ぐらいにまた学校で熱上がったとかで、学校から強制送還の電話があって
またしても、「すんませんすんません」言いながら、急遽シフト代わって休ませてもらったりして、ちょっとバタついていた。

ただ、今流行の風邪は熱はめっちゃ出るがそれ以外の症状は特にないものが多いようですね。
担任の先生からももにいただいた励ましのお手紙によると、今週はクラスでも何人か熱で休んでたらしい。
ちなみに三歳の甥っ子(下の弟・ジェーンの息子)も先々週風邪引いて数日保育園を休んだがわりと元気だったそうで
ももも、普段よりはちょっと落ちたが食欲もあって水分も取れていたので、そこそこ元気だった。
余談だが、
今年の秋冬はインフルエンザの流行以前に、例年に比べて風邪がめっちゃ流行るかもしれないというデータがすでに出てるんで(薬屋情報)
特に、受験生をお持ちのお宅は子どもさんの体温アップ(基礎体温=平熱が上がると自己免疫力が抜群に上がる)に努めてあげてください。
温かい紅茶にすりおろしたショウガを入れた「ショウガ紅茶」を毎朝飲ませてやるだけでも確実に体温が上がってきます。
生のショウガをいちいちすりおろすのがめんどくさかったら(効果はほんの若干落ちるが)市販のチューブ入りのショウガでもいいし、
紅茶も、別にリ○トンとかフォー○ョンとかでなくても、スーパーで売ってるような安売りのティーパックで充分なんで。
あと、今年のクリスマスに勝負しようと思ってる若者たちも是非お試しを。免疫力が上がったら、万が一風邪ひいても早く治るんで。

話戻って。

まあそんな感じで今週はももの様子を見ながらわりと夜中まで起きていた。まあ普段からわりと夜中まで起きてますがw

ももぐらいになるともう赤ん坊の頃みたいにずっと夜通しついてなくても大丈夫なんだが、
高熱で大汗かいて夜中に目覚めて、自分で勝手に着替えてまた寝るレベルにまで成長した上の娘(いちご)と違い
いかんせん、一年生のももはまだ熱が上がりきって汗びっしょりの状態でもそのまんま寝てしまってるので
「ももちゃん、汗かいたからお着替えしよか~。そのまま寝てたら、今度は汗が冷えて寒くなってまたお熱が上がるよ~」
とかのアプローチを、まだまだこちらからかけてやらないといけないわけなんですね。

で、せっかく(?)起きてるのでどんつきでも書こうと思って時計を見たら23時40分だったので
日付が「10月1日」に変わる前の最後の悪あがきで、私はコンビニにタバコを買いに行くことにした。

子ども部屋をそっと覗くと、もももいちごもぐっすりと寝ていたので
そっと部屋の戸を閉め、玄関の鍵をかけ、エレベーターで下まで降りて自転車置き場に急いだ。

ほんなら。

マンションの自転車置き場に停めてある十数台の自転車の半分ぐらいが
もう、見るも無残な形でドミノ倒しになっていたので私は呆然とした。


そして私の自転車もその大惨事に巻き込まれており、それらを起こすことを考えてうんざりしてしまった私は

「いい機会やから行くのやめ(もうタバコやめ)ようかな…」

と、そう一瞬思ったのだが、だが何故かそこで、
歳を重ねてもうとっくに消え失せたはずの、私の元来の反骨心がムクムクと目覚めてしまったのである。


つーか、逆になんでこんなことでやめたらなあかんねん?
この程度のドミノ倒しがなんぼのもんじゃ!!!



今思うともうアホとしか言いようがないのだが、
そうしてアドレナリン満開になってしまった私は、文字通り「片っ端から」倒れた自転車を起こした。
中には、自転車を停めるストッパーが横の自転車の後部タイヤに絡んだ状態で倒れているものもあり
なんか「めっさでっかい知恵の輪状態」になっていたりして、薄暗い自転車置き場でのそれはちょっと大変な作業だった。

っていうか、そもそもうちのマンションの自転車置き場には屋根も囲いもちゃんとあるので(大家さんありがとう)
少々の強風でもこんなことにはならないし、そもそも今日はそんな強風すら吹いてはいなかった。
よって、この現状は天災ではなくもう明らかに人災(人為的な災害)であり、
ということは、これを「犯った」のにこのことに修復もしないで「ほっといた」やつがこの世のどこかにいるのだ。


コナンくん! ちょっと今すぐこの現場に来てくれ!


だが、小学生のコナンくんはもうとっくに寝ている時間なので、
そして、グズグズしていたらほんのちょっとの時間差で(日付が変わって)タバコが値上がりしてしまうので、
「くっそー!私は低きには流れへんぞ!例え誰も見てへんかっても、逃げたらあかんことからは逃げたらあかんのじゃ!」
とか、そんな独り言をブツブツ言いながら(←ヤバってるひと@いちご口調)倒れた自転車を起こしまくった。

と、そうして複雑に絡んだ自転車を起こしてる最中、私はバランスを崩して自転車を抱えたまま倒れた。
倒れた方向は左側なんだが、両手が不自由な(自転車持ってる)体勢で咄嗟に変な受身を取ってしまったのか
左肘にまず軽い痛みと、そしてそのまま柔軟に倒れたらおそらく左脚膝か脛の外側を続けて打つはずなのに、
何故か、続けて「左膝の内側」に、もの凄い激痛を感じた。

あまりの痛さに正直ちょっと泣いてその場にうずくまったんだが、
「だがここで泣いていてもそれはなんの問題解決にもならない」と、私は自分を奮い起こし、
左脚膝内側の激痛に耐えながら、歯を食いしばり、脚を引きずり、なんか半泣きになりながら、
私は見事、倒れていた自転車を全部立て直し、さらには15センチ幅の等間隔にそれら全てを並べ直しきったのである。


てなわけで。


全うしきった私は爽快な気分で(でも脚めっちゃ痛い)自転車で近所の馴染みのコンビニにてタバコ一箱を購入し

レジの兄ちゃん「(時計見て)まだ間に合いますけど、カートン買いはしとかなくていいですか?在庫ありますよ?」
私「したいとこやねんけどな~。無い袖は振れへんからねw……ただまあ、10月入ったら私はタバコやめるからね」
兄ちゃん「あ、なるほどww……では、来月もまた、お越しをお待ちしてま~すw」
私「www てか、あんたうちの店来いw」


という軽いトークなんぞをした後、
家に帰り、依然として痛い「左膝内側のこと」を、履いてたジーパンを脱いで見てみたら
「手の平を思いっきりパーにしたぐらいの広範囲」が、全て赤紫色に変色していたので「ゲッ」と思った。


数年前から、なんか知らんけど急激に血管がもろくなってきた私は、
現状、感情込めて拍手をしただけで手の平の血管が切れて内出血してまうほど、血管(の壁)が弱いのです。
だから普段は極力その弱い血管を気遣って生きているし、腕相撲とか絶対しない。

だが、もう今こうして「自分が譲れなかったこと」による不慮の事故によって、
中で血管が切れてしまったものは今さらもう仕方がないので、
とりあえず打撲についての炎症だけは湿布で抑えようと思った。

だが、そんな広範囲をカバーできるサイズの湿布が家になかったことと、
もし仮にあったとしても、膝下(屈伸部)を一枚で覆うのは無理だ、と結論付けた私は
サロンパスサイズの湿布(効能は同じのジェネリック薬剤)を6枚継ぎはぎする形でその箇所の炎症を覆った。

ぐっすり寝ているももを起こさないよう、何度か熱を計りつつ、
先の記事「知覚過敏との戦い」を更新した後、
寝る前にもっかい湿布を貼り直しておこうかなーと思って、湿布を剥がして「その状態」を見た。


すると、そこには約5ミリ間隔の赤紫色のミミズ張れ様の紋様ができていた。


てか、何これ?だいぶきもちわるいんですけど。何この脚。


「てか、棚田???」


…。
……。
………。


そうか、わかった!
あ~~~!ヘタ打ってもうた~~~!!!



要はりっさん、
その内出血し始めの時に湿布を貼ったまではいいが「膝を曲げた状態(立て膝)」でそれを貼ったんですよね。
で、その後、膝曲げてる状態では痛いから、痛みがマシな膝伸ばした状態でずっといた。
その間に、「湿布の弛んだその部分」にドバっと内出血した血が集まって、
なんかこのような奇妙な紋様を描き出すことになってしまったのだな…。


っていうか。


内出血した血液はそのうち皮下内で淘汰されていくやろうけど、
この「見た目」の色素沈着が元に戻るかどうかは、それは正直微妙なとこなんですが。


頑張れ!りっさんのターンオーバー!!!



この後、おまけで「りっさん左脚のグロ画像」をアップします。(期間限定)
痛々しいことに耐性のない人は、絶対に見ないように。





期間限定「りっさん左脚のグロ画像のアップ」は終了致しました。

ありがとうございました。

スポンサーサイト
  1. 2010/10/03(日) 00:35:37|
  2. 闘病?ネタ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。