どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大学に行ってきた。その2

さて、 この 続きです。

とある薬剤師が「白い巨塔」と言った阪大病院の建物を見上げつつ、
師がそこの薬学研究室にいた頃の話などを聞きながら歩いていくと、その先が大学の敷地になっていた。
というか正確にいうと、「病院の横の中庭みたいなところを歩いているうちに、なんか大学に入っていた」。

「えー?なんで病院と大学がこんないつのまにか繋がってんの?境目的なものなかったやん。てか大阪大学ってこんな簡単に誰でも入っていいの?国立大学なのに?門番みたいな人はいないのか?」

とか思いながら、師に

「結局、今ここは病院なんですか?大学なんですか?」と聞いたら、師が
「大学病院と、大学」と、今いる風景のそのまんまを答えたので、逆に全然わからなかった。
そうして私が全然わかってないのを察したらしい師が、再度、建物に指をさしながら
「ようは、ここ(大学)の学生にとっての先生方はあそこ(病院)にいるんだ。臨床を学ぶにもなんにしても先生がいる病院が近いと便利でしょ?いずれ自分も病院で働くんだから」と説明してくれた。

確かに。
いや、でもここの学生のみんながみんないずれ病院で働くわけではないよな?
例えば、いずれ院外薬局やドラッグストアで働く薬剤師になる学生もここにはおるわけでしょ?

とか思っていたら、師がこう言った。


「そのうちわかるから」



そうしてものの2分ほど歩き、師に呼ばれてバカでかい構内全体の案内図を見た時、もう早速「そのうちわかった」時が来た。

師「今、僕たちがいるのがここね。駅を降りてこう入ってきた。ここから続くこの真ん中のぜ~んぶ、ここまでが、医学部の建物。少し離れたこのへんで、検査技師になる学生とかが学んでいる。看護師になる学生らはここで学んでいる」
私「薬学部はどこにあるんですか?」
師「ここだ」

と、師が指さした建物は、案内図のいちばん端っこの、うっかりしてると見落としそうな僻地に存在していた。
さらに面積でいうと、医学部がだいたい手の平を広げた大きさなのに対し、薬学部は親指の第一関節までぐらいの大きさしかなかった。


私「なにこの明らかな差別www こ れ は ひ ど い wwwww」
師「だろ?w」
私「看護学生の寮より遠いところに校舎があるとかどういうことwwwww」
師「そういうことw」
私「もしかして薬学部ってなにか虐げられてるんですか?www」
師「お医者様に聞けよww」
私「そういうことですかwwwww」



ちなみに私は当日、この「大学に行ってきた」をツイッターで実況中継していました。
わりとショッキングな出来事に出くわす私に、フォロワーのとある女性薬剤師姉御がこんなことを言った。


姉御「な、病院内の力関係が如実に現れとるやろう?w (医>看>>>>>(超えられない壁)>>>>>薬)」 

た し か に wwwwwwww 




話、進んで。


師に「りちおさんはこのあとまだまだ残酷な現実を知ることになるよ」とか言われながら、我々は医学部の敷地に歩みを進めた。

大学といえば、高校生の時に先輩の夜祭に遊びに行った立命館大学と、登録販売者試験を受けに行った関西大学しか入ったことがないが
阪大の中はなんかのリゾート地?みたいで緑が多くいちいち広かった。校内なのに普通にバスや車が走れる広い道路や横断歩道もあった。
軒を連ねる「渡り廊下で病院と直結している医学部」の建物はどれも立派で一流ホテルのようで、正面玄関には総理大臣かハリウッドスターでも降りてきそうなゴツイ石の階段があった。
もしかして、私のこれからの生涯賃金を全投入したとしても、あの階段の「5~6段分」ぐらいなんじゃないだろうか・・・?

私「すっげー!!!ほんまいちいちすごいっすねwww」
師「これをよく目に焼き付けておくように。このあと薬学部に行くから。しょぼいぞー!?ww」


と、そうしてどこまで続くのかわからない医学部の敷地を歩いていたのだが、
その日は天気が良くて異常に暑かったので、私はちょっとどこか涼しいところで休憩したくなった。
よってそのことを師に伝えると、ちょうど、師が「見せたい文献がある」と言っていた図書館に着いたので、そのまま図書館で勉強することにした。

その図書館も医学部おかかえのものなんだが、正しくは「大阪大学付属図書館・生命科学図書館」というらしく、
その日の夜に師の紹介でお会いした医師の話によると「医学関連の書物であの図書館にない文献はないんじゃないか?」というぐらいなんかすごい図書館らしい。

そんな「なんかすごい図書館」は、外観のイバリ感もさることながら、
中に入るとホテルのロビーみたいになっていて、入り口にディズニーランドみたいなゲートがあった。
どうやら磁器カードみたいなものを通すとゲートが開いてひとりずつ入れる仕組みになっているらしいが、私は当然そんなもの持っていない。

「なんやここ?よそ者は受け付ません感タップリやな、図書館のくせに。やる気だした高卒にも大学の本見て勉強させろや」

とか思っていたら、
師が受付でよそ者の私を受け入れてくれるよう手続きを始めてくれていたんだが、その師と、いかにも役所の人っぽい受付の女性のやりとりがおもしろかった。


師「こんにちは!」
受付「こ、こんにちは…?」
師「今日は彼女に見せたい文献があって連れて来ましたが、彼女は登録カードを持っていません。僕は持っていますよ?これね、ほら。どうぞご確認ください。でも彼女は登録カードを持っていません。ですが、彼女は怪しい人ではありません。京都から来ました」
受付「は、はい…?」
私「先生、なんかよけい怪しいからw」
師「なんでだよ。りちおさんの身分証明をしてあげているのに」
受付「で、では、登録されますか?今日はなにか身分証明書をお持ちですか?」
師「いや、登録はいいだろ。僕が登録してるから」
私「勝手に決めるwwまあ、はい、私は登録はいいです。今日その文献が見れたらいいので」
受付「よ、よろしいですか?今日は文献のコピーのご予定はありますか?」
師「ないだろ。ないです」
私「また勝手に決めるwwまあ、はい、ないです」
受付「では、こちらの用紙に記入していただけますか?仮のカードをお貸ししますので、ゲートをくぐられましたらすぐこちらの受付までご返却ください」
私「わかりました」
師「よかったよかった!」
私「・・・。」
受付「ww」


余談だが、
その「記入してくれ」といわれた用紙には、住所氏名等等のいわゆるよくある身分証明とは別に、かなり細かい職業証明欄があった。
チェック式になっているそれをよく見ると、教員・学部生・院生・看護学生・医師・技師・看護師・薬剤師、などの医療関係者の職業がずらりと並んでいたが
そこに「登録販売者」のチェックボックスはなかった。

私「(小声)ちょ!先生、登録販売者がないです!w」
師「(噴出す)www」
私「(小声)私も自分の首かけて薬売ってる医療関係者やのに寄せてもらってないとかどういうことww」
師「(小声)www 適当に丸しとけよ。会社員とかでいいんじゃない?w」
私「(小声)まあ確かに会社員ですけどなんっかこれ腑に落ちひんわーww」
師「(小声)www これからだよこれからw」



話、進んで。


そもそも私が「調べてほしい」とお願いしていた物質についての文献を見せる前に、師はまったく関係ない文献を私に「見ろ」と言って見せた。
師の解説によるとそれは、なんか血液とか遺伝子とかの研究をしたことを発表しているとある外人の文献だった。

師「中身あまり見なくていいから。ここ見てみ?発表者の連名。研究なんて実際こんな何人もでやらないんだよ。効率悪いだろ?だからね、トップに名前出てるのが実際に研究した人。あとはまあほとんど研究室の上司の名前だ。そして最後に君臨してるのが教授。研究室のボスな」
私「はあ」
師「だからつまり、今りちおさんが医療について画期的な研究をして論文を発表したとしても、それがどんなにすばらしい研究であっても、その論文は却下される。りちおさんはどこの研究室にも属していないし、後ろ盾が何もないから」
私「それがほんまになにか患者を救える研究であってもですか?」
師「あっても、だ。過去に、皮膚科の医師が抗がん剤治療について気づいて研究したことを発表しようとした時も、がん専門の組織的政治的圧力で発表に至らなかったことがある。あと、ビタミンB1をむかし日本で発見した人がいる。その人は鶏を飼育していて、鶏の脚気に気づいたことから餌のやり方をいろいろ試してビタミンB1の存在に気づいてそれを発表しようとしたんだけど、それは却下された。その人が英語の論文が書けなかったことと、その人が医者じゃなく農民であったことでね。あなたは医学の学問をしてきてそれを言ってるんですか?医学を勉強したことがあるの?っていう医者の圧力でな」
私「同じ医者同士での派閥とかもあるんですか…。」
師「あるある。…ビックリしたか?」
私「わりと」
師「それが現実だ」
私「医療に携わる人はほんまにみんな医療従事者なんですよね?患者のことを一番に考えてはるんですよね?」
師「なんとも言えないな。ただ、医療には政治が絡んでいる」


私「もし私が何か研究を発表するとき、うちの店長の連名ではだめですかね?たぶん頼んだら名前貸してくれはると思うんですけど」

師「店長wwwwww」

私「うちの店長をバカにすんなよ!!!私のボスやぞ!!!www」
 
 




師が、「りちおさんに見せたいものがあるから今回は(喫茶店勉強会でなく)阪大で勉強をしよう」と言った意味がなんとなくわかってきた気がした。
私には、まだまだ知らないことがいっぱいあると思った。
知らないことっていうか、「なんとなくあるのは感じていたけどあえて知ろうとしなかった世界」、っていうか。


と、そうして。


私のお待ちかねの文献(とある物質について今どこまで研究が進んでいるのか)を見せてもらう前に、師がふとこんな独り言を言った。



師「あ、そっか。りちおさん、英語の文献読めないんだよな。日本語の文献でないとな。じゃあ次は4階だ」 

それ 間違ってないけど なんか 腹立つwwwww


続く
スポンサーサイト
  1. 2012/08/21(火) 02:08:30|
  2. どんつき(外出)

プロフィール

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。