どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「メアド変更のお知らせ」

さて。

先日、次女のももが、「夏休みの理科の自由研究で、ママといちごちゃん(長女)に手伝ってほしいことがある」と言った。

私が小学生の頃はそんなふうに「理科の」と限定されてはおらず、ほんまの「自由(にやっていい)研究」だったので
各々得意分野で適当にズボラかましながらその宿題をやっていたものだが、最近はそうして限定している学校も多いようで。
ちなみに去年は、こんな感じ でやっとりました。懐かしい。

話戻って。

よって私は、ああもうまたそんな時期かと思いながら「うんええよ。何したらいいの?」とももに聞いた。
するとももは、「あのな、ママといちごちゃんの前がみの長さを計らせてほしいねん~」と言った。

私&いちご「はっ…? ま、前髪???」 

それは理科の自由研究ですよね?と三回確認したんだが、ももは三回とも自信を持って「そうだよ♪」と言った。

「ことしのじゆうけんきゅうは、ももちゃん、かぞくの前がみののび方をしらべます!」


いちご「いやあの、それを調べても…」
私「そもそもその研究の行く末が見えないっていうか…」

まあでもこれはまだ決定ではなくきっと「やりたいことを考えてきてごらん?」って話だろうと思い、とりあえず前髪を計らせてやることにした。
するとももが「うごかないでね~♪」と言いながら1mのメジャーを伸ばして私の額に当ててきたので、それにはもうさすがにツッコんだ。


私「って なんでメジャーやねん!ママどんだけ顔長いねん!」
いちご「モアイ像もビックリwww」



と、そうしてももは「かぞくの前がみ」を計って、その記録をノートにつけて学校に持って行ったのだが、
その後、先生がうまいことシフトチェンジしてくれたようで「やっぱりシャボン玉の実験をすることにした」と言っています。好きにやれ。


とまあそんな感じで、さて今日の本題。


もうだいぶ前のことになるが、店の後輩のタケちゃんが携帯メールのアドレスを変えたんですよね。
それは、私が約二年前にタケと知り合ってから(タケが入ってきてから)「二度目のメアド変更」だったんですが。

っていうかあれ、変える人はもうしょっちゅう変えるよなー?「迷惑メールが多いので~」とか言うて。
私は携帯のメアドを変えたことはこの方一度も無く、そうしてメアドを変えたくなるほどの数の迷惑メールも届かないんだが
もし仮にそんなにも迷惑するほどの数の迷惑メールが届いたとしても、私はやはり、
「それを無視する労力」と、「メアド変更のお知らせをする労力」を比べると、「前者」を取ると思う。
だからそうして「ほっときゃいい迷惑メール」ごときでしょっちゅうメアドを変える人を「マメやな~」とある意味感心している。


話戻って。


ある晩、タケから「メアド変更のお知らせ」のメールが届いたんで、あーそうなんやと思って私はそのまま放置していた。
別に今すぐ大急ぎで登録変更しなくても、消去しない限りそのメールは消えないんやし、また後で再登録したらええわと思って。
っていうか極端な話、ほぼ毎日店で会うてるんですから別段タケとメールでやりとりすることもないし、そない急いでやることでもないわと。


するとその30分後ぐらいに、

もう「全ーったく同じ内容」のメアド変更お知らせメールが「また」来たんですよ。


しいて違うところといえば、文章の最後に付いてる、なんか動く絵文字?が、
イエーイ♪ってしながらくるくる回ってるウサギ から 卑屈なほどにペコペコ頭さげてるたぬき に代わってる、
っていうぐらいの、もうほんま「どうでもええわwww」という、そんな程度の違いなんですよ。

よって私は、「何回も何回もしつこいなーこいつは!もうそれさっき聞いたわ!w」と思い、それもそのまま放置した。
っていうか、もう明日店でタケに会うたら怒ったろう、とも思っていた。
「おんなじことを二回も三回も言うな、一回聞いたらわかる!」と、ちょっともう怒ったろう、と思ってもいた。
だが逆に「怒られた」のは、「私のほう」だった。


さらにその30分後ぐらいに、今度はタケから電話がかかってきたんですよね。


こいつ まだ言うか~~~!?
さっきから二回も続けて 「おんなじメール」 をしてきたにも関わらず、
さらに電話してきてまで 「まだ」 そのことを言いたいか???



もうこれは絶対に怒っていいところだと思った。あまりに、もうあまりに、しつこすぎる。
ただ、タケは「いきなり怒鳴られる」とか「いきなりマックスで叱られる」とかに対して弱い(トラウマがある)やつなんで、
電話出た瞬間に私が「おまえなー!!!」とかって怒ってやると、こいつはもう異常に傷つき異常に凹むかもしれない。
だからまずはタケの出方を待とう、とそう思って、私は「…はい、もしもし?」と静かに普通に電話に出た。
すると、「いきなり怒鳴られるとかそんなん怖いはずのタケ」が、逆にもういきなり私に怒鳴ってきたのである。


タケ「メアド変更しました!ってさっきからずっと言ってるじゃないですか!!!」

私「いや聞いたよそれはさっきから二回も、つーか逆になんでおまえがキレてんねんwww」


…。
……。
………。


タケの「言い分」はズバリ、「確認したよというフィードバックが欲しかった」ということだった。


私「ていうかさ、メール不行き届きの連絡が自分の手元にバックされない限りそれは相手に届いてるってことやん?」
タケ「それはそうなんですけど…」
私「やろ?ほなもうなんの心配も問題もないやん?なのになんであえてそれを何回もこの短時間に言うてくるの?」
タケ「届いてるかが心配っていうことじゃなくて! わかったよ~ってひとこと返事返してくれるぐらいしてくれてもいいじゃないですか!?忙しいかもしれないけど!」
私「おまえは 『めんどくさいタイプの女』 やな…」
タケ「それをめんどくさがってるのはりちさんでしょ!!!」
私「wwwww そう言われるともうなんにも言われへんけどwww でも実際にめんどくさがってるのは7割ぐらいやで?」
タケ「7割…?結構高いじゃないですか!ww じゃあ、あとの3割は?」

私「気遣い、かな?(笑)」


「また言葉巧みにりちさんに逃げられた!」と、タケは怒りながら笑っていた。
でもそれは「思いつきの逃げ口上」ではないとこもあるんですよ。ほんまに3割ぐらいは「あえて気遣い」で放置してるんです。

何故なら、私は「メアド変更」をしたことないから「その状態」が実際わからんけど、「それ」を自分なりに想像すると、
例えば、200~300~500人とメモリ登録してる人らに一斉に「メアド変更しましたのお知らせ」をした(送った)時、
その全員からいちいち「返信」が来てみ?そんなんもう「迷惑メール」の比ではないほどにめんどくさいぞ!?
そしてさらにその中で「超久々なツレ」は、もう特に「近況報告」と共に、「これを期に会おうアポ」とかも取ってくるやろしね?
だから…!ごく近い人間(毎日ほど会うてるやつ)はそこで返信せんのが粋(気遣い)やと私は思ってるんですよ、3割ぐらいで。


っていう話をよくよくするとそれをタケもなんか解ってくれたようで、

「わかりました。便りがないのが元気な証拠、ってことですね!」

とか言っていた。


絶対 わかってないわ、おまえwww



と、そんな私がひとつだけ言えることは、


タケが次にメアドを変えた時(三回目)、私は 「デジャヴ」 に逢うだろう。




おまけ。


と、そんな後輩タケ、タケちゃんですが、私は彼女とめちゃくちゃ付き合いやすく、私は彼女が大好きです。
それは何故なら、タケはそうしてキレてきてくれよるから。
私に対して「陰で鬱積」をせえへんから、「直に来よる」から。
言うてること意味不明でもなんでも時に泣きながらでもそうしてぶつかってきてくれよるタケちゃんが、私はほんまに大好きです。

スポンサーサイト
  1. 2011/06/30(木) 01:58:12|
  2. ツレネタ

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。