どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

20年ぶりに友達に会った

さて。

先日、ツレと一緒に、20年ぶりに会う高校の友達夫婦の営むカフェに行ってきました。

…って、りっさん、前者は「ツレ」で後者は「友達」なん?
っていうか、いつも友達の話する時「ツレが~、ツレが~」言うてるりっさんが「友達」って言うの、珍しくない?…って?

そう、その友達夫妻と私は高校の時、特別仲良く日々ツルんでたわけではなかったんですよ。
嫁さん(Kちゃん)のほうは実は中学も一緒やって、一時期(確か入学当初?)何故か忘れたがめちゃめちゃ仲良くなって、
それこそ毎日のようにKちゃん家に遊びに行ってた時もあったが別々の部活入ったやか何やかでしょっちゅうは遊ばなくなって、
高校でまた一緒になったけど、一度もクラスも一緒になったことないし、校舎が違ったりして校内でもあんま会わへんかった。
旦那さん(Mくん)のほうはわりと男前で、運動部の活発な好青年やったんで顔と名前は知ってたけど多分ほとんどしゃべったことないと思う。
…と、ここまでの説明でなんとなくわかると思うが、
この「どんつき~」にちょいちょい出てくる、「学校で打ち上げ花火上げたりだのなんだのと悪さばっかりするいつもツルんでたツレら」と違って、
彼らはちゃんとした「高校生らしい高校生」だったので、やんちゃ仲間のツレ、でなく、そこはやっぱ「友達」なのだ。

余談だが、
私の高校の時のツレをほぼ知ってる(面識ある・飲んだことある)その一緒に行ったそのツレは
「あんたの行ってた高校、あんたらみたいなんばっかりか?wと思ってたけど、ちゃんとした人も居てはったんやなw」
と言っていた。どういう意味や。爆


話戻って。


その友達夫婦が結婚してカフェをやっているという話は、去年の夏にとあるツレから聞いていたんですよね。
そのカフェはこじんまりしてるけど凄く雰囲気が良くて、弾き語りライブとかが出来て、その業界では有名らしいよ、と。
なので早速お店のホームページを見てみたら、なるほど、なんだかオシャレなええ感じだった。
そしてそれからしばらくした頃、…諸事情により「今は」まだ名前は伏せておくが東京に住んでた時からの「友人」が
「まだ漠然とだけど、できれば年内か来年ぐらいに関西でもライブをやりたいと思ってて~」と言うので
「ああ、ちょうどあなたに雰囲気と合いそうなお店があるよ、私もまだ行ったことはないけど」とそのホームページを紹介し
「あらほんと!ステキなお店ですね~。関西に行けたら是非歌わせてほしいな~」てな感じでその時はその話は止まり、
私も、その友達夫婦のカフェに行きたいなーと思っていたんだが、日々の生活に追われてなかなか機会がないままだった。
と、そうして月日は過ぎ、ここ最近になって「あの時のその話」が具体的なものとなって、その友人のほうから
「一度あのお友達のお店に(いついつ頃の)ライブのスケジュールを聞いてもらえないだろうか?」と連絡があり
「じゃあ一回聞いてみるけど、どういう形式でやるとかの話は素人の私が噛んだらややこしなるから直接してね」ってことで
私を覚えてくれてるかどうかも怪しい、その「20年ぶりの友達夫婦」のカフェに私は電話をしてみた。

オーナー「はい、SOLECAFEです」
私「お忙しいところすみません、オーナーさんでいらっしゃいますか?…私、○○高校で一緒だった(名字)と申します。あ、奥様とは中学高校と一緒だったんですが、覚えていらっしゃるでしょうか…?」
オーナー「(名字)さん、ですか…。ごめんなさい、ちょっと……」
私「みんなからは、『りっちゃーん!』、言われてたんですけど……」
オーナー「あー!あー!あー!!!wwwはいはいwwお久しぶりです、(名字)ですw」


オーナー、いや、Mくんにひとつだけ聞きたいことは


「りっちゃーん!」で、私の何を思い出して 今ちょっと笑ったのか、詳しく。


話戻って。


そうして聞いてみた結果、その頃のスケジュールはもうすでに全て埋まっているそうで(さすが業界で有名)
「じゃあもしまた関西にその友人が来ることがあれば宜しくお願いしますわー。私もまたお店に行かせてもらいますね~」
って感じでその電話はそこで切ったのだが、ふと
(こんなふうに、いつかまたね~で卒業したまま、もう20年も経ってしまったんだよな…)とか思って、なんか急にちょっと寂しくなった。

と、ちょうどそれと同時頃に、「りっさんの今度の平日仕事休みに会おうぜ!」と誘ってくれていたツレがいて、
先日持病が悪化した私の食事制限が解禁になったから の快気祝いな感じ?で小粋にごくさりげなく)
「あ、なんか食いたいもんあったら車出すで~」と、そのツレが言ってくれていたのを思い出し、
普段はもうよほど「何処そこに行きたい」という欲求が芽生えない、そんなちっとも『おもろないやつ』の私だが、
「行きたいところができた。SOLECAFEというお店に行きたいんや」とツレに言うと、なんとツレが
「あ、知ってるよ!誰それさん(ツレが大ファンのミュージシャン)がライブしはった時行ったんや!私も行きたい!行こう行こう!」と言った。


「縁」ってほんま不思議ですよねー。なんかおもろいな~。


てなわけで、
私はそのツレと一緒に、20年ぶりの友達夫婦が営むカフェに行ったんだが、これがもう迷いに迷った。爆

「行ったことある」というツレの勘と、私が携帯にブックマークしていたグーグルの地図検索(←でたらめだったw)が
なんかもう「悪いほう」「悪いほう」に絡みもつれ合って、なんかとんでもないところまで行ったりした。
なお、これに関しては、ライブで来るお客さんもわりと迷わはることが多いらしいとオーナーMくんが言っていたので
りっさんがここではっきりと明記しておきましょう。


SOLECAFEの行き方は、千本北大路から千本通りを道なりに北にまっすぐ。
左手に見えてくる京都佛教大学を越えて、しばらく行ってすぐの、
右手(千本通り沿い東側)の、青い屋根(日除けのスクリーン)が目印です。



近くのコインパーキングに車を停めて、パラつく雪(まだ降るか?もう3月やぞ)の中をしばらく歩いてそのドアを開けたら
ランチタイムの一番客(オープンしてすぐ行った)だった私らを、その友達夫婦が「いらっしゃいませー」と明るい声で迎えてくれた。

ここだけの話、
今日私が行くことは友達夫婦には一切伝えてなかったので、一発目にどう声をかけたらいいか、私は若干悩んでいたんですよ。
何故なら、私はもうあの頃の「りっちゃん(やんちゃなクソガキ)」とは違い、こうして今は「魅力溢れる大人の女性」なので、
私からその自己申告(紹介)をしなければ、最後までずっと「私」だと気付いてもらえない可能性が「大」なのである。

自己紹介というのはなんせ「タイミング」が大事なので、ここはもう「最初」が肝心だ。


「(手拍子しながら)ハーイ、ハーイ、ハーイ、ハーイ、りっちゃん来ましたよ?(おどけたポーズ)」




って今時漫才師でもそんな登場の仕方せえへんわ!
そんなんもう100%スベる気しかしない。



よって私は、「今りっさん全くおもろない」ことを自覚しながらも、入るなりもうごく普通にオーソドックスに
「こんにちわ~お久しぶり~。オーナー、こないだ突然電話してすんませんでした~」と、厨房のMくん(旦那さん)に声をかけ
するとKちゃん(嫁さん)が、(えっ?)てな感じで、私の顔をパッと見て「あーっ!w」と言った。


Kちゃん「こないだ誰それちゃんが来てくれた時はわからんかったんやけど今日はすぐわかったw全っ然変わってへんねw」
私「あ、そう?w…てかそれ、もうずっといつ何処で誰に会うてもそう言われるねんよなあ…」



こうして今はもう「魅力溢れる大人の女性」



話戻って。
いや、話進んで。


ほんま、めっちゃ楽しい時間でした。

「今日のパスタランチ」で私がいただいた「鶏とゴボウのクリームスパゲティ」がめっちゃ美味しかったのは
もう私がここで言うまでもないので、ぜひとも皆さん自身で「実食」し、その感動を味わってください。

ほんまに「居心地」が良かった。

私は、20年ぶりに会った友達夫妻と「あんなことあったよな~」っていう昔の懐かしい話をして
一緒に行ったツレは、そのオーナー(友達)夫妻と「こないだ誰それさんのライブでここに来た時」の話をして
友達でありオーナーなその夫妻は、「この店をやろうと思ってから今日までのこと」をおもしろおかしく話してくれて。

と、そうしていわば「身内トーク」で笑ってしゃべってたら、次第にお客さんらが入って来はって、
各々が好きな席に座って、本読んだり、窓の外眺めたり、友達としゃべったり、好きにその時間を過ごしていた。
そんな中、私らはといえば、「ほな、食べ終わったし混んでもきたしそろそろ帰ろうか…?」とはならず逆に「まだ」居た。


ランチセットに付いてた飲み物を飲んだにも関わらず、
さらにコーヒーと紅茶を単品でおかわりして、「まだ」 居たからね。





てかおまえら「ランチ」で何時間おんねん…?

「帰れや!!!(爆)wwwwwww」
 


っていう。


私はこう見えて(どう見える?w)、意外とかなりの気ぃ使いなんで、
自分が客(お金払う人)なのにも関わらず、お店、特に飲食店では、店に対してごっつ気を使ってしまうんですね。
それは「友達の店」でも同じことで、っていうか逆に「友達の店」のほうが普段よりさらにごっつ気を使う。
っていう性格なだけに、気ぃ使わんでいい(アンテナ的なもの)をキャッチする感覚が逆に敏感なんですよね。

…って、言うてる意味(伝えたいこと)わかります?
これはもうほんまわかる人にしかわからんかもしれん感覚のことやと思いますが。



話戻って。



SOLECAFEは、ほんま気ぃ使わんで良かったから「居心地」が良かった。
かなりの気ぃ使いの私がそう感じたんやから、おそらくもう概ねの人が「居心地いい」って感じると思う。
多分あれはもうあの友達夫婦の「人柄」と「雰囲気」がそう感じさせるんやろなー。また行きたいわ~。


てなわけで。



総括。




先日、ツレと一緒に、20年ぶりに会う高校の友達夫婦の営むカフェに行ってきましたら、
友達夫婦は、結婚して、二人でカフェやって、なんか楽しそうに幸せそうに暮らしていました。
もちろんそこに行き着くまでにはもう言葉にできないほどの努力をしてきたんやろうと思うけど
そんなことをもう全く感じさせない、想像すらさせない感じで、な~んか朗らかに笑っていました。
20年ぶりにまた「友達」に会えて良かった。会いに行こうと思って、行けて、良かった。

と、そんな私がひとつだけ思うことは、逆にそんな「友達」にとって、私(りっさん)はどうだったのか?と。


20年ぶりに会うて「懐かしいな~!」言うて、なんやよう話聞いたら自分、
「いや~実は数年前に離婚して子ども二人連れて京都に帰ってきましてww」
って、ちょw 自分どうなん大丈夫かいwww



みたいな感じやったか?w ならそれは正直「すまんかった」(爆)
20年ぶりに会うた二人から「パワー貰いっぱなし」のままではもうあまりに情けないので、私もまた頑張りますわ。



そして、最後になりましたが、一緒に行った「ツレ」へ。


ありがとうな。

相手があんたじゃなかったら、私は「ここに行きたい!」って思っても言わへん・言えへんかったかもしれんわ。
なんせもう君もよほどご存知の通り私は「意外と」気ぃ使いやからなw






おまけ。


これ言うてええんかわからんけど、大爆笑したオーナー・Mくんのトーク(ネタ?w)。

「ライブ入ってる時は店の前にお客さんの行列が出来たりするけど普段(ライブのない日の昼間の営業)こんな感じやしね~。普段の常連さんは近所のおっちゃんとかお爺ちゃんお婆ちゃんも多いねん。うちとしてはライブで来てくれはったお客さんらが普段もまた来てくれはったらいいなあ~と思うけど、聴きたいライブがあるから来てくれてはったお客さんがこうして普段にも来てくれはるのはなかなか稀れやしね~…っていうか逆に普段来てくれてはる年配の常連さん方がライブの日の若い人たちの行列をたまたま見て『SOLECAFE、なんか新しいことでも始めたんか!?』ってちょっと引いてしまわはってあんまり来てくれはらへんなる…とかもあったりするしね~w」


てかそれオーナーwww
ライブもする(音響機材揃えて貸切にもさせたげる)ことで店の集客数を上げるどころか、
ライブもすることで 逆にそれが 「(店には)裏目」にも出てます話ですやんかwww



と、そんな話を笑ってするオーナーと、その横で「そうそう、あるよね~w」と笑ってる奥さんを見てて、私が思ったのは
オーナー夫妻は自分らの利益よりも何よりも「出会い」を大切にしたいからこそ、この店をやってはるんやろなーって。


「店は狭いし場所も市内の外れやしwでもいつかもっとこの店を広げて京都大阪の中心地に店出したる!…とかは僕は考えてないなあw」
(オーナー談)


「人と人との出会いと、そして、そんなふれあいの中で感じる自分の気付きや学びが何よりも大切なものだという思い」。

人と交わる仕事の原点(出発点?)は多分そこからやと思うんですよね、特に接客業はもうそのトップクラスやと思う。
でもそういった思いや考えを持続・継続することは、正直難しいと思うんです。
そら、誰でも自分で店持って商売し始めたら、自分でそれを好きに決めていい立場になったら、もうぶっちゃけ
「もっと儲けたい」とか、「もっとラクして(経費も時間もかけんと)儲けたい」と思い始めるのが普通やと思うし。
でも、SOLECAFEのオーナー、オーナー夫妻は、その原点からブレず、「その思い」がもう全く変わってないんだと思う。

こんなん言うたらオーナー夫妻(店も本人もバリバリ現役)に怒られるかもしれんけど、


SOLECAFEが何十年か後に店終いしても、
SOLECAFEはそこに訪れた人々の記憶の中にずっと生き続けると、私は思いますわ。



スポンサーサイト
  1. 2011/03/06(日) 02:53:43|
  2. ツレネタ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。