どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「思いのほか」ウケる。 「狙った通り」ウケる。

さて、先日。

美容院に行った時、オプションで、「ヘッドスパマッサージ」という頭皮クレンジング&血行促進(ツボ押し)&長めの肩もみ、をしてもらいました。
頭と肩と首がもう「懲りまくり」なので、これを溜めて「頭痛・吐き気などの全身症状」になってまう前に、なんか出来ることをしないと、と。

余談だが、
最近わりとどこの美容院でも+1000円ぐらいでクイックスパ(マッサージ)をやってくれるので、受けたことない人は一回やってもらうといいですよ。
特に、全身マッサージに行く時間と財布に余裕のない人には、「髪を切る(金かかる)ついでの+15分(時間かかる)」の、あのマッサージはオススメです。
頭の血流は首~肩の血流にも関係してるので肩懲りも若干マシになるし、パソコンワークや肩で重い物を担ぐ体力仕事をしている人は是非。
あと、頭(こめかみからおでこ周り)には眼に関係する神経が多く通っているので、そこの血行を良くすると視界のクリア度が変わります。

要は、さまざまな「ヒトの細胞・組織・免疫」には、主に「血流」と、あと、「リンパの流れ」が、かなり関係してるんですね。
これは私が自分自身で勉強したことなので、「なんかそんな話を聞いた気がするよ~」ではないです。
自分自身がそれを学んだ、その責任を持って、今、「こう」言っています。
と、それも踏まえて、私は今「中から(根本的改善)」の分野にいますが、「外から(速やかにこれだけ改善)」の分野も必要やと思っている。
「今しんどい、つらいこのこと」が、「とにかく今しんどくなく、つらくなくなったらいい。そしたらまた頑張れる!」
我慢強い日本人には、「外から(速やかにこれだけ改善)」の分野=マッサージは、もう絶対必要。
その「今だけ」の分野(マッサージ)がなくなったら、ほんまに限界まで我慢していよいよ「体そのもの」を壊してしまうと思うので。

…って、このジャンルのことを書き出すと、かなり深く長くなるので、それはまた書くとして。


話戻って、美容院。


その「ヘッドスパマッサージ」をしてくれるのは、私の髪を今切ってくれているその人ではなく、「アシスタントの兄ちゃん」だそうで、
交代の時、そのカット姉ちゃんが「彼は自称ゴッドハンドなので期待してくださいw」と言って、今からヘッドスパをする兄ちゃんを紹介してくれ、
「一回冗談で言っただけなのに、いつもああしてプレッシャーかけてくるんですよ~w」とか言いながら彼が入ってきたので、私は、
「なるほど。このやりとりが(交代の時の二人の)定番(コント)なんやな」と、思った。(←こうしたことがわかる自分がたまに嫌にもなる)

だが、その兄ちゃんの「ヘッドスパマッサージ」は、もうほんっまに上手でした。

私は女の人のマッサージでは効かないことが多く(力が足りない)、男の人の力でもうおもくそ圧力かけてもらわないと届かないんだが
たまにハズレの男の人に当たると「力加減はいいんやけどツボが微妙に外れていてさらに力が強い分だけ変にめっちゃ痛い」ことになるので
期待半分の警戒半分で臨んだんだが、彼は若いくせに(若さとか無関係)、マッサージ・指圧がめっちゃ上手だった。

兄ちゃん「…はい、終わりました。…いかがでしたか?」
私「ありがとうございますー。もうめっちゃすっきりしましたわ~」
兄ちゃん「それはよかったです」
私「ゴッドハンドっていうか、 北斗の拳 かと思いましたわ」

すると兄ちゃんはまあまあのイケメン顔をクシャクシャにしながら急に異常なほどの大爆笑をしだして、しまいには泣いてむせていた。
まあこっちも笑わすつもり(ツボと秘孔をかけてみた)で言うたんだが、そこまで思いのほかウケてもらうと逆に、言うたこっちがビックリした。

え、今のそこまでおもろかった…?

ちなみにその兄ちゃんは「北斗の拳」が昔(子どもの頃)大好きでハマっていたそうで、
私の頃はオンタイムだったが兄ちゃんは漫画や再放送で見てたらしく、「北斗の拳ごっこ、僕もやりましたw」とか言っていた。

私「あのいちいち死に方には度肝を抜かれましたよね~。子ども心にもう全ての常識を覆されたような衝撃でしたわ」
兄ちゃん「あべし!」
私「ひでぶ!」
兄ちゃん「たわば!」

私 「 ぱ、ぴ、ぷ、ぺ、ぽ ~~~~~!!!」

すると兄ちゃんだけでなく、店内の他のスタッフや他の客までもが全員一斉に大爆笑した。
これは「思いのほか」ウケたのではなく爆笑を取る気で仕掛けたネタなんで、「狙い通り」ウケてかなり嬉しかったです。


そしてその数日後。

近所のコンビニが某Aから某Fに変わるということでしばらく閉店していたんだが、それがついにリニューアルオープンしたんですよ。

私はタバコを買うためにそのコンビニ某Aをちょいちょい利用していたのでスタッフともまあまあ顔なじみで、
まして、「ここ数年の大禁煙ブームの最中、まだ性懲りもなくタバコを吸っている大馬鹿野郎」 が、もうよほど印象的なのか、
スタッフのほとんどが、私が来店すると私の吸っているタバコの銘柄をレジ台の横にそっと忍ばせて待っていてくれるぐらいでした。
だから、まあコンビニが某Aから某Fに変わってもそんなに変化はないけど、あのスタッフの兄ちゃんらはどうなるんやろ?ってのが気がかりで
リニューアルオープンした初日の晩に行ってちょっと覗いてみたら、スタッフはほぼ一緒だった。

兄ちゃん「いらっしゃいませー!…あっ。(何故か照れくさそうに)…いらっしゃいませw」
私「こんばんは。店変わってもスタッフさんは前と一緒なんですね」
兄ちゃん「そうですね、ほとんど一緒ですね」
私「なんかちょっとホッとしましたわ~。いつもの顔ぶれがね、こうして居てくれてはるから」
兄ちゃん「ありがとうございますw」
私「違うのは ジャンパーの色 だけですね」

すると兄ちゃんはオープニング初日できりっとしていなくてはいけないにも関わらず急に異常なほどの大爆笑をしだして、顔だけでなく耳まで真っ赤になった。
まあこっちも笑わすつもり(コンビニ会社変わってもそない大差ない)で言うたんだが、そこまで思いのほかウケてもらうと逆に、言うたこっちがビックリした。

え、今のそこまでおもろかった…?

ちなみに、奥の商品棚のところで手に持ったバインダーみたいなものにメモを取りながらウロウロしてる男性はその瞬間少し怪訝な顔をした。
ってか、正確にはそれをその瞬間目撃(直視)したわけではないが、視界の端のほうで「その人のそうした空気」見えた・感じたので、
彼はおそらくコンビニ某Fの本部から来てる人(=オープニング初日の店を巡回してチェックする上の人)だと思う。
兄ちゃん、あのネタに「思いのほか」ウケてくれたことで、なんか上の人に怒られたり時給が下がったりしたら逆にすまんw

って、ここで帰ったら、「ただのひやかし見物客」、「レジの兄ちゃんを爆笑させて顔から耳から真っ赤にさせただけの客」なので、
私は、「市場経済を回すのに重要ないち消費者かつ国の資金源となる税金しかもクソ高いタバコ税をあえて積極的に払う人」として、
まだあるんですけど、あえて、いつものタバコを一箱買った。

私「○番、ひとつください。…あ、もう○番じゃないんですよね」
兄ちゃん「そうですね、もう○番ではないですね。並びが変わってますからねw」
私「またいちから覚えんとあかんことがいろいろありそうですね」
兄ちゃん「ですねw」
私「(支払い終えて商品受け取って)ありがとう。頑張ってくださいね」
兄ちゃん「ありがとうございます。…あ、お客様!某Fカードはお持ちですか?入会費年会費無料ですぐにお作りできますよ!」

私 「まるで ファミリーマートの店員さんみたいなこと 言いますね!」

すると兄ちゃんだけでなく店内の他のスタッフや他の客までも、さっき怪訝な顔をしてた(多分)本部の人までも、全員一斉に大爆笑した。
これは「思いのほか」ウケたのではなく爆笑を取る気で仕掛けたネタなんで、「狙い通り」ウケてかなり嬉しかったです。



「狙ったネタがスベる」のは、もうほんまに怖いです。

でも、「そこまで狙ってないのに(思いのほか)ウケた」も、逆に自分の中では、「半分スベったような思い」があります。

私のネタにそうしてもう目の前で大爆笑してくれてはっても、なんか「自分がそれをやった達成感」がないんですよ。
それは私が「狙ってしたこと」じゃない。ただ、「自分の思いのほかに相手が勝手にウケた」、それだけのこと。
そこで、「やったー!ウケた!」とは、私はならないんですよね。逆になんか変な消化不良になる。

「笑い」は「笑い」なんで、なんかしら「(それぞれに)笑ってくれたらいい」って思いもあるんですけど、
そんな「思いのほか」の大笑いが起きた時は、私は「狙っていく」もっと大笑い(ネタ)をさらに被せたくなるんです。


そんなとこで君 今 笑ってるけど、もっとこんなんもあるぞ!



「思いのほかウケる」と「狙った通りウケる」は、全然違うねん。
どっちでも笑う「君」にはわからんかもしれんけど、「私」には、全然違うねん。



私、多分ちょっと「笑い」に関しては、頭がおかしいんやろうな、と思います。

「笑い」を共有してるツレらですらにも言われます。「あんたはほんまに笑いのキチガイや」って。
とどのつまりのどん詰まりの中でも常に「笑い」でものごとを見てるあんたは「ほんまの笑いのキチガイや」って。



それ、最高の誉め言葉。


スポンサーサイト
  1. 2011/10/02(日) 04:33:38|
  2. 思うこと(「笑い」)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。