どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

忘年会という名の異種格闘技

先の記事の「クリスマスプレゼントプロジェクト」も無事完遂し、
娘もチビも喜んで遊んでいます。
(その後の詳細は前記事コメント欄で)

今、関西で「 GOOD LUCK 」の再放送してるんですよ。
もう何回もやってるけど、何回やっても毎回見ますよ。ビデオも持ってるけど。

香田キャプテン(堤真一)最高だ!完璧だ!不器用さ、武骨さがまたイイ!

キムタクも「何やってもキムタク」なとこあるけど、
「この表現、ホンマにうまいなあ~」って思う芝居があるんです。

第6話。今、ちょうどオンタイムで再放送してる回なんですけど。
ストーリーは、ネタバレになるので言いませんが。
(てか、GOOD LUCK は、大概の人が一回ぐらいは見たことあると思うけど、一応)
ストーリー内容的にも、私が GOOD LUCK の中で一番好きな回です。

「香田さん流石だ!悔しいけどかなわねえ!スッゲーよ、この人!!!」
っていう、尊敬・感動・歓喜・熱意が濃縮されて、新海(キムタク)が、
こみ上げてくる熱いものを唇噛んで堪え、なおも抑えきれずに「ニッ」てなるとこ。
口元が、ホンマ一瞬だけ、かすかにチラッと動くだけなんやけど。
そのシーンは、新海のその表情で更にグッときて、ぶわーって涙出た。
新海の心情と自分が同化したというか「香田さん、やっぱスッゲー!」って泣いた。

むしろ、私が新海元、すなわち木村拓哉になったと言っても……

って、はいはい。メトロ~の時の岡本綾ちゃんの時の天丼ですよ。



さて。
クリスマスの後は大人のイベント、忘年会ですが。
今年、うちは 29-30 日と、連チャン・一部泊り込みでやります。

うちの宴会は、いつも大概「わけのわからん集合体」です。
来る人全員が持ってる共通項が一個もない。
強いて言うならば「私が(もしくはオトンが)知ってる人」。
だから、来るもん同士は全く知らんもん同士、ちゅうことが多々あります。
中にはそういうのが苦手な人もいるんで、最初に一応確認します。

「誰が来るか、わからんしな?」

いや、もうホンマこれが全てなんですよ。
「宴会すんねん」って話して「自分も行っていい?」言われたら「ええよ」言うし。
そして私も知らん人が来ることもある。
「友達の誰々さんって人も連れて行っていい?」とかね。
「彼氏・彼女、旦那・嫁はんも連れて行っていい?」とか。
「うん、ええよ。連れてきい」って。

学生の頃に実家にいた頃も、就職して一人暮らししてた頃も、
オトンと折半で実家を一部屋増築して、実家に帰ってきた頃も、
それから結婚して、京都・埼玉・東京とそれぞれの地で、
ずっとそんな感じでたびたび混合宴会してた。

ほんで旦那(元、ね)も、嫌な顔しないんですよ。
あんたもなんかボケろ!言うたら嫌がるんやけどね。軽く人見知りなんで。
でも、うちでワイワイやるぶんには、全然いいよと。
俺のご飯も用意しといてくれるならね、と。(当たり前やんかw)

てか、私が外に出るより、家でやっててくれるほうがいいと。
これが「外に出るな!家にも呼ぶな!」やったら、ホンマ最悪ですけどね。
軟禁ですよ、嫁軟禁。ノイローゼなるわ。
その辺は許容範囲広かったんやろな。
自分飲まへん人やけど、宴会とか酔っ払いに嫌悪感とか持ってなかったし。
まあ、帰ってくるのも、いつも夜中やったしね~。


話それたけど。
実家もね~、別に広くもないし、京都独特の「うなぎの寝床」。
間口が狭くて、奥に長細い、っていう。
風呂も寒いしね。昔、土間やったところに屋根つけて作った風呂場なんで。
私が子どもの頃はその屋根もなくて、脱衣所が「ほんまに外」やった。
そら、壁で囲ってあるから外からは見えへんけど、お月さんからは見られる。

前に、なんやかんやで20人ぐらいなった時は、
座るとこなくて、居間から続きの玄関で立って飲んでるやつとかいたからね。
ほんでしまいに玄関で座りこんで飲んでいた。
私も私で、「あんたら、誰か来たら言うてな~」言うてるし。

そんなとこで宴会って、そらもう知らんやつでもなんでもしゃべるわな。
広いお屋敷やったら、遠いとこに離れてたらええけど、
右か左か向かいには知らん人いたりするんやから、すぐ近くに。
そら、じ~っと黙ったままでは、余計に気まずいわな。

京都はよそ者を受け付けないとか、一見さんお断りとか、色々言われるけど。
まあ、確かにそういう部分も全くないとは言えません。
それに誇りを持って、伝統文化として守ってはる人もいます。
ただ、玄関に「逆さホウキ」してる家とか、私は未だに見たことないけどな。

*玄関に「逆さホウキ」*
玄関先にホウキが逆さに立ててあったら「家にあがるな」のサインらしい。
そのくせ、口では「どうぞ、おあがりやす~」言うて、
相手がホンマに上がったら「ずうずうしい人やわ~」になるんやって。

なんじゃそら。ややこしいわ!
「ちょっと今日あかんねん、ごめんな」言うたら早いやんか。なあ?

まあそういう合理的でないことを「粋」としてるみたいなとこあって、
でも生粋の京都人って、ホンマは情に厚いんですよ。
「この人」と思った人には、見返り求めんと尽くす。気遣いする。大事にする。
「祇園」もね、ホンマはそういう街やと思うんやけどね。
祇園のおかあはんらは厳しい人が多いけど、みんな涙もろくて熱いのよ、実は。

まあ、どうのこうの言うてますが、うちは、
オトンは山口の下関の田舎のほうの出身やし、
オカンは京都出身やけど、
オカンの父親は、京都ー東京どっちもで育ってるし、
オカンの母親は、京都府下の海辺町から枕だけ持って、
西陣で機織り娘やるために奉公にきた田舎の子やったし、
あんまり「ザ・京都」みたいなとこ、ないですね~。
玄関いっつも開いてたし、私も宴会の中で育ってますから。
「パパ」とか「お父ちゃん」とか呼んで(呼ばされて?w)、
近所のおっさんの膝の上に座らせてもらって、ご飯食べてた。
(だから今だに、そのおっさんらにはなんか頭が上がらない)


今回の宴会では、他県から二名の若者が参加します。
私のひと回り近く下の子らです。
「来い」言うたら、マジで段取りつけて「行く」言うた。
なんちゅう可愛いやつらだ!

美人局 とも知らずに。

嘘やけどwww


殻付きの生カキを食ったことないというので、
うちが何回か頼んでいる広島の業者に予約発注で、
「獲った当日発送」の産直便を予約してある。
オトンは、ノロウイルスをだいぶビビっていた。

オトン「おまえ、今の時期にカキって…」
私  「カキは今の時期やんか。(英語で)Rのつかへん月はあかんけど」
オトン「Rのつかん時期?…なんでや?」
私  「春から夏にかけてRがつかんから、こじつけやろ」
オトン「そうなんか…。いや、それよりノロウイルスが」
私  「あれは、加熱用を生で食べたり、横着するからあかんのや。
    生食用を頼んだし、さらにそれを加熱するし大丈夫やって」

普段は「そんなもんどうもあらへん」で何でも済ますおっさんやけど、
やっぱ入院とかするとね~。
病院いうとこはどこ見ても病気情報にまみれてますから、
完全に病院ナイズされて、異常に敏感になっとる。

まあ、それぐらいでいいんかもしれませんけどね。
あんまり過敏すぎても、窮屈なってくるけど。

そんな感じで忘年会。異種格闘技戦に近いものありますけど。
海を越えて、英国紳士も参加しはるかもしれんらしいです。(ツレの友人)
子連れで来るのもいるから、子どもらがまたはしゃぐんやろな~。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/27(水) 14:41:52|
  2. ツレネタ(飲み)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<謹賀新年 | ホーム | 遅れてくるサンタ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gobannome.blog80.fc2.com/tb.php/47-43c79eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子ども向け英語教材

育児や子育ての悩み解決。育児・子育ての支援情報公開
  1. 2006/12/27(水) 17:41:53 |
  2. 育児、子育ての悩み解決支援

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。