どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

りっさん、「勉強」をする。 その2

さて、この 続きです。

と、そうして私は人知れず始めた勉強を人知れずやめた。

お客さんのご理解・ご協力もあって、店では買い占め騒動も収束してきて、個数制限を解除できる商品が増えてもきた。
でもツイッター上ではまだまだ家族や知人を探すRTの拡散で溢れており、同時に原発批難や怒りのRTがちらほら出始めた。
と、そんな時、私の親友である、とあるツレがこんなつぶやきをツイったんです。

「私はもう今まで通りにするねん。自分に出来ることをするねん。もう、そう決めたねん」

雑で鈍感で乱暴な私と違ってそいつはほんまに感受性の強く根が優しいやつで、だからそれはもうよほどの思いでの決意なんだろうと思った。

余談だが、そいつは私のそのトーハン試験の一週間前、
「りっさん、試験頑張ってね!」 でもなく 「あんなに努力したんだからうんたらかんたら~」でもなく

「ほれっ」

っと言って、堤真一様のご尊顔(画像)に「りち、気合い入れていけよ」というコメントを加工した写メを送ってきやがり、
それを見た私は「ウヒョオーーーー!!!」と叫びながら狂喜乱舞した。


こ、こいつ…。 さすがだぜ、「なんか」 わかっていやがる…。


話戻って。


私はそのツレのつぶやきを見て、今一度考えた。
「勉強したいけど出来ない仲間を思って、勉強ができない」 …違うやろ。それは違うやろ、心折れるところがおかしいやろ。
「勉強したい仲間の分まで、頑張って勉強をする」 …いや、それもなんか違う。それもいいと思うけど、私はなんか違う。
…うん。そうや、やっぱり、「今、自分に出来ることをする」 …これや。これに尽きる。

よって、3月11日以降全く開かなかったテキストを約一ヶ月ぶりに開き、4月半ばから私はまた勉強を再開した。

勉強の内容は大きく分けて5章に分かれており、

医薬品に共通する特性と基本的な知識
人体の働きと医薬品
主な医薬品とその作用(←ここが一番ウエイトが高い、ハンパない)
薬事関係法規・制度
医薬品の適正使用・安全対策

といった感じなのだが、そもそも理科が小4レベルの私には
同じ作用(薬効)でもこっちから見たら良いけどこっちから見たら厄介、というのを理解するところから始まった。

例えばそうですね…

鼻が出るから鼻水を止めると喉が渇いたりおしっこが出にくくなったりする、みたいな。
要は身体の分泌を止めるわけですから、そんな都合よく「鼻水だけが止まる」ことはないわけです。

でも一個そうして理解したら、こんがらがった紐を解くように色んなことが理解できるようになり、そしてついには
「いつも健康診断で片方のコレステロール値が高いって言われるけど、でもまあ問題ないって言われるんだ」と言う彼氏さんに

「ああ、それはLDLすなわち低密度リポ蛋白質いわゆる悪玉コレステロールと、HDLすなわち高密度リポ蛋白質いわゆる善玉コレステロールの体内における働きが違うからだよ。LDLは肝臓で産生されたコレステロールを末梢組織に運ぶ働きをしていて、HDLは末梢組織のコレステロール取り込んで肝臓に運ぶ働きをしていて、そうして運ばれてきたコレステロールは肝臓で代謝される、っていうふうに2つのリポ蛋白質が肝臓と末梢組織を行き来してるんやけど、もしLDLが多くてHDLが少ないと肝臓にコレステロールを戻せない、つまり代謝がおいつかずにコレステロールが末梢に蓄積してしまうやんか?これが一般的に言われる、コレステロールが高いっていう状態で、でもかっちゃんの場合はLDLの値は正常でHDL値が高い=多いから、だからまあ問題ないって言われるんだよ」

という説明ができるようになった。そして彼氏さんは

「……!?(ドウシタ!?アタマダイジョウブカ?コイツ???)」

となっていたが、まあそうだろう。
なんぼ説明しても台風の発生する仕組みを理解できない私がそうして科学的根拠に基づいた理論的な説明をペラペラっとしたのだから…。

と、そうして自分がどんどん「人体バカの医薬品オタ」になっていくのを感じながら勉強を続け
薬の裏書に書かれている全成分の薬効(主作用)と副作用、注意するべき対象・基礎疾患などが概ねわかってきた頃、願書提出となり
それからさらに勉強を続けて、最終的には「外国語もどきだった過去問題」で95%の正答率を出せるようになっていた。
いや~、すごいぞ。「勉強」って。 やってみるもんやぞ~。


って おまえに言われんでも全員とっくの昔にわかってるわそんなこと!!!


と、そうしてまあまあ内心自信満々で試験を受けてきたんですが、意外と「よし出来た!」手応えがなかったので

「ピョー」

ってなった。
全く出来なかったら「ガーン」なんですが全く出来なかったわけでもない、おそらく第一章などは全問正解だ。
でも、なんかこうイマイチ手応えがない、だからなんかこう「ピョー」っていう。
自信ないところが全問不正解やったとして合格点ギリギリだろう。だからそれプラスさらに自信あるとこまで間違ってたらもう不合格。
でも、試験(引っ掛け問題)には落ちても勉強したことは覚えてるし身についてるからまあいいか、と思った。

とそうして諦めながら、翌日の晩にネットに出た解答速報(非公式)で自己採点したらなんと85%正答していた。

えっ!? ほな「合格」やん……。

毎年全国の解答速報を出してるところなんでそんなべらぼうに解答が違うことはないと思う。
でもいかんせん非公式なんで、解釈違いとかで数問は誤答があったとしても「20問以上」誤ってない限り合格。


ただし名前を書き忘れてなかったら←←← 


ってツイッターで先行報告したら、フォロワーであるツレ(元はツレのツレ)が
「それとマークシートが一段ずれてなかったら」とカブせてきた。


「それ←←←」もあったか!!!


てな感じで半年間に渡る「勉強の日々」が一旦終了したんだが、でも多分やめると忘れると思うので勉強は続けていこうと思います。
もっともっと「いいトス」を上げ、たまには「いいスパイク」も決めていけるように。



余談だが、試験中、後ろの席の兄ちゃんが

「あーっ!これどっちやったかなー…?」とか、「ええ…?これはどういう意味で捉えたらいいの…?」とか、

まあまあでっかい声でそんな独り言をもうずっとずっと言っていた。


わかる。わかるぞ、その気持ち。



それと、「内緒な」って言われたんで「おまけ」で。

試験前日、職場の先輩のショウさんが合格祈願のお守りをポストにスラムダンクしてくれました。
とても嬉しかったです。


スポンサーサイト
  1. 2011/09/09(金) 17:06:54|
  2. どんつき(の、どんつき)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。