どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

表現者たち。

さて。

ちょっと日が経ってしまったんですが、先日いちご(長女)の小学校の卒業式がありました。
出がけにとある重要案件の依頼先から電話がかかってきたのでその場で話しこんでいたら家を出るのが遅くなり、
猛ダッシュで学校に駆けつけたら、門の前にも続く中庭にも人っこ一人いなくて「シーン」となっていた。
「やっべー…始まってるか?」と思いつつ体育館(卒業式会場)に急いだら、途中で出会った用務員さんが
「もう今卒業生が入場するとこですよ!早く早く!」と言ったのでさらにダッシュしたら体育館の入り口で子どもらがもうスタンバっていて
「いちごのお母さん来た!w」とか「おばちゃんも一緒に入場する?w」とか色々言われ(イジられ)、いちいち道を阻まれ
「わかったからどけ、頼むからそこをどいてくれw あ、みんな卒業おめでとう!君らの友情よフォーエバー!w」
とかそんなん言いながらもう大慌てで体育館に駆け込んだら
いよいよ入場してくる我が子の姿をおさめようと、入り口にカメラやビデオを構えている保護者たちが一斉に私に注目した。


「…って、 りっさんかいwww」 

「はいりっさんのちこくでしたすんませんみんななんかほんますんません!!!w」



と、そうして私は最後の最後まで痴態を晒しめ、息も絶え絶えにやっとこさ保護者席の一番後ろに辿り着いたのだった…。


てなわけで。


全く緊張感もなく逆に大恥こいて始まったいちごの卒業式なのだが、感動というよりなんて言うか「静粛」な気持ちになりましたね。
いちごの小学校では卒業生は自分が進学する中学の制服を着て卒業式に出るんだが(私が通っていた頃からの習わし)
中学の制服を着て卒業証書を受け取るいちごを見ていて、「大きくなったなあ」というよりむしろ、「これからやなあ」と思った。

これまでは赤ん坊から子どもになるまでの「子育て」をしてきたけど、これから二十歳までは子どもから大人になるまでの「人育て」が始まる。
いわばここ(今日)がある意味「折り返し地点」なわけですよね。
例えば、いちごにしたら今までは「親(ママ)の言うことやからしゃあない」で聞いてた部分も多少(かなり?)あるかもしれんけど、
これから先は、親子である+人間同士の話、付き合いになっていくと思うんですよね。
これからいちごは「自分」というものがどんどん備わってくるやろし、親であり、一方で「一人の人間」として私を見てきよると思うんです。
変な話、今までは「(親の)ママのOKが出えへんかったから、腑に落ちないけどしゃあないし我慢する」やったことでも、
「この人の言うその理由のダメ出しには自分は納得できひん」と思ったら、私の言うことガン無視で「強行突破」しよるかもしれんしね。
…ってまあそれはそれで楽しみなとこもあるんですけどwてか私もなんやかんや「強行突破」してたんでw
話(真面目に)戻り、
だから私は、いつまでもこの子の親であり続けることと同時にさらにここからは、いちごにとって
「人として学ぶところがある人間」、「意見を聞く価値のある人間」になっていかんとあかんねんよなあーって思って。
よもや「なんやこいつ(人間的に)全然大したことないやんw」などと思われたら(バレたら?w)もうだいぶやばいのだ。
…ってなことを考えていたら、泣くとか感動とかより、なんか身が引き締まる思いになりました。「これからや、またここからや」と。

ただ、ももの卒園式の時と同じく、担任の先生が最後の学級会の時に涙ぐんで言葉に詰まらはるのを見た時は涙腺がやばかった。
こうして「巣立ちの日」に涙ぐむほどに、この子の「これまで」に懸命に関わってくれた人がいた、ということが、もうほんまに有りがたかった。



とまあ卒業式はそんな感じで終了し、さて、ここから今日の本題。



卒業式の後、午後から「お別れ会」と称した食事会があったんですよ、卒業生とその保護者(主にオカン+下の子参加も可)で。
幹事は各クラスの保護者学級代表委員さんで、場所はとある近所の焼肉屋を2時間貸切の、食べ放題・飲み放題で。
つーか、育ち盛りの食べ盛りの主役(子どもら)考えたら「食べ放題」はまあわかるけど、
「飲み放題」のオプションが付いてる時点でそれじゃもう「(親の)飲み会」になること前提やろwって話なんだが。

その会のプログラムには子どもらが自分らで企画・構成・演出+出演をするというお楽しみ演目(出し物)が用意されていて
それについては幹事さんらも「とりあえず30分の枠だけ取ってほしい、としか言われてないので何が始まるかよくわからない」と言っていた。
ただ、「なんかうちの子は嵐を踊るらしい」とか「うちはAKBをやるらしい」という噂がにわかに流出してはいて、というのは
いちごもそうだったが、この数週間子どもらが日曜のたんびに「お別れ会の練習がどーの」言うて昼間出かけてたんですよね。挙句の果てに

「インターネットでAKBが『ヘビーローテーション』っていう曲を踊ってるのんを探すのをママに手伝ってほしいんやけど、ママのパソコン立ち上げてもいい?」

とか、 もう完全にネタバレ なことを言うてきたりね。
てか逆にそんなん言われたこっちにしてみたら、「それでもまだなんにも気付かないふり」をするほうが難しいっちゅうねん!wっていう。
っていうかそもそも嵐とかAKBとか焼肉屋で(スペース的に)どないして歌って踊るん???っていう話なんですが…。
「まあでも自分らでなんかしたいって言うんやからやらせてみよかー」みたいな感じで、幹事さんらもあえて口を挟まずにいたそうで。



そんな感じで、当日。



よって、「その出し物」については幹事さんらを筆頭にもう保護者の誰もが「ノータッチ」であり、
しかも席が子どもと保護者で分離されていたことから「その出し物があること」すらも忘れ、
保護者席は普通に飲み会…というか、むしろ、

「平日の昼間っからオカンが飲み会してていいのか!?www」
「かまへんかまへん、今日ぐらいかまへんがな!もう最後やねんからwww」


という、もう逆に「普通じゃない盛り上がり(テンション↑↑↑)の飲み会」になっていた。


私がひとつだけ言いたいことは


おまえら、どんだけストレスたまっとんねんwww


まあでも普通に考えて、
その子が生まれてから今日までの延べ12年間を、ろくに自分の時間も取れなくなんかやってきたんですから
いわば「12年分のそのストレス」をここで一旦発散(リセット)するにはもう「そういうことwww」にもなるのやもしれん。


と、そんな中、

店員さんから「そろそろラストオーダーを…」の声がかかったのとほぼ同時ぐらいに、


「ワン ツー スリー フォー ♪」 


という、なんかもうアイドルピンク一色な「ガナリ(オープニングのきっかけの叫び声)」がかかって、
白シャツにミニスカートでお揃いのシュシュを付けたやつら(AKB?)が四方八方からわらわらと出てきたんですよ。そして、

「(焼肉屋での)テーブルとテーブルの間の狭い通路の中でもまだ若干広めその通路」

を陣取って、やつら(AKB?)はもう無理から「ステージ」をやり始めやがった。


もう、「大混乱」ですよ。 色々と「大混乱」。


っていうか 逆にどこで観たらいいねん!?
どうやってもその「ステージ」の前に観客は全員納まりきらんぞ???
てか「ラストオーダー」も言わんとあかんし!!!



続く
スポンサーサイト
  1. 2011/04/01(金) 00:30:22|
  2. 学校・PTA・役員ネタ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。