どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お笑い洗隊T&R 中編

昨日の昼、ポストに入っていた一通のプリントを見て私は愕然とした。
それは娘の学校の先生の離任式・着任式のご案内だったのだが、
なんと、離任される先生の中に思いきり校長先生の名前が載っていた。

おい。

つーか、 ちょ、待てよ!!! (キムタク風)


えええーーーっ!(校長)先生汚なーっ!聞いてないぞ、私は聞いてない。
ちゅうか、「元担任からのお願い」だか何だか言うて、
京都帰ってきたばっかの私をPTA本部に引きずりこんだん、
(現校長・元私の担任)先生やんかあっ!
本部の人、だ~れも知らんけど、てか、年間行事の流れも何も知らんけど
(娘は去年の秋から転入したからね。まだ一年も通ってないのだ)

先生(現校長・現場叩き上げ組のバリバリ女性教諭・遥か昔に私の5~6年の時の担任)
が、居てはるんやったら、と思って受けたのに。

もお~~~頼むわあ~って思ってたら、会長さんから離任式に出てくれと通達がきた。
なんか、離任される先生に本部役員から花束を渡すとかで、
今回、離任される先生が多いので、花束渡す側の人数が足りないらしい。
上の娘は当然登校するのでいいんやけど、問題は朝早よからチビ預けるとこがない。
奉仕活動で自腹切って一時保育に預けてまで…って、ちょっと違うと思うし、
「どうしてもどうしても人が足りないようでしたら何とか当ってみますけど…」
と、一旦断って、
でも前日の夜になって「やっぱり人足りない」言われても、どうにも無理なんで、
なるべく早く連絡してほしいです、と告げた。
で、結局「なんとかなりそうです」って返答が返ってきたのですが、
個人的にはホンマは、出席して、先生に物申したかった。
「先生、私をはめましたね?」と。爆

てか、子どもの頃お世話になった担任の先生と、
先生・生徒でなくて、先生と保護者として、色んな話をしてみたかった。
尊敬する先生でしたから、そのことが残念でなりません。
先生に聞いてみたい。
「私が帰ってくるって、もっと早くにわかってたら、あと一年ぐらいおってくれた?」と。
「いや、なおさら去ったな」言われたりしてw
情に厚く、笑いにも厳しい先生でしたからね。ほんま、おもろかった。



さて、お笑い洗隊のつづきです。
なんか変な主題歌までできてるみたいですけど…。


Tちゃんと私はまず、親方に、清掃作業にかかる優先順位を確認した。
職人さんらの取り付けの順番とかあるでしょうから、
「あ~、先にこれを上げてほしかったのに、そっちからやってしもたか~」
みたいなことが起きると非常に効率が悪いんで。
親方は「ほなまず、これ(蛍光灯付ける本体)からいってもらおか」と言い、
水濡れ厳禁なそれに誤ってバケツの水ひっくり返したりすることのないよう
細心の注意を払いながら、クリームクレンザーをつけた雑巾で拭き掃除に着手した。

落ちねえぞ、これ。

早くも1本目からくじけそうになった。
油汚れだかヤニだかわからんが、何か黄色い色が全然取れねえ。

私 「なんか…。もう変色が沈着してるよな…」
Tちゃん「うん…。でもな、真っ白になるやつもあんねん、ほら」

Tちゃんが見せてくれたそれは、ホンマに真っ白に汚れが落ちていた。

この違いは、なんでや?この食堂で何が起こっていたのか。
頭の中に食堂の雰囲気を思い浮かべる。
さっきちらっと扉の貼り紙みたら「禁煙」って書いてあったけど、
あの紙の白地の新しさから言って、「食堂内の全面禁煙」は、
昨今の世の中禁煙ブームに乗っ取り、わりと最近そうなったと推理される。
てことはそれまでの長い年月で、多分、
食堂の一角、或いはそこかしこで煙草の煙が上がっていて、
煙は風の流れで動き、換気扇的なものの付近に集まり、
つまり、その上辺りに設置されていた本体はヤニが最もつきやすく、
換気扇的なもののトイ面に設置されていたものは、わりとマシ?
いや、つーか、なんか壊れたとかで取り替えられて新しいやつなんかもしれん。

そんなことを頭の中で考えながら黙々と作業していたら、
なんかだんだん変にハイになってきた。
Tちゃんと私の中では、なんか、
「悪さする生徒を更正させている先生」っていう設定が出来てきて、
おとなしく汚れが落ちたやつは、まあなんか話せばわかってくれる生徒で、
クリームクレンザー原液をぶっかけてだいぶ磨かなあかんやつは、
もう完全に心を閉ざしてしまっている手のかかる生徒、みたいな。

「こいつは手強い」とかお互いに指導報告をしながら作業していると、
Tちゃんがまだ取り掛かってない集団のほうを指差し、
「ちょ、なんか凄い人いるんやけど」と言った。
見たら、元々の色(アイボリー?)+汚れを通り越して、
なんかもう「同型・色違い(ダークブラウン系)か?」と思うぐらい、
凄まじい勢い(の油汚れ)で、強烈にグレまくっている生徒が約4名いた。
多分、ワルのたまり場(厨房のコンロの真下)におったやつらに違いない。

私 「ちょ、何あいつら…どないしよったんや?」
Tちゃん「…なんかもう、親呼んで来い!って感じやんな」
私 「あいつらは後回しにしような」
Tちゃん「うん、そうしよう。最後の最後にしよう」

そんなふざけた会話をしながら作業を続けていたのだが、
なんかごっつ寒くなってきて、唇が軽く震えてきた。
そもそも場所が京都の北のほうなんで、
しかもその日は「明日はちょっと冷えます」と予報されていたので、
街中でも寒いのに、山ぎわにあるそこではみぞれとか降ってきた。

吹きっさらしの中で、いつもの冬物の上着を着てこなかったことを痛烈に後悔した。
つーか、厚着して作業やりづらいのもうっとしいし、
暑くなった時に脱いでその辺置いたりしたら工事の邪魔になると思って
わざわざ薄めの格好で着たことが思いきり見当違いで裏目に出た。

午前の休憩の時に親方が全員に缶コーヒーをご馳走してくれて、
いつもは真冬でもアイスしか飲まない私ですらホットをお願いした。
工事中の食堂の脇でみんなでそれを飲んで、
なんか、職人さんと交流でもしようかと思ったけど
寒さで舌が回らないのでうまくしゃべれないっぽいことを自覚していたので
コーヒーの温もりに心身を委ねながら黙っていた。

休憩の後、また外の作業場に出たら、休憩前より一段と風が強くなっていた。
もう、今ユニクロが訪問販売でフリース売りに来たら定価の割増でも買う、と思った。
午前中、私は一回もトイレに行かなかった。
多分、脳が生命の危機を察知し、
「これ以上体温が下がると大変危険である、よって放尿をも禁ずる」
と指令を送っていたのだろうと思う。

汚れは力入れて拭いたら一応綺麗にはなるけど、
長年に渡る変色はもうどうにもならず、溝の汚れは雑巾では取れず、
朝の現場入りの時の決意と自信は崩れ落ちつつあり、
密かにショボーンって思ってたら、お昼休憩になった。


って、まだお昼か…。
長くなったのでまたつづく。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/27(火) 21:38:24|
  2. 仕事ネタ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<オトンと出戻り娘@同居 | ホーム | 休みすぎやろ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gobannome.blog80.fc2.com/tb.php/78-ccab23c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒライケンジは元ジョンレノソ 動画あり

ネタは、曲を歌いながらフリップをめくっていくだけのシンプルなものですけど作りこまれてて結構面白いです^^フリップだけで、客いじりしてます^^
  1. 2007/03/28(水) 01:34:51 |
  2. 誰でも簡単 無料でお小遣い稼ぎ♪

りん

りん特集のおしらせです。
  1. 2007/03/28(水) 07:25:17 |
  2. りん

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。