どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「タイガーマスク運動」に思うこと。

さて。

今日テレビ見てて知ったんですけど、
どっかの県の児童擁護施設に「伊達直人」と名乗る人物からそこで暮らす新一年生宛てにランドセルが寄贈されたそうで
それに続いて他の県の同様の施設にも同じく「伊達直人」名義でランドセルが贈られ、さらにはプラモデルやら現金が贈られたり、
と、そんなんがにわかに全国規模で起きているので、
とある個人がしたそのことが不特定多数によって繋がれ広がってきているんじゃないか?ってことで
「伊達直人」というその名前からそれは「タイガーマスク運動」とか呼ばれて、ちょっとした話題になってるそうで。


と、そのニュースを見ながら私がまず初めに思ったことは


なんで「タイガー」やねんw もう「卯」やのにwww


だが、よくよく思い起こせば確か、タイガーマスクこと伊達直人は、
自分が育った孤児院ちびっこハウスにファイトマネーを寄付してるとかそんな話があった気がするので
そうかなるほど、そのエピソードにちなんでの「伊達直人」なのか、と。

っていうかそもそも誰もが、「伊達直人」=匿名、と勝手に決めつけて話進めてるけど、
「ウッソー!?www」と思うかもしれんけど、「伊達直人」がその人の本名である、という可能性もありますからね。
となると、「タイガーマスクや!」とか勝手に思いこんで感動したその勢いのまま続いて寄付とかしちゃった人って一体…。


…とまあ、りっさんお得意のそんな「斜め見」は冗談として、気の利いたことするのって難しいよなーと思います。
自分は良かれと思ってしたことが逆に相手にとってはいらんお節介になることもあるし、
もっと言うたら、「○○してあげる」って、←この、「あげる(あげてる)」って思いながらしてる時点で、
相手のこと思うよりも、逆に今自分が気持ち良くなってるみたいなとこあるんちゃうか?って私は思うんですよね。
「そんな言い方されるぐらいやったら、むしろしていらんわ」って、相手にしたらそう思うんちゃうか?って。
てか、少なくとも私はそう思いますしね。

ただ、最近ちょっと思うのは「○○してあげる」という言葉のルーツは「○○して差し上げる」なのかなあ?と。
何故なら、日本(語)の表現って、本来慎ましく美しいものが多いんですよね。特に動詞。
こんだけ敬語たら謙譲語たら丁寧語たら尊敬語たら何たらがある国はなかなかないと思うんですよ。
例えばタイムリーな話で言うと年賀状ひとつとってもそうじゃないですか。
「迎春」とか「賀正」って、目下のもんから目上の人には使わないじゃないですか。そこは「謹賀新年」じゃないですか。
でも、そんなこんなが「Happy new year」で足りてしまう国々もあるわけで。


てか、


「アホボケカス」を挨拶代わりにしている私が日本語の美しさを説いてもなんら説得力ないんだが。

しかももっと言えば今年の年賀状ではどなた様にも一律、
アホみたいな漫画字で  あ け ま し て お め で と う  と したんだが。



話、だいぶ戻って。



どこのどなたか存じませんけど、「最初の伊達直人さん」は、なんか凄いなって思った。気が利いてる。
逆に、言い方悪いけど、「伊達直人」に乗っかってそれを広げていってる人たちについては、私はあんま凄いとは思わない。

確かに、社会的にはそういう気持ち?や運動?が広がるのはいいことなんかもしれんけど、
今のこれはただ「伊達直人(タイガーマスク)ブーム」にテンションが上がった人がしてることに過ぎないと思うので、
「このブーム」に飽きたら、そもそも中身のないその人らのその行動はそのうち消えてしまう気がするんですよね。

てか、同じそこに乗っかるなら、そこはもう逆に「二番煎じ」じゃないほうが良かったんちゃうかとも思いますしね。


「本郷毅」 とかね。

「不動明」 とかね。



って、そうなってくるともう、「ヒーローオタク大集合www」って話になってくるでしょうから、
少なくとも「タイガーマスク(伊達直人)」だけで引っ張るよりは、そのブームは長持ちしたんじゃないかな?と。



「散らかる」やろけど。 色々と、「散らかってくる」やろけどw




また、話戻って。


どこのどなたか存じませんけど、「最初の伊達直人さん」は気が利いてると、私は思った。
でも、だからこそ逆に、今のこの状況に戸惑ってはるんじゃないか、と、私は思う。
自分はそんな大それたことをしたつもりはないのに、なんかこんなふうに大ごとになってしまってビビってるけど、
あとに続いてくれる人が現れたのは、なんかちょっと嬉しい反面、なんか複雑な気持ちで居はるんじゃないかと。
てかもっと言うたら、本人はそれをそっとしてるのに、翌日にはもうそのことが早速持ってネットで流れてて、
ともすれば、みんなしてやいやいと「その気の利く人」を特定してこようともするという下品なやつらについて。


自分ら、ほんま「気ぃ利かん」な~~~?

てか、日本の美学と美徳は どこに行ったんだぜ???




また、話戻って。


この急速な「タイガーマスク運動」の広がり方を批判するわけではないですけど、なんか正直すっきりしないんですよね。
その想いがホンモノなら、人真似でなく「オリジナル」で魅せてこいよ、と私は思うので。

余談だが、私は、
「○○という難病で苦しんでいる人がいることを多くの人に知って欲しいので、このコピペをりっさんのブログに貼ってください」
というお願いや依頼には100%乗りませんし載せません。
何故なら、その難病のことをそんなコピペで済ませるのは逆にどうなん?と私は思うので、
その病気のことを多くの人に伝えるのなら、私は自分でその病気のことを勉強し、私の言葉でそれを伝えたいので、
コピペ~コピペ~でそれを拡散したところで果たしてほんまにその苦しみは伝わるのか?って、私はそう思うんで。
そらまあそれでもなんもしないよりは若干いいんかもしれんけど、
ただ、私はそういうのには参加しない。私は私の言葉でそれを伝えたい。


「タイガーマスク運動」、早いとこ廃れたらいいのにと私は思います。
逆に、その「運動」が廃れてから残ったものこそが、気のある・気の利くホンモノちゃうかな?と、私は思う。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/11(火) 02:27:48|
  2. 思うこと(「生きる」)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。