どんつきを右に曲がって左のかどっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オトンと出戻り娘@同居

私はだいぶ親不孝な娘やと思います。
若い頃にヤンチャした云々の話や無しに。
てか、それもやけど、
親っていう生き物は、子どもが未熟な頃のヤンチャとか、
成人してからもどっちつかずでどうのこうの、っていうのは、
子どもが結婚した時点で一旦リセットされるらしい。

「そんな時代もあったね」と。


それを踏まえて、なお、私はだいぶ第二段階で親不孝な娘やと思います。


学生の頃は、「おもろかったらええねん」でやりたいことやってきて、
働くこと好きやしバイト満開してたから、お金のことでは迷惑かけへんかったけど
逆に「高校生の女の子が何時までバイトしてんねん!」って心配もかけたし、
就職が決まって、卒業した直後には、
「家が狭いから、私がいたら、思春期の弟二人に自室与えてやれんから」
って、自己判断の自己完結の自己決定で、
高校の時のバイト代の貯金で敷金礼金払って、卒業と同時に勝手に家を出て。

一人暮らしのマンションがわりと近かったんで、
朝、出勤前には必ず顔見せるっていう最初の約束もいつしか破って、
仕事にのめり込んで、色んな恋をして、遊び歩いたりもして、
休日の夕方にたまにちらっと実家行って「生きてまっせ」言うて、
なんかオカンに、一人暮らしでは食べきれんぐらい野菜貰って帰ったり。


そうして、四年間の一人暮らしで色々あって、
やっと実家に帰るも(オトンと改築費用折半で二階を増築した)
一年ちょっとで、ある日いきなり「彼氏と同棲します」言うて、また家出て、
「結婚します」言うて、婚姻届にサインしてもらって子ども産んで、
初孫の顔を見せて、オトンオカンを喜ばせるも束の間、
オカン持病悪化して、嘘みたいにドラマみたいに突然亡くなってしもて。
オカンおらんなったオトンの唯一の救いはたまに会う孫(私の娘)やったにも関わらず、
オカンおらんなって一年半で、私は、
「ごめん。うちら、旦那の転勤で関東行く」言うて、
娘の幼稚園の異動手続きもちゃっちゃと済ませて、一ヶ月後には京都離れて。

それから四年間、関東で、
手術したり切迫早産でギリギリで二人目のチビを産んだりでさんざん心配かけて、
挙句の果てに「離婚するわ」言うて、また実家帰ってきて。
しかも二人の子どもと、特定疾患(私のな)持参で。
さらに私、今、「生活力つけていつかここを出ていく」宣言してるし。


そんなアホで自分勝手な娘やのに、オトンは、
自分の煙草買うついでに、私の煙草も買ってきてくれたりするわけです。
「今夜は風が冷たいから、外出たら、おまえ風邪引くから」とか言うて。

もう、三十路とうに越えた、子ども二人いてる「娘」やのに。


いずれは、オトンは、
うちの弟(長男)夫婦と一緒に暮らすことが大よそ決まっています。
弟と嫁さんは、そのつもりで生活設計してる。

でも、オトンは、うちに来る人来る人に
「やっぱり、娘が帰ってきてくれて良かった。血の繋がった俺の娘や」とか言う。

人前では、
「おまえの好きなようにやれ。いつでも出て行け~どうぞご自由に」とか言うくせに、
二人で飲んでると、
「俺はおまえと暮らすのが一番ラクやわ。おまえキツイから、喧嘩になると激しいけどな」
とか言う。

その言葉を聞くと、私はなんか、躊躇ってしまう。


これって、「異性の親子」やから、なんかな。

例えば、オカンやったら、二人で飲んでても変わらず「好きなようにやれ」って言うたと思う。

そして私も晩年一人でいても、娘らには「好きなようにやれ」って言うと思う。


こないだ、飲み会の時、そんな話をしてたら、ツレが
「親が心配で出れへんっていうのは、親(オトン)じゃなくて子ども(私)が弱いからや」
と言っていた。

確かにそうなんかもしれん。

私がおらんなったらおらんなったで、オトン、何とかしよると思うし、
まして私は一人娘ではないですから。
「お姉は子ども二人を育てていくことに邁進したらええ。親父は俺が見る」
言うてくれる力強い弟が、弟らがいるんですから、
何も一人で背負うことはないんやけど。


めちゃくちゃ贅沢な悩みなんわかってますけど、いつかまたこの家を出たい。
鬼畜娘って言われてもかまへんから、自分で、自分らの幸せを掴みたい。

それも踏まえて、今、ここにいる間は、
なんか宴会とかやって、オトンのテンション上げてやりたい。
自分の友達を呼んで宴会するような馬力、もうオトンには無いですから。
てか。
オトンの友達・同世代の人らはみんな、
子どもがそれぞれ結婚して独立して、やっと夫婦水入らずで旅行とかしてはるから、
その相方がおらんオトンを、なんかアゲアゲにしてやりたいなと。

女は強いからね、いくつになっても女友達と飯とか旅行とか行くけど、
男が一人残るって、よほど何かで強くならんと厳しいんやな、って思う。



スポンサーサイト
  1. 2007/03/28(水) 01:43:43|
  2. オトンネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<始動だ。 | ホーム | お笑い洗隊T&R 中編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gobannome.blog80.fc2.com/tb.php/79-daa06f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りっさん

Author:りっさん

京都に生まれ京都で育ち、          放浪の末、京都に舞い戻った女

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

月別アーカイブ

よりかね(双子) です。

クリックしたらなんかしゃべるよ。

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。