どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

笑いについて

男が女の笑いに合わせることは出来るけど、女が男の笑いに合わせることは出来ない。

おもろい男が10割いたとして、おもろい女はその1割ぐらいしかいない。


これ、よう言われてますね。


これを聞いて「男尊女卑や」とか「女性軽視や」とか即座に思う人、多分、笑いに向いてない。
それは「笑い」と別のことで、なんか「男に対する鬱憤」があると思う。

まあまあ、落ち着いて。今日は「笑い」の話です。



実際、女で「この人、ホンマおもろいわ~」って人に出会うことは、なかなか無いんちゃうかな。
女の私でも、そう思うもん(自分自身への反省も含めて)


そら、日常会話で「ちょっとおもろい、笑ろた」とかはあるけど
「こいつは笑いの天才・策士や」と思う女って、なかなかいない。
女はどっかで「完全なるアホ」になりきれないところがあるんかもしれん。


デブとかブサイクとか天然ボケとか、そういう「笑われ方」じゃなくて
発想とか、計算された「笑わせ方」だけで勝負してて
「こいつはマジでおもろい」って女、います?
女のかますネタで、笑いすぎて死にそうになったこと、ある?
多分、あんま無いと思う。


しかも、女はすぐ「引く」しね。

こんなネタで笑わせたら(あるいは笑ったら)女として「はしたない」とか。

もう、そんな女は「笑いの戦場」に行ってはダメですね。
なぜなら、笑いのレベルがどんどん低下するからです。
逆に無視して突っ走ってええと思うけど、それもなかなか出来ない。


女は「笑い」では男に勝てない。悔しいけど。
それも認めて、なおかつ、そこに挑戦していく人が
男を笑い死ぬほど笑わせる「おもろい女」であるのかもしれない。

「あの女はお笑いキ○ガイや」って言われることは
笑いをやってる女にとって最高の誉め言葉やと思います。


…何言うてるかわかりませんか?

わからんかったら、それはもう「酒気帯びブログ本領発揮」やw



5年程前、コントばっかり書いてた時期があった。

女が「表」で「笑い」をやるには限界があると思ったから
それなら「裏」で「笑い」をやろうと思った。

また書こうと思います。書きたいです。「笑い」を。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/26(木) 01:54:56|
  2. 思うこと(「笑い」)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<内視鏡検査 | ホーム | なんか落ちましたよ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gobannome.blog80.fc2.com/tb.php/6-f7cecb32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。