どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「続けていく」ことの力。~EARTH JACK 10周年記念ライブ

さて。

今日はあのNY9.11から10年目、3月11日の震災から半年という節目…。「節目(?)」の日でした。
っていうか、「節目」は「節目」やけど、それは「なお継続」してるし、今後もそれはしていくからなー。
例えば、私は「母親の命日が自分の27歳の誕生日」なんですが、私にとってオカンの命日とは、
「オカンが死んだ日」というよりも「自分のリスタートの日」みたいなところが私にはあります。
何故なら私はまだ生き続けているので、生きてる人間にとっては、「それはいまだ継続」をしとるんですよね、もうずっと。


そして。

誠に個人的なことですが、私にとっては今日「もうひとつ」、大きな出来事がありました。


EARTH JACK 10周年記念ライブ! 


奇特などんつきフリークですらもう忘れているかもしれないが、私はかつて、とあるジャズバンド に所属していたのです。
というか、「バンドやろうぜ!」言うて人集めるだけ集めて、わずか4ヶ月で元旦那の転勤で関東に行ってもーたんですが
それからもそのとあるジャズバンドこと「EARTH JACK」、略して「EJ」は音楽活動を続け、今年で10周年になるそうで。

みんなそれぞれ仕事があったり、乳幼児・小学生の子どもを育てながらのその活動継続は、趣味とはいえ大変だったと思う。
というか、彼ら彼女らの活動はもう、素人の趣味の域を超えてますからね。
老人ホームに出張ライブしたり、地下鉄地下街の音楽イベント出たり、結婚式披露宴二次会で演ったり、呼ばれたらどこでも行きますから、楽器持って。
と、そんなEJに「是非演奏してほしい!」という京都開催のイベントがあればこちらまで→http://katy.jp/ejej/ (活動告知用 携帯サイト)

余談だが、この「EARTH JACK」というバンド名の由来は

めっちゃ上手になって音楽で地球をジャック(乗っ取り)してやるぜ!

っていうところから命名されたんですが、


おまえらは一体、何を言っているのか と。


まあ「乗っ取り」っていうのはシャレ(冗談)ですが、それぐらいの気持ちでやっていこうぜ!ってノリで名付けられたんだが
ひとつだけ言えることは、

バンド創設当時、メンバーの中にはなんと「楽譜が読めないやつ」がいた(爆)

と、そんなEJが、今年でもう「活動10周年」だという。

その間、メンバーが転勤や県外引越し等で抜けたり、試験・就職・出産育児・仕事過密などで練習に出れなかったりで、
何回かバンドの存続自体が危うくなったこともあったようだが、
それでも彼ら彼女らは「EJの灯火」を消さないようにと、どっかからか新たなメンバーを引きずりこんできて
もとい、募ってきて、懸命に、この10年間ずっと、音楽活動・バンド活動を続けてきたんですよね。

「10年」言うたら、まあまあ凄い年月です。
生まれたての赤ん坊が小学校五年生ぐらいになるほどの、まあまあ凄い年月です。


今日のライブはそうした彼ら彼女らの「10年間の努力の結晶」みたいな素晴らしいライブでした。

「これ、今演奏してるんって、あの EJ やんな…???」

と、正直そんなことを思いながら、私は客席でその演奏を聴いていた。
その素晴らしい演奏に触れて、「私もまた吹きたい」と、そう思った。

継続は力なり、とか、そんな耳がくすぐったくなるようなことは言いたくないんだが、やっぱ「続ける」って凄い。

お客さんもいっぱい来てくれてはって、通路や後ろのほうでは立ち見が出てました。
なんだかんだで100人ぐらい来てくれてはったんちゃうかなあ?素人バンドにしてはかなり凄い集客力やと思います。
あと、メンバーに育児中のオカンがおるならではの配慮やと思いますが、キッズスペースで子ども向きのビデオ流してたりとか
子どもらが飽きそうな中盤で子どもらの好きなアニメソングをやったり、「子ども限定じゃんけん大会」やったり、
と、そんなんもあったからか子連れで来てる人もけっこういました。家族総出やったり、母と子やったり、父と子やったり。


と、まあそうして大盛況に終わった「EARTH JACK 10周年記念ライブ」だったんですが、
実は、私は今日のライブのMCを、私の笑いの師匠である兄貴と一緒にやってくれないか?と頼まれていたんです。

私はこう見えて(どう見える?w)ばんばんアガリ症なんで、そんな、人様のライブのMCなんか引き受けられるような人間ではないんですが
「兄貴とMCがやれる」っていうのは私としてはかなり嬉しいし、しかも兄貴は自分のライブで「MC慣れ」もしてはるんで
「兄貴と一緒やったら…」と一旦は引き受けたんだが、日程がもう思いきり、前出の記事で書いた「勉強の目処試験」の数日後やって、
でもやるからにはやっぱちゃんと打ち合わせもしたいし、兄貴とネタ作りネタ合わせ(←www)もしたいし、でも勉強も真剣にしたいし、
限られた時間の中であれもこれも抱えて結局どれも中途半端の不完全燃焼になるのはいやなんですよね、と兄貴に相談したところ、
兄貴が「俺はおまえの考えに任せるよ。でも、そやな。今は勉強に集中したほうがいいかもしれんな」って言うてくれはったんで
ほんま申し訳ないねんけど…と、栄えある「EJ10周年記念ライブのMC依頼」を、私は辞退したんですよ。

でも逆に、辞退して良かったと思います。

今日のMCさんの一発目の発声、


「みなさ~ん! こんにちはー!!!」


を 聞いた時、私は もう心底 そう思った。


もう バリバリの 「正統派イベントMC」 ですやん!!!
そうか、 「こっち系(ノリ)」 か!!!

危っぶねーーー!!! 受けんで良かった!!!www 




そしてそれは兄貴も全く同じことを思ってはったようで
「あれ(MC)は俺らじゃないほうが良かったな。俺らがやったらもう確立してるあのバンドのカラーを濁してしまってたと思うわ(笑)」
と言ってはりました。 


兄貴「俺やったら、(オープニング曲のあとの一発目のMCで)『何を吹いとんねん!』から始まってたわ」
私「ほんで私が、『っていうかトランペットの兄ちゃん一曲目から汗だくなんやけど大丈夫?』」
兄貴「『何を吹き出しとんねん!』」
私「それたぶん高度ですわw(私はわかるけどww) 続いて、『軽めの客イジリ』がいいんじゃないかとw」


…っていう方向性のMCを兄貴と私は展開してたと思うので、MCのうちらがしゃべればしゃべるほど客は引いて行ってたと思います。
ともすれば、「MC(笑い)にマジギレするEJ(音楽)ファン」も現れたかもしれない、そうなったらもうライブ自体が台無しや。


音楽と笑いの融合は、かくのごとく難しい。

でもまあ多分、やったらやったで演者(メンバー)本人らは「そんなMC」に爆笑してたやろなと思いますがww



てな感じで、「EARTH JACK 10周年記念ライブ!」


たくさん勉強させていただきました。素晴らしい演奏を聴かせていただいて、ありがとうございました。
継続は力なり。耳くすぐったいけど、今日は「あえて」それを言いたい。


あと、最後にひとつだけ言いたいことは、EJのメンバーさんたち。


私を「このバンドの創始者」として語り継ぎ続けるのはもうそろそろやめてくれwww

EJは、もうすでに 「あなたたちのもの」 なんですから!
私、もうほんまにEJの活動には 「なんにも」 関与してないですから!www
 



まあまあ最近から?のメンバーのペットの兄ちゃんとライブ後に階段ですれ違った時、
「はじめまして!EJでペット吹いてます!」って直立不動で挨拶されて、逆にどうしようかと思ったぞw




スポンサーサイト
  1. 2011/09/12(月) 00:41:35|
  2. どんつき(外出)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。